FC2ブログ

プロフィール

hiromaru70511

Author:hiromaru70511
川島会計事務所 名古屋市千種区で会計事務所を営んでいます税理士の川島弘久です。
当事務所は、会計業務・申告業務はもちろん、経営全般・経営計画を重視する事務所です。経営者とともに売上・事業を伸ばしていくことが最大の目標です。

ブログタイトルの「男川島」は尊敬する先輩が、私が何かをするたびに「さすが!男川島」と呼んでいたことから拝借しました。

川島会計事務所HP http://www.kawashima-ao.com/


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


DATE: CATEGORY:金融・経済
若い頃から亡き父にしつこいほど言われたセリフがこれ。
「絶対に借金の保証人になるなよ!おじいちゃんは友達の保証人になって全財産を失ったんだ。それで泣く泣く静岡から名古屋に逃げてきたんだから。」
戦争前の話です

***BLOGOS12/11より抜粋***

友人から借金の保証人を頼まれ、義理で引き受けてしまったばかりに身の破滅を招いたという話は昔からよく聞く。その友人が借金を返せなくなると、債務が自分に降りかかってきてしまうのだ。

いくら信頼している人でも、「まさか」ということが起こりうるので簡単に個人保証を引き受けてはいけない。日弁連の調べによると、2011年に自己破産した人の約2割が、他人の借金などの債務の保証人になったことが原因だそうだ。

もちろん借りたものは返すべきなのが社会のルールだが、かといって借り手や保証人の責任が重すぎるのも問題だ。それが原因で自殺に追い込まれる人も少なくなかったことを考えれば、制度上の不備が放置されていたといえるかもしれない。

経営者以外は個人で保証人になれなくなる
そんな保証人に関するルールが、120年ぶりに予定されている民法の大改正で、大幅に見直されることが見込まれている。最大のポイントは、保証人として負わなければならない範囲が制限されることだ。

それほど収入がないのに大きな借金の保証人になってしまった場合には、裁判所がいろいろな事情を考慮して、保証人の責任を支払いが可能な程度に軽くできるようにする。

もう一つは、経営者以外の個人が保証人になれなくすることだ。保証人になったことが原因による破産は、本人だけでなく家族や親戚の生活にも多く影響する。これにより、普通のサラリーマン家庭に突如悲劇が降りかかるケースは減るだろう。

とはいえ、中小企業やベンチャーの経営者が保証人になれることに問題はないのだろうか。確かに経営者が保証人になることを禁じてしまえば、中小企業やベンチャーが会社の借金を個人保証することで金融機関からの融資を引き出すことができなくなる。

しかし、保証人になったことで身の破滅を招くという危険は、個人でも経営者でも同じだ。破たんした会社の社長が、自らの生命保険で借金を返済すべく首をつるシーンは、ドラマだけの話ではない。中小企業の9割弱が融資に個人保証をつけている現状もある。

会社は潰れても自宅などは残るようになるかも
これについては安倍首相も、5月に成長戦略に関するスピーチを行った際に、ベンチャー精神を阻んでいる原因の一つに「個人保証」があるとし、中小企業や小規模事業者のための新たな金融の枠組みを作りたいと述べた。
(中略)
そんな中、全国銀行協会などが主催する研究会が12月5日、経営者が融資の保証人になる制度を見直し、業績が悪化した場合でも経営者の手元に当面の生活費や自宅などの財産を残すことを認める指針を発表している。契約済みの個人保証も含め、14年2月から適用するという。

***抜粋終了***

個人保証の問題は過去にも数々の悲劇を生んでいますよね。
会社の経営が厳しくなって、会社を清算しようとすると一番頭を悩ますのが個人保証の問題。
会社の清算と同時に社長自らの個人財産も清算しなければ会社を閉鎖することができないのが日本の中小企業の実態。だから経営者は苦しみながらも会社に区切りをつけることができず、傷口を大きくするのが一般的。失敗したものが再起するのが難しいのが日本のシステムと言えるでしょう。
それに対して欧米では担保として提供した土地建物を差し出せばそれ以上は追求されないノンリコースローンが一般的。土地建物を金融機関に差し出してしまえば、たとえ担保割れをしていてもそれ以上のリスクを経営者が負うことはありません。これも善し悪しあるようですが、日本よりは再チャレンジする気骨ある経営者を称える土壌があることが羨ましくもありますね。
関連記事
コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 2020 男! 川島ゆるゆるブログ all rights reserved.Powered by FC2ブログ