FC2ブログ

プロフィール

hiromaru70511

Author:hiromaru70511
川島会計事務所 名古屋市千種区で会計事務所を営んでいます税理士の川島弘久です。
当事務所は、会計業務・申告業務はもちろん、経営全般・経営計画を重視する事務所です。経営者とともに売上・事業を伸ばしていくことが最大の目標です。

ブログタイトルの「男川島」は尊敬する先輩が、私が何かをするたびに「さすが!男川島」と呼んでいたことから拝借しました。

川島会計事務所HP http://www.kawashima-ao.com/


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


DATE: CATEGORY:日々のつぶやき
私の事務所でよく利用する宅配業者の佐川急便。

佐川急便から突然の電話で、「配送料が10日までに振り込まれていませんでした。今日中に振り込んでいただけますでしょうか?」とのこと。

そう言えば、3月5日前後に請求書が届いていて、支払期日が3月10日になっていたことを思い出しました。
金額といえば972円という少額。
「ネットですぐ振込みます」と答えたものの、またまた雑務で忘れていました。
すると夕方、佐川担当者が荷物のお届けで来た時に、
「まだ振り込まれていないようですが・・・」と催促を受けたのです。

「すいません。すぐに」と答えましたが、ちょっと驚きです。
何を驚いたのかというと、代金を回収するシステムについてです。

まず、請求書の締め日から支払期日が10日しかないこと。現実には請求書が届いてから5日ほどしか時間的猶予がないのですよね(大口のお客様は違うのかもしれません)。
次に支払期日からたった3日で催促の連絡が届くこと。
これ中小企業にとってはなかなか出来ないことですよね。下手すりゃ催促しないために、未回収リスクはますます高まります。また時間が経ってからでは余計に催促しにくいんですよね。
次に、未回収情報が現場担当者にきっちりと伝わっていること。中小企業にとっては、回収担当者も現場担当者も一緒なのが当たり前でしょうが、大手では違うのが普通。逆に担当者は回収状況を知らないことのほうが多いのでは。でも佐川急便の場合、午前中の電話のやり取りの状況をきっちりと現場に伝え、現場はそれをフォローするシステムが確立しているのです。いや~当たり前のことを当たり前にこなしているその状況は驚きですよね。

たった972円の少額回収でこれだけの勉強をさせてもらえるとは・・・
はい、すいません。次回からはきっちりと期日までにお支払いさせていただきます┌(┌^o^)┐
関連記事
コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 2019 男! 川島ゆるゆるブログ all rights reserved.Powered by FC2ブログ