プロフィール

hiromaru70511

Author:hiromaru70511
川島会計事務所 名古屋市千種区で会計事務所を営んでいます税理士の川島弘久です。
当事務所は、会計業務・申告業務はもちろん、経営全般・経営計画を重視する事務所です。経営者とともに売上・事業を伸ばしていくことが最大の目標です。

ブログタイトルの「男川島」は尊敬する先輩が、私が何かをするたびに「さすが!男川島」と呼んでいたことから拝借しました。

川島会計事務所HP http://www.kawashima-ao.com/


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


DATE: CATEGORY:金融・経済
ガソリンスタンドが激減しているのをご存知でしょうか。
ここ2~3年車で街を走っていると、気付く風景があります。そうです。この前までガソリンスタンドだった場所に、コンビニが出来てたり、駐車場に変わっていたり、廃業のお知らせ看板がかかっていたり、ガソリンスタンドが急激に減少しているのです。
減少の具体的理由を知らないまま過ぎてきましたが、クリッカーという車関連のサイトからその理由を知ることが出来ました。

***クリッカーHPより転載***
つい最近まで元気に営業していたガソリンスタンドが、突然廃業や閉店。そんなマサカ!? な事態が次々と現実になりつつある昨今。エコカーの普及やクルマ離れ、不景気の影響など、どれだけ深刻なのかと思ってしまいますが、街のガソリンスタンドがどんどん廃業に追い込まれる背景には、一般のドライバーには知られていない意外な理由があるってご存じでしたか?

その理由とは2011年2月に施行された消防法改正にあります。いったいどういうことでしょう?この法改正の要点をまとめてみると次のようになります。

・40年以上前に埋められた燃料用地下タンクの改修を義務づけ
・猶予期間は施行後2年間、2013年2月まで
・改修を行わないガソリンスタンドには法的処置がありうる

ただでさえ不景気で経営が苦しいうえに、複数のSSが並ぶエリアではきびしい安値合戦を強いられるガソリンスタンドにとってこの法改正は大きな痛手です。地下に埋められた大型タンクの改修には1基あたり最低でも100万円以上のコストがかかり、ガソリン以外に灯油や軽油など複数のタンクがあるため総額で1000万円を超えるケースもあるといいます。また老朽化したタンクは改修ではなく交換という方法もあり撤去費用の3分の2まで補助が受けられますが、たとえ新しいタンクを入れても将来的に黒字経営が見込めなければ、やはり廃業するしかありません。

全国のガソリンスタンドはマイカー時代の到来と高度経済成長期に合わせて続々と建設されたため、かなりの数のタンクが40年以上を経過しています。そして実際、タンクの腐食による漏洩事故は毎年わずかではありますが発生しています。老朽化を放置すれば土壌汚染を引き起こし、さらに深刻な事態になるでしょう。

猶予期間が終了する来年2月に向けて、これからますますガソリンスタンドの廃業が増える恐れがあります。深刻な影響を受けるのは都市部より過疎地です。スタンドがなくなれば灯油だって買えません。わざわざ給油のために何kmもの移動を強いられるなら、エコカーなんて何の意味もなくなります。ガソリンスタンドは地域を支える基幹インフラであることを思えば、国による早急な対策が必要ではないでしょうか。
***転載終了***

半年ほど前に顧問先のガソリンスタンドから「古くなったタンクを改修するつもりだけれど、経理的にどう処理しよう?」との相談を受けていました。その時に上記消防法改正の件は話題になったのですが、それがガソリンスタンドの減少に繋がっていることを想像できませんでした。ある事象には必ず原因があるはずなのに、そこに考えが及ばないとはまだまだ修行が足りないようです。

さて最近では右を向いても左を見てもハイブリット車だらけ。先日もコインパーキングに駐車した際、駐車車両10台のうち6台がプリウスという信じられない光景を見たばかり。確かに燃費だけの経済合理性を考えれば、そのような選択になるのも致し方ないでしょう。当然ガソリンの消費量は減る一方。さらに上記消防法改正となればガソリンスタンドが減少するのも納得です。

想像できる未来は、ガソリンスタンドの減少に起因して徐々にガソリン車からハイブリッド車(軽自動車)へ、そして電気自動車へと繋がっていくことでしょう。
過疎地においては特に、ガソリンを入れるためだけに何キロも離れたガソリンスタンドへ行かなければいけない煩わしさがあり、スタンドが廃業したらさらに遠くへ・・・負の連鎖が始まります。
それであればいっそのことガソリンを必要としない電気自動車へと消費者ニーズが向かうことは容易に想像できます。電気自動車は走行距離が短いとか、急速充電スタンドのインフラ整備が不足していることから普及はまだ先と見られていますが、しかし日常的な走行距離においては家で充電が可能なことやインフラ整備にしてもガソリンスタンドより急速充電スタンドの方が投資額が安く済むことやコンビニでの急速充電設備の取り付け促進等を考えれば、そして何よりもガソリンの安定供給が出来ない以上(電気の安定供給も出来ないじゃないか、という突っ込みはなしで(^_-))、電気自動車の普及は予想以上に早まるのではないでしょうか。

その時に生き残る自動車メーカーは・・・



関連記事
スポンサーサイト
コメント

ガソリンスタンド激減の本当の理由

川島さま

はじめまして、「ガソリンスタンド減少理由」というキーワード検索で訪問させて頂きました。

夫婦でガソリンスタンドを営んでいます。
ガソリンスタンドの減少の一番の原因は「卸格差(仕入れ値の格差)」です。
(仕入れの段階で常に10円、最大で18円にもなった業転玉との格差や、系列内格差)
2013年2月、全石連会長がエネ庁長官に「現卸格差は中小SS生存不能」と訴えました。

元売から運営費を出して貰っている(CA方式)店や、元売と資本提携関係にあり、マージン保証や事後調整(値引き)等がある特約店の直営店と同一商圏で競合している地場零細店のことを知って頂きたく思います。
masumiノート「初めてご訪問くださった方へ」をご一読いただければ幸いです。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


まとめtyaiました【ガソリンスタンド激減の理由】


ガソリンスタンドが激減しているのをご存知でしょうか。ここ2~3年車で街を走っていると、気付く風景があります。そうです。この前までガソリンスタンドだった場所に、コンビニが出



copyright © 2017 男! 川島ゆるゆるブログ all rights reserved.Powered by FC2ブログ