FC2ブログ

プロフィール

hiromaru70511

Author:hiromaru70511
川島会計事務所 名古屋市千種区で会計事務所を営んでいます税理士の川島弘久です。
当事務所は、会計業務・申告業務はもちろん、経営全般・経営計画を重視する事務所です。経営者とともに売上・事業を伸ばしていくことが最大の目標です。

ブログタイトルの「男川島」は尊敬する先輩が、私が何かをするたびに「さすが!男川島」と呼んでいたことから拝借しました。

川島会計事務所HP http://www.kawashima-ao.com/


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


DATE: CATEGORY:金融・経済
私が関与する企業はほとんどが資本金1億円以下。
1億円以上の企業の決算書を作るときにはいつも戸惑います。

***日経6/17より抜粋***

政府は税制優遇の対象となる中小企業の基準を見直す検討に入る。いまは資本金1億円以下の企業が軽減税率などの対象になるが、大きな売り上げや利益を上げる企業が資本金を1億円に抑えて優遇を受けるケースがあるためだ。経済界などとの議論を今後本格化し、早ければ2017年度にも基準を変える。

 資本金に比べて操作しにくい売上高や所得を新たな指標にする案などが出ている。財務省や総務省、経済産業省など関係省庁は17年度の制度変更を視野に検討に入る。
(中略)
 資本金1億円以下の中小企業には多くの税制優遇が認められている。赤字でも課税される外形標準課税はかからない。貸倒引当金を損金算入できるほか、欠損金の繰越控除も大企業より有利だ。

 本来は体力のない中小企業を守るための制度だが、アイリスオーヤマやジャパネットたかたのように1千億円以上の年間売上高がある企業が資本金を1億円にして優遇を受けることがある。シャープも一時、資本金1億円への減資を検討した。こうした事業規模の大きい企業が優遇を受けにくいようにする。

 米国は大企業と中小企業を分けず、所得水準が高いほど法人税率が高くなる累進課税を採用している。フランスはグループ企業の売上総額が一定額を下回る企業を中小企業と位置づけて法人税率を抑えている。

***抜粋終了***

あのジャパネットたかたやアイリスオーヤマが資本金1億円以下とは知りませんでしたね。
軽減税率を受けることができたからこそ急激に拡大できたのかもしれません。
そもそも大きな利益を享受する会社は、いち早く世の中の歪を見つけ、利用してきた企業です。
その歪を是正するのが今回の見直しと言えるでしょう。
関連記事
コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 2020 男! 川島ゆるゆるブログ all rights reserved.Powered by FC2ブログ