FC2ブログ

プロフィール

hiromaru70511

Author:hiromaru70511
川島会計事務所 名古屋市千種区で会計事務所を営んでいます税理士の川島弘久です。
当事務所は、会計業務・申告業務はもちろん、経営全般・経営計画を重視する事務所です。経営者とともに売上・事業を伸ばしていくことが最大の目標です。

ブログタイトルの「男川島」は尊敬する先輩が、私が何かをするたびに「さすが!男川島」と呼んでいたことから拝借しました。

川島会計事務所HP http://www.kawashima-ao.com/


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


DATE: CATEGORY:税金
どうしてこんな中途半端なことするのかな~。
大企業の交際費を半分だけ認めるなんて、いかにも財務省の役員が考えそうなことです。

***ヤフーニュース12/8より抜粋***

政府・与党は、大企業が取引先の接待などに使う交際費の一部を税務上の損金(経費)として認め、非課税とする制度の概要を固めた。

 経費扱いできる交際費を支出額の50%まで認め、上限額は設けない。交際費の経費算入を一部認められている中小企業が大企業と同じ制度を選べるようにすることも検討する。企業が交際費を使いやすくし、来年4月の消費税増税による景気の落ち込みを防ぐ。〉

 新制度は、交際費の経費扱いが認められていない資本金1億円超の大企業が対象となる。交際費を年間1億円使えば、5000万円まで経費と認められる。

 その分、法人税の課税対象額が少なくなり、企業にとっては減税になる。経費処理できる交際費は、原則として飲食接待費に限る方向で検討する。来年4月から2~3年間の時限措置として実施する方針だ。

***抜粋終了***

消費税増税による景気の落ち込みを防ぐつもりなら、全額損金にしなきゃ意味ないですよ。
景気は「気」が一番大事。全面的に経費算入が認められれば、それこそ大きな「気」が生まれ、ものすごい経済効果が生じると思うのだけれど・・・
まあ認めないよりはマシかな・・・
この中途半端さは、政治家が財務官僚の主張と経済界からの声を取り入れただけの八方美人的発想。
あとは銀座のママたちにいい顔が出来るかも。これこそ小泉元総理の言う「三方一両損」。

政治家「ママ、大企業の経費が半分認められるようにしてやったゾ」
銀座のママ「きゃー〇〇先生、素敵ー!これでたくさんのお客さんが来てくれるワー」
関連記事
コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 2020 男! 川島ゆるゆるブログ all rights reserved.Powered by FC2ブログ