プロフィール

hiromaru70511

Author:hiromaru70511
川島会計事務所 名古屋市千種区で会計事務所を営んでいます税理士の川島弘久です。
当事務所は、会計業務・申告業務はもちろん、経営全般・経営計画を重視する事務所です。経営者とともに売上・事業を伸ばしていくことが最大の目標です。

ブログタイトルの「男川島」は尊敬する先輩が、私が何かをするたびに「さすが!男川島」と呼んでいたことから拝借しました。

川島会計事務所HP http://www.kawashima-ao.com/


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


DATE: CATEGORY:金融・経済
車を運転しながら朝のワイドショー。
朝の話題は、ギリシャの破綻問題。

私などは「まあ、起こるべくして起こり、ユーロからの離脱も当然」と考えているのですが、
ワイドショーのゲストからこんな質問が。
「どうしてEUはギリシャに手を差し伸べるんですか?」

その解説員の答えに妙に納得。
「ヨーロッパにおいてギリシャは特別な場所なんです。日本人なら京都、奈良を日本から切り離せませんよね」
なるほど。ヨーロッパの人々にとってギリシャは日本の京都・奈良なのか~。
それは切り離せないですよね。
いつまで対岸の火事と言っていられるのでしょう。
スポンサーサイト
DATE: CATEGORY:金融・経済
日曜日の明け方、ヤフーニュースの新着ニュースの着信音で起こされました。
覚醒しないままチラッとニュースを見ると、「ギリシャの支援協議決裂」のニュース。
「こりゃまずい。世界経済大変なことが起こる」と思いながらも起きることができずそのままウトウト。
数時間後にゆっくり起床。
頭が冴えてきても、個人レベルではどうしようもない事象。
為替の動き、株の動きを予測するも日曜日では動きようがない。
唯一の救いは先週からワタミの売りを入れていたことか。
それにしても迂闊だったのは、ギリシャの支援協議が週末に行われていることをまったくケアしていなかったこと。
支援協議決裂、銀行預金封鎖という流れは当然予想されるもの。

さて明けての月曜日。
予想通り日経平均暴落スタート。
まあしかし思っていたほど荒れていない感じ。
それだけ予想内の出来事なのでしょう。
ちょっと安心。
でもワタミが思ったほど売られていないのは予想外。
DATE: CATEGORY:ダイエット
今日でダイエットスタートしてから175週間たちました。

ダイエット方法は、ただ単にこのブログに毎週土曜日夜に測定した体重を書き込むだけのゆるゆるダイエット。公開することでダイエットの意識付けを図り、自然と食事の量も減り、多少は歩くようになるのではと期待しています。

さて今週の体重は・・・

体重67.7Kg     2週前67.5Kg  開始時70Kg
体脂肪27.0%   2週前26.9%  開始時19.3%

順調に体重増加中です(泣)

2週間ぶりの体重測定です。
この1か月で1Kg近く増加しました。
なんだかな~。
もうすぐ健康診断なんですよね~。
このままの状態ではちょっとマズイかも。

さて健康診断までは節制するぞ~。

ゆるゆるあせらずダイエット、次週もがんばりましょう~~
DATE: CATEGORY:日々のつぶやき
妻からいつも言われること。
「あなた、偉そうに見えるから腕組みやめたほうがいいわよ。それにコザックダンスみたい」

そう、いつも知らないうちに腕を組むのが私のクセ。
長くもない腕なんだからまっすぐ下に伸ばしておけばいいものを、必ず腕組みしてしまうのです。

「いつも偉そうにして~。(しかも上から目線で)」と私のクセで気分を害した方が見えれば言い訳させてください。
偉そうにしているつもりはないのです。ただこの短い腕の持って行き場がないのです。

と、この文章を見直しながら腕を組んでいる自分に気づきました。
治らないな~。


DATE: CATEGORY:金融・経済
実質消費支出が前年度と比較して4.8%増とあれば景気回復が順調に進んでいる印象がありますよね。
しかし単純な前年比較はミスリードを招くことがありますからね。

***ロイター6/26より抜粋***

総務省が26日発表した5月の家計調査によると、全世帯(単身世帯除く2人以上の世帯)の実質消費支出は前年比4.8%増となった。増加は14カ月ぶり。実額は28万6433円。
(中略)

季節調整済み全世帯消費支出は前月比2.4%増、勤労者世帯の実収入は実質で前年比1.5%増だった。

***抜粋終了***

昨年の5月は消費税増税後2ヶ月で、誰もが財布の紐を締めていた時期。
その時期と比較しても連続性を持った比較とは言えません。
せめて一昨年と比較してもらわないとね。
DATE: CATEGORY:金融・経済
以前ソニー株を中心に売買を繰り返すお客様から言われたこと。
「ソニーは信者が多いから、株価が2,000円を切ることがあったら絶対に買いだよ」

そんなアドバイスをもらいながら買っていません。今では3,800円超え。
アドバイスは素直に聞き入れるそんな人間になりたい(泣)

***SnkeiBiz6/24より抜粋***

 2015年3月期の決算で電機大手各社が好業績となる中、2年連続の最終赤字に陥ったソニーは23日、東京都内で株主総会を開き、会社側が提案した取締役選任議案などを可決した。同期の年間配当は上場以来初の無配となり、議長を務めた社長の平井一夫は「株主の皆さまに深くおわびする」と陳謝。「改革と計画の実行に邁進(まいしん)する」と強調したものの、数字として表れていないだけに株主の不満は充満しつつある。ただ、足元では復活の兆しも出てきた。(中略)

  ROEは最終損益を株主資本で割って求める。過去5年間の実績をみると、前期までの2期連続を含めて4回も最終赤字となったソニーのROEは、13年3月期を除いてマイナス。ソニー株は昨夏、ROEの高さを主要指標の一つとして選定する株価指数「JPX日経インデックス400」の構成銘柄から外された。
(中略)
 復活を目指す平井は総会で、今期から3カ年の中期経営計画のテーマに「高収益企業への変革」を掲げ、18年3月期にROEを10%以上に高めることを目標に定めたと改めて強調した。

復活信じる投資家

 同じく15年3月期に最終赤字だったシャープが23日に開いた株主総会は大荒れになった。ソニーがそうならなかった背景には、株価の水準がある。ソニー株の23日の終値は3827円で、1年前の2倍超に上昇。復活を信じる投資家が増えつつあるのだ。
(後略)

***抜粋終了***

私もある意味ソニー信者。
ソニー製品が持つちょっとツンとすました都会的センスに憧れつつ、私のような田舎者には不釣り合いを感じてほとんど所有していないのがソニー製品。と言うのは表向き理由で、他社製品よりお値段が少し高目で手が出ないのが実情。
製品が持てないならせめて株だけでも・・・。
これも今では高すぎて持てそうもありません。
DATE: CATEGORY:金融・経済
いや~昨日の日経平均株価は爆アゲでしたね。
今年最大の上げ幅381円高。しかも2000年のITバブル時の高値だとか。
ギリシャ問題が楽観視されていることが要因なのでしょうか。
ビビリ症の私としては、理由もわからず上げてくるとどうしても及び腰になります。
当然波に乗って買うことも出来ず、逆に売りを立てる始末。
あいも変わらずヘタッピーです。
DATE: CATEGORY:税金
民間企業の経営努力は国税庁の判断で簡単にひっくり返るいい事例になるかもしれません。

***日経6/23より抜粋***

サッポロビールは22日、ビール系飲料「極ゼロ」を巡り、自主納付した酒税115億円の返還を求め、国税当局に対して異議申し立てをした。同社は極ゼロが税率の低い「第三のビールとしての確証を得た」として一旦納付した酒税の返還を1月に求めたが、国税が拒否。この判断を不服としたサッポロが再度返還を求めたことで、酒税を巡る両者の争いはさらに長期化することになる。
(中略)
 
 「極ゼロ」は2013年6月にプリン体と糖質をゼロに抑えた第三のビールとして発売。半年で360万ケース(大瓶20本換算)を売るヒット商品になったが、国税からの製法照会をうけ「第三のビールにあたらない可能性がある」と昨年夏に一時販売を中止した。サッポロは第三のビールではなかった場合に必要な酒税115億円と延滞税1億円の合計116億円を自主的に納めている。

 その後に発泡酒として再発売したが、サッポロは「社内調査で第三のビールであると確認できた」と判断。今年1月に酒税の返還を求めたものの国税は4月下旬に拒否した。サッポロは「弁護士ら外部の有識者とも協議しながら対応を決める」として、異議申し立てのできる2カ月の期限ギリギリまで検討していた。
(中略)
 サッポロにとって極ゼロは他社に先駆けプリン体ゼロ、糖質ゼロを実現した技術力をアピールできる重要な商品だった。両者の争いが長引くなか、キリンビールが同様の商品を売り出すなど競合が追い上げている。
(後略)

***抜粋終了***

以前は私も「プリン体ゼロ」「糖質ゼロ」商品を好んで飲んだのですが、やはり味わいがイマイチ好きになれず、
今ではモルツに戻しています。
7月そうそう健康診断ですから、検査次第では再び「プリン体ゼロ」「糖質ゼロ」商品に戻さざるを得ないかもしれません。
そのためにはサッポロにはぜひ頑張ってもらい、酒税の安い極ゼロを提供してもらいたいものです。私の財布と健康のためにも・・・






DATE: CATEGORY:金融・経済
先日上場企業に勤めている女性会社員の方と話したときのこと。
勤務先の育児休業取得率の目標値が100%を目指しているのだが、
この算定方法が官僚的で通常の感覚とは違うと憤っていた。
女性に認められた育児休業は問題なく消化するのだが、男性の場合は、3日からせいぜい1週間しか休まないのだとか。これをもって育児休業にするらしい。
1年間休むのも育児休暇、1週間で済ますのも育児休暇。
これをもって育児休暇取得率100%を目指してもね~。
とは言え育児休暇名目で1週間休めるには羨ましくもあるのですが・・・
DATE: CATEGORY:未分類
今日でダイエットスタートしてから174週間たちました。

ダイエット方法は、ただ単にこのブログに毎週土曜日夜に測定した体重を書き込むだけのゆるゆるダイエット。公開することでダイエットの意識付けを図り、自然と食事の量も減り、多少は歩くようになるのではと期待しています。

さて今週の体重は・・・

体重67.5Kg     2週前67.1Kg  開始時70Kg
体脂肪26.9%   2週前26.9%  開始時19.3%

2週間ぶりの体重測定です。
先週はデブエットの旅をしてきた割にあまり増えていません。
食べて食べて食べまくる食を満喫するウィークでした。
食べなきゃ損、損と食べまくったのですが、400g増で済みました。
よかった~。
さて今週は節制するぞ~。

ゆるゆるあせらずダイエット、次週もがんばりましょう~~
DATE: CATEGORY:日々のつぶやき
明日は2ヶ月ぶりのゴルフコンペ。
前回のコンペでは、2回練習に行って備えました。
その結果初めての優勝。
(その時のことは⇒練習は裏切らない
当然ハンディーキャップ大盛り状態での優勝ですから、ハンディーを大幅に削られる今回が本当の実力を問われるコンペ。
ディフェンディングチャンピオンとして恥ずかしくないプレーをしたいものですが・・・
今回は最初から諦めモード。
ハンディーが大幅に削られたのはもちろん、それ以上に練習に行けていないのです。
「練習に行かなければ!」と焦りだしたのは3週間ほど前から。
車のトランクにクラブと靴を詰め込み、時間を見つけて行く準備だけは出来ていたのに・・・
時間を作ることができませんでした。
はい、すでに負け犬状態。
戦う前から戦意喪失の闘犬ですね。
しかし、しかし、まだ少し時間が残されています。
今日の夜・・・寝る時間を利用したイメージトレーニング。
あるトレーナーに言わせれば、実践以上にイメトレは効果があるとか。
頭に18ホールを描きながら眠りに入ります。
これでスコアが悪ければ、2ホール目で睡眠に入ったと思ってください( ̄▽ ̄)
DATE: CATEGORY:金融・経済
名古屋銀行が企業の将来性を評価する「目利き力」を重視する方針を打ち出したとか。

***日経6/18より抜粋***

名古屋銀行は、企業への融資の際、将来性を評価する「目利き力」向上へ体制整備に乗り出した。成長性の高い法人の新規顧客を開拓する専門チームを設けたほか、企業の経営環境を分析する評価技術を導入し、事業内容を精査しやすくした。技術力の高い中小製造業との取引機会の増加につなげることで、競争が激化する愛知県などでの地盤強化を狙う。
(後略)

***抜粋終了***

銀行の本来の姿に戻る取り組みといっていいでしょう。
最近の銀行融資は、決算書を評価ソフトに打ち込んでアウトプットされる「定量評価」でほとんど決まってしまいます。
いわゆる企業の格付けですよね。決算書という成績表によって自動評価されるのです。
これであれば、銀行員個々人の融資審査能力は関係ありません。
数字が全てです。経営者の想いや能力、そして将来性は評価されません。
それに対して、現状の数字は芳しくないが、将来性が有望視される分野、業態、経営者について評価する今回の取り組みは、本来銀行が果たすべき融資姿勢です。
「銀行は雨の日に傘を取り上げ、晴れの日に傘を貸す」と揶揄されますが、雨降りの時に傘を差し出す勇気ある銀行が増えることを期待したいですね。

DATE: CATEGORY:金融・経済
「オープン時給」なる単語は、飲食店では一般的に使われていることを先日初めて知りました。
教えていただいたのは飲食店経営者。
「オープン時給」とは、飲食店のオープン時に人材募集するにあたって、約3ヶ月だけ通常のアルバイト・パート時給を上げることだそう。
通常が1000円の時給なら、「オープン時給」は1300円前後とか。
「オープン時給」で優秀な人材を囲い込み、3ヶ月後には一気に通常時給に戻すのだとか。
アルバイト・パートも時給下げられる前に退職し、次にオープンする飲食店を渡り歩く強者もいるそう。
最近では通常より高めに設定された「オープン時給」でさえ、人材が集まらないとか。
人材不足も相当厳しい状況のようで、人材不足からオープンを延期する店舗まで現れたとの噂もあるそうで。
今後はオープン時給が3ヶ月以降も続けないと人材を確保できなくなる店舗が出始めるのでしょうね。
DATE: CATEGORY:金融・経済
私が関与する企業はほとんどが資本金1億円以下。
1億円以上の企業の決算書を作るときにはいつも戸惑います。

***日経6/17より抜粋***

政府は税制優遇の対象となる中小企業の基準を見直す検討に入る。いまは資本金1億円以下の企業が軽減税率などの対象になるが、大きな売り上げや利益を上げる企業が資本金を1億円に抑えて優遇を受けるケースがあるためだ。経済界などとの議論を今後本格化し、早ければ2017年度にも基準を変える。

 資本金に比べて操作しにくい売上高や所得を新たな指標にする案などが出ている。財務省や総務省、経済産業省など関係省庁は17年度の制度変更を視野に検討に入る。
(中略)
 資本金1億円以下の中小企業には多くの税制優遇が認められている。赤字でも課税される外形標準課税はかからない。貸倒引当金を損金算入できるほか、欠損金の繰越控除も大企業より有利だ。

 本来は体力のない中小企業を守るための制度だが、アイリスオーヤマやジャパネットたかたのように1千億円以上の年間売上高がある企業が資本金を1億円にして優遇を受けることがある。シャープも一時、資本金1億円への減資を検討した。こうした事業規模の大きい企業が優遇を受けにくいようにする。

 米国は大企業と中小企業を分けず、所得水準が高いほど法人税率が高くなる累進課税を採用している。フランスはグループ企業の売上総額が一定額を下回る企業を中小企業と位置づけて法人税率を抑えている。

***抜粋終了***

あのジャパネットたかたやアイリスオーヤマが資本金1億円以下とは知りませんでしたね。
軽減税率を受けることができたからこそ急激に拡大できたのかもしれません。
そもそも大きな利益を享受する会社は、いち早く世の中の歪を見つけ、利用してきた企業です。
その歪を是正するのが今回の見直しと言えるでしょう。
DATE: CATEGORY:金融・経済
ギリシャの国債利回りが約30%に急上昇した模様。
30%って?
いよいよギリシャの破綻が免れることができないと市場が判断しているのでしょうか。
ギリシャの対GDP債務比率はおよそ200%。
一方日本の対GDP債務比率は233%。
あ~おそろしい!!!
DATE: CATEGORY:日々のつぶやき
あの号泣議員で話題になった「城崎温泉」に13、14日に行ってきました。
疲れを取る旅であったにもかかわらずものすごく疲れきって帰ってきました。
その理由は、狭いバス移動と久しぶりの深夜までの麻雀。
ただいまその疲れを取るための喫茶店休憩中。
なんか違っている気がするな・・・

その城崎温泉。
外湯巡りが有名だそうで。
私が泊まった宿から一番近いところが歩いて5分。遠いところでは歩いて30分。
移動するだけで汗だく状態になりそう。
と言うことで私はというと、ホテルの大浴場のみ。
同宿の消防団仲間は全員外湯巡りで外出。
私だけ留守番でテレビでニュース。普段と全く変わらない日常のような・・・。

日本三景のひとつ天橋立も行ってきました。
有名な「股覗き」もやってみました。
覗いたと同時に腰に痛みが走りました。
狭いバス移動の疲れが腰に溜まっていたようです。
痛みをこらえながらの「股覗き」は素晴らしさも半減したような気がします。

お土産は新鮮魚を大量に買いすぎました。
旅行での暴飲暴食により胃が弱っているにもかかわらず、日持ちしない魚を一気に食べました。
お腹の調子が良くありません。

何だかな~の旅行であったような・・・
DATE: CATEGORY:ダイエット
今日でダイエットスタートしてから173週間たちました。

ダイエット方法は、ただ単にこのブログに毎週土曜日夜に測定した体重を書き込むだけのゆるゆるダイエット。公開することでダイエットの意識付けを図り、自然と食事の量も減り、多少は歩くようになるのではと期待しています。

さて今週の体重は・・・

体重???Kg   1週前67.1Kg  開始時70Kg
体脂肪??% 1週前26.9%  開始時19.3%

はい、今週は諸事情により測定ができません。
来週またアップしますが、来週は大幅増の数字をアップすることになると思います
いわゆる食を満喫するウィークが始まったのです。
食べて食べて食べまくるウィークです。
諸事情により今は書きませんが・・・
それでもわずかな体重増に抑えたいな~

ゆるゆるあせらずダイエット、次週もがんばりましょう~~
DATE: CATEGORY:日々のつぶやき
このごろは就活中の学生さんを街中でよく見かけます。
似たような年頃の息子を持つ父親としては、汗だくになりながら黒いスーツを着込んで街中を闊歩する姿を微笑ましく眺めてしまうものです。
先日もそんな就活中らしき学生さんが目の前を颯爽と。
スマホ画面を見ながら目的地を探している様子。
パッと見何やら涼しげ。
でもちょっとした違和感。
足元を見ると、革靴・素足・・・
「石田純一か!!」
思わずツッコミ。
よくよく見ると、くるぶしまでの靴下。
それはちょっとどうなのよ、学生さん。
ひとこと言いたかったけど、何も言わず彼の後ろ姿を見送りました。
健闘を祈る!!
DATE: CATEGORY:日々のつぶやき
免許を取ってから34年。
未だに憧れのゴールド免許を取得したことはありません。
あとわずかでゴールドに手が届く、というところで必ず交通違反。
その中でももっとも悔やまれるのが前回の免許更新半年前の駐車禁止。
あれさえなければ今頃はゴールド免許だったのに・・・
罰金が・・・
自動車保険も安くなったのに・・・

昨日のこと。銀行員さんが何気なく話してくれた内容が事実ならあまりにショックで。

銀行員「駐車禁止の張り紙に”警察署に出頭してください”と書いてあるのを受けて普通は出頭して、罰金を支払いますよね。この場合は点数の減点されるんですが、でも放っておくと後から罰金の納付書が送られてくるんですよ。罰金だけを払っておくと点数は減点されないんです」

えーーーー!そんなことがまかり通るの???
素直に出頭したものが減点されて、無視した荒くれ者は減点されない・・・
世の中の矛盾を突きつけられた感じです。
いや、あたしゃきちんと出頭して上で罰金払いましたよ。
それでゴールドを逃したかと思うと・・・
正直者が損をするとは・・・
DATE: CATEGORY:金融・経済
昨日夕方にふと何気に為替を確認したら、円が急騰している模様。
何が起こったのかを急いでチェック。
日銀総裁の口先介入ですか。
この介入が効くうちはまだまだいいのですが・・・

***ブルームバーグ6/10より抜粋***

日本銀行の黒田東彦総裁は10日、外国為替相場について、実質実効レートでは「ここからさらに円安はありそうにない」との認識を示した。これを受けて外国為替市場では円買いが膨らみ、1ドル=122円台まで円高が進んだ。

午後の衆院財務金融委員会で黒田総裁は「実質実効為替レートでみると円安になっているのは事実」と述べた。相場水準はリーマンショック前に戻ったと述べたが、「リーマンショック前の水準が正しいという根拠はない」とも語った。(中略)
.
円相場は第2次安倍内閣の発足前後から下落基調に入り、5日には1ドル=125円台後半と13年ぶりの円安を付けた。オバマ米大統領が強いドルは問題とG7首脳らに発言したと仏当局者が述べたと8日に報じられ、一時円が買われた。(中略)
.
国際協力銀行(JBIC)の渡辺博史総裁(元財務官)は、為替相場について「米国の金融政策の変更を織り込んでおり、130円台まではいかない」とブルームバーグとのインタビューで9日述べていた。1ドル=130-135円までの円安は日本経済に悪影響を与えるとしている。
(後略).

***抜粋終了***

口先だけで市場が動くうちはまだまだ本格的な円安局面とは言えないでしょう。
これが口先だけではどうにもならない時が怖いのです。
子供の反抗期と一緒。
口で言っているうちはまだいいけど、そのうちに手が出て足が出て・・・。
そこまでいかずに収束して欲しいものです。
DATE: CATEGORY:金融・経済
私はFXでトルコリラを少々買っているのですが、これが年初より大幅な安値圏へ。
その理由は今回の総選挙によりトルコ国内が不安定化するとの思惑から。

私の場合、毎日コーヒー1杯分のスワップポイント(利息)に目がくらみ、数ヶ月前に購入したのですが、
コーヒー1杯無料で飲みながら、高級フランス料理を散財しているような状況。
早く政権が安定してくれないとフランス料理を食べ続けることも難しくなりそう。
そもそもトルコは西欧とイスラム圏との架け橋となる国。
それだけに経済成長を期待してのトルコリラの購入だったのですが・・・。
まだ民主国家としての自立は早かったのでしょうかね。
DATE: CATEGORY:金融・経済
生活実感に近い名目がバブル期以来の高水準とか。
そっか~、バブルに乗り遅れたのか・・・

***日経6/8より抜粋***

内閣府が8日発表した1~3月期の国内総生産(GDP)改定値は、物価変動の影響を除く実質で前期比1.0%増と、速報値から0.4ポイント高くなった。年率換算では3.9%増と、1.5ポイントの大幅な上方修正となった。速報に比べ企業の設備投資額が大きく伸びた。生活実感に近いとされる名目は前期比2.3%増、年率換算で9.4%増と、バブル期以来の高水準となった。

 民間予測(年率2.7%増、QUICKまとめ)を大きく上回り、2014年1~3月期(年率4.4%増)以来の高い伸びとなった。大きな要因は企業の設備投資だ。速報段階では未公表だった1~3月期の法人企業統計を改定値で反映した結果、前期比2.7%増と速報値に比べ2.3ポイント高くなった。特に増えたのが卸・小売業や電気業、サービス業など非製造業。物流センターやホテルへの投資が増えている。国内の消費回復の兆しを反映しているようだ。

 民間在庫投資のGDP伸び率への寄与度は速報値に比べ0.1ポイント高いプラス0.6%となった。

 1~3月の速報値から公表している内訳をみると速報段階でマイナスだった原材料の在庫が増加に転じた。「増産をにらんだ前向きな積み増しだったようだ」(みずほ総合研究所の徳田秀信主任エコノミスト)。卸・小売業の流通在庫の減少幅は小さくなり、いずれも押し上げ要因となった。
(後略)

***抜粋終了***

内訳を見てみるとやはり企業の好業績に引っ張られての改定値のよう。
GDPの約6割を占める個人消費の結果はイマイチの様子。
いわゆる賃金上昇が個人消費に反映されていない、もしくは企業の業績が賃金上昇に結びついていないのですね。
儲かっている会社が、この夏の賞与で大判振る舞いすれば、本格的な景気回復へと向かうことになるのでしょう。
DATE: CATEGORY:未分類
知人から資産運用の相談があり、いくつかの金融商品をご紹介しました。
その中でも知人からの食付きが一番良かったのが「宝くじ付き定期預金」。
本ブログで何度もご紹介しているのですが、まだまだ認知度が低いようで。
改めて以前のブログを再掲しておきます。(宝くじ付き定期預金

******本ブログ2012/3/23再掲******

最近よく新聞やマネー情報誌で見かける「宝くじ付き定期預金」をご存知でしょうか。

「宝くじ付き定期預金」とは、預金の金利に加えて、1等・前後賞合わせて3億円の「ジャンボ宝くじ」が預金金額に応じて複数回もらえる定期預金です。
常時取り扱う銀行もかなり増えてきましたが、宝くじが発売される時期に合わせてキャンペーン商品として発売される場合もあるようです。

顧問先様との会話でよく出るのが、「今度の宝くじが当たったら、会社の借入全部返済するのに・・・」
切実なお声です。
そんな時には「宝くじ付き定期預金」のことをお話しています。意外と知らない方が多く見えます。
というのも会社に来る金融機関の外回りの方が積極的にお勧めしていないのが要因ではないでしょうか。
つまり放っておいても売れるのです。また店頭販売ではなく、インターネット専用商品の場合もあります。外回りの人の営業成績には関係ないのでしょうね。(金融関係の方には確認していませんので間違っていたらゴメンナサイ<(_ _)>)
もう随分前から発売されていますから認知度も高くなってきているでしょうが、資金的に余裕のある方にはお勧めしています。

この低金利の時代、定期預金にお金を預けておいてもたかが知れています。
2012年3月1日時点での300万円の定期預金の金利は、住信SBI,オリックス銀行等で0.35%、大手の都市銀行に至っては、その1/10以下の0.025%前後です。つまり300万円1年間預けて、住信SBI,オリックス銀行等で税引き後8400円、都市銀行に至っては600円しか付きません。
それに対して、例えば瀬戸信用金庫の「宝くじ付き定期預金」は、300万円の預金金利は都市銀行並みの0.025%ですが、宝くじが年に4回、各10枚送られてきます。つまり40枚、12,000円分(金利0.4%相当)が預金金利600円以外にも付いてくるのです。(送られてくる回数・枚数は預金額・銀行によって当然違います。)

「宝くじ付き定期預金」でしっかり貯蓄しながら大きな夢にトライして下さい。その前に定期預金のための種銭作りが必要ですが・・・とほほ(+_+)

******再掲終了******

ちなみに知人はさっそく瀬戸信用金庫のインターネット口座を開設したようです。
素早い行動が資産を残すポイントですね。
DATE: CATEGORY:ダイエット
今日でダイエットスタートしてから172週間たちました。

ダイエット方法は、ただ単にこのブログに毎週土曜日夜に測定した体重を書き込むだけのゆるゆるダイエット。公開することでダイエットの意識付けを図り、自然と食事の量も減り、多少は歩くようになるのではと期待しています。

さて今週の体重は・・・

体重67.1Kg   1週前67.1Kg  開始時70Kg
体脂肪26.9% 1週前27.0%  開始時19.3%

変わらず。
いわゆる停滞期ですかね。
体重よりも問題は体脂肪。
毎日軽めの筋トレをやっているのですが、所詮軽めの筋トレ。
やはりライザップののようなハードなメニューに変更しなきゃいけませんかね。
結果にコミットか~。

ゆるゆるあせらずダイエット、次週もがんばりましょう~~
DATE: CATEGORY:日々のつぶやき
結婚を継続するのに大事なのがお互いの金銭感覚。
金銭感覚のずれが、違和感となり、亀裂となり、隙間風が入り込む・・・

昨日知人Sさんから聞いた話。
10年ほど前に結婚しようとした女性と同棲することになったそう。
最初に1か月分の生活費30万円を渡し、同棲生活がスタート。
その30万円とは純粋なる生活費で、家賃・水道光熱費はSさんの銀行口座から引き落としなので、どう考えても余裕の生活が送れるはず。しかもその中からある程度将来へ向けての貯金もしてくれることを期待しての30万円。

それから2週間後、その30万円はきれいに消滅。
「えっ!何に使ったの?」と聞いても、「知らない間に使った」とのこと。

当然同棲は解消。
結婚を継続しながら徐々に軌道修正する手もあったかもしれないけど、子供の時から染みついた金銭感覚はなかなか抜けないもの。早めの判断が将来の危機を防いだ事例かも。
DATE: CATEGORY:金融・経済
相変わらず遅い対応ですね。
車で走っているとガソリンスタンドの廃業の目立つこと、目立つこと。
転用できずに放置プレイ。若者たちのスプレーアートの場となっているガソリンスタンドの多いこと。
早めの対応をしないと、ガソリン難民があふれる街へと変貌するのでは・・・。

***SankeiBiz6/4より抜粋***

石油連盟が、ガソリンスタンドの貯蔵タンクを地上に設置できるよう、規制緩和を求めて国と検討を始めることが3日、分かった。従来の地下型タンクは更新や維持に多額の費用がかかるため、スタンド経営を圧迫し、廃業を促す一因となっている。低コストな地上型タンクを導入して経営を支援し、ガソリンの需要減を背景にしたスタンドの減少に、歯止めをかけたい考えだ。
(中略)
 現在、スタンドのタンクは、政令で地下への埋設が義務づけられている。引火した場合の被害の拡大を抑えたり、車による衝突リスクを防ぐためだ。
ただ2011年2月に油漏れ規制が強化され、40年を超えたタンクは改修が義務づけられた。交換が必要なケースもあり、「場合によっては1000万円以上」(石油連盟)の多額の費用がかかる。このため、改修をあきらめて廃業を選ぶ業者も増えている。
(中略)
 老朽化した地下タンクを地上タンクに取り替えることができれば、地面を掘り返さなくていい分、費用を抑えられる。設置後も目視で点検できるため、地下タンクのような高度で専門的な点検技術は不要だ。
(中略)
 エコカーの普及などによるガソリン需要減で全国のスタンド数は減少を続け、ピーク時の1995年3月末の6万421カ所から、14年3月には3万4706カ所と約半分に減った。ただ減りすぎると「高齢者への冬場の灯油配送に支障をきたす」(資源エネルギー庁)ほか、災害時の燃料の供給拠点がなくなるといった指摘がある。

***抜粋終了***

車でしか移動手段がない郊外へ行くほどガソリンスタンドの廃業の影響が大きいんですよね。
郊外では唯一の移動手段が自家用車ということはよくあること。
ガソリンスタンドへ行くために隣町まで車を走らせる、なんてことも最近ではよく聞くこと。

ガソリンスタンドが減るから、少しでも消費を減らすためにエコカーや軽自動車へ買い替え。
さらなるガソリン消費減、ガソリンスタンドの廃業、消費減へと繋がる負の連鎖。

かくしてガソリン難民が増えていく・・・
DATE: CATEGORY:金融・経済
2年ぶりに実質賃金がプラスになったとか。
しかも0.1%増。政財界上げての賃上圧力の中での0.1%増ってどうなんでしょう。

***Jcastニュース6/3より抜粋***

消費増税などによる物価上昇に賃金アップが追いつかず、マイナスが続いていた実質賃金が2年ぶりにプラスに転じた。厚生労働省が2015年6月2日に発表した4月の毎月勤労統計調査(速報)によると、物価の影響を加味した実質賃金は前年同月比0.1%増だった。プラスになったのは2013年4月(0.4%増)以来のこと。基本給などの「所定内給与」の伸びが寄与し、わずかだが物価の上昇を上回った。

労働者1人あたりの平均賃金を示す「現金給与総額」は、0.9%増の27万4577円で、2か月ぶりのプラスとなった。現金給与総額のうち、所定内給与は0.6%増の24万3293円で、2か月連続で増えた。今春闘で大手企業を中心としてベースアップが相次いだことなどがプラスに働いたとみられる。
(後略)

***抜粋終了***

あまり実感はないのですが統計的にはそうなるのでしょうね。
大手企業のようにベースアップを行うことができない中小企業、資産を持たない家計には響かない数字です。
0.1%増で鬼の首取ったように政策効果を強調されてもね~。
今回の急激な円安による輸入物価値上がりで簡単にマイナスに落ち込む気がします。
DATE: CATEGORY:金融・経済
いや~円がこんなに下落するとは思いもしませんでした。
一時的にでも125円ですか。12年半ぶりとか。

あの当時の苦い思い出が蘇ります。
当時も急激に進行した円安局面で、銀行からドル建て保険を勧められたのです。
「これからはさらに円安になります。150円前後まで下落すると予測する人もいます。しかも日本の金利が1%を切るのにアメリカの金利は4%近くあります。仮に円高が進んでも85円までなら元本を割ることはありません。」
銀行との付き合いもあることから、少額だけ加入。
それから突然の反転、円高へ。
85円なんて軽く突破。顔を引きつらせ笑うことしかできない。
銀行担当者はすぐに転勤していきますからね。
文句の持って行き場がない状態。
結局は10年の放置プレーかつアベノミクス円安政策のおかげで元本を大きく上回って戻ってきましたから転勤していった銀行担当者には今では感謝ですけどね。
為替だけは神のみぞ知る。
さてこれからはどちらに進むのか?

DATE: CATEGORY:税金
たしかに今年度は駆け込みの贈与税の申告が多かったですね~。実感です。

***Jcastニュース6/2より抜粋***

国税庁がまとめた2014年分の個人の確定申告状況によると、贈与税の申告納税額は前年比63.1%、1084億円増えて2803億円にのぼった。2015年6月1日付の朝日新聞などが報じた。現行の基礎控除額となった2001年以降で最高額を更新した。15年1月の相続増税(相続税の改正)を前に、駆け込みで贈与する人が相次いだとみられている。

国税庁によると、贈与税の申告をした人は約51万9000人で、前年より5.6%、約2万8000人増えた。このうち、納税額がある人は11.1%、3万7000人増の36万6000人だった。

相続税法の改正で、15年1月から相続財産が非課税となる枠が4割縮小され、最高税率も50%から55%に引き上げられた。
(後略)

***抜粋終了***

住宅取得資金の贈与申告が多かったですね。
私も18年前に住宅資金を援助してもらい親に感謝したことを思い出しました。
遠い昔のことですが・・・
DATE: CATEGORY:金融・経済
本日より6月入り。
それと同時に日経1面には「税金考」なるシリーズが。
「大企業がゼロになる」そんな話題が取り上げられています。

***日経6/1より抜粋***

2030年。日本は大企業がゼロの国になるかもしれない。こんな予測が話題だ。景気回復で総法人数は増え始めたが、大企業だけは年約1200社ペースで減っているためだ。

 法人税法は資本金が1億円超の企業を「大企業」、以下を「中小企業」とする。国税庁統計によると、13年度の大企業数は2万1916社。2年で2464社減った。このペースならあと15年程度で大企業はなくなる。

 4月の官報に減資の実施を公告した都内の広告関連企業は4億円弱の資本金を1億円に減らす。業績は堅調なようですがどうして? 社長の60代の男性に聞くと「税負担がねえ」と返ってきた。

 税法は中小企業に恩恵を与えている。年間所得800万円以下なら法人税率は15%と大企業の23.9%より低い。赤字企業でも税金を払う外形標準課税も対象外で、公的融資も受けやすい。

 1200億円超の資本金を1億円に減らすことを一時検討したシャープ。「奇策」との批判に大田弘子政策研究大学院大学教授(61)は言う。「そもそも『資本金基準』で大企業と中小企業を分けるのは世界でも異例だ。抜け穴を放置しているから減資ブームが起きている」
(中略)
ちぐはぐ感を突き詰めていくと、時代がかった税の問題が浮かび上がってくる。気がつけば国の借金は1000兆円。広がるほころびは明日の日本への警報でもある。

***抜粋終了***

まあ税金面だけを抽出して比較するならば、中小企業のほうが優遇されているのは事実です。
しかし税金を安くするためだけに資本金を1億円以下にするのはそもそもナンセンス。
会社を拡大していくにあたっては資金面は避けて通れません。
資金面を担保するのが信用力。
10億円の工場を建設するのに資金は10億円必要です。
その10億円を資本金で支出する会社と借入金で賄う会社では明らかに信用力が違います。
借入で賄う会社にはそれなりの借入金利負担が生じます。
それにつれて財務力が弱体化します。
つまりは資本金に見合った商売しかできないということになるのです。
会社を拡大していくには税金を払いながらしか出来ないのですね。
逆に言えば、税金を払いながら拡大する企業が存続できなくなったと考えると空恐ろしいですね。


copyright © 2017 男! 川島ゆるゆるブログ all rights reserved.Powered by FC2ブログ