FC2ブログ

プロフィール

hiromaru70511

Author:hiromaru70511
川島会計事務所 名古屋市千種区で会計事務所を営んでいます税理士の川島弘久です。
当事務所は、会計業務・申告業務はもちろん、経営全般・経営計画を重視する事務所です。経営者とともに売上・事業を伸ばしていくことが最大の目標です。

ブログタイトルの「男川島」は尊敬する先輩が、私が何かをするたびに「さすが!男川島」と呼んでいたことから拝借しました。

川島会計事務所HP http://www.kawashima-ao.com/


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


DATE: CATEGORY:金融・経済
名古屋銀行が企業の将来性を評価する「目利き力」を重視する方針を打ち出したとか。

***日経6/18より抜粋***

名古屋銀行は、企業への融資の際、将来性を評価する「目利き力」向上へ体制整備に乗り出した。成長性の高い法人の新規顧客を開拓する専門チームを設けたほか、企業の経営環境を分析する評価技術を導入し、事業内容を精査しやすくした。技術力の高い中小製造業との取引機会の増加につなげることで、競争が激化する愛知県などでの地盤強化を狙う。
(後略)

***抜粋終了***

銀行の本来の姿に戻る取り組みといっていいでしょう。
最近の銀行融資は、決算書を評価ソフトに打ち込んでアウトプットされる「定量評価」でほとんど決まってしまいます。
いわゆる企業の格付けですよね。決算書という成績表によって自動評価されるのです。
これであれば、銀行員個々人の融資審査能力は関係ありません。
数字が全てです。経営者の想いや能力、そして将来性は評価されません。
それに対して、現状の数字は芳しくないが、将来性が有望視される分野、業態、経営者について評価する今回の取り組みは、本来銀行が果たすべき融資姿勢です。
「銀行は雨の日に傘を取り上げ、晴れの日に傘を貸す」と揶揄されますが、雨降りの時に傘を差し出す勇気ある銀行が増えることを期待したいですね。

関連記事
コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 2020 男! 川島ゆるゆるブログ all rights reserved.Powered by FC2ブログ