プロフィール

hiromaru70511

Author:hiromaru70511
川島会計事務所 名古屋市千種区で会計事務所を営んでいます税理士の川島弘久です。
当事務所は、会計業務・申告業務はもちろん、経営全般・経営計画を重視する事務所です。経営者とともに売上・事業を伸ばしていくことが最大の目標です。

ブログタイトルの「男川島」は尊敬する先輩が、私が何かをするたびに「さすが!男川島」と呼んでいたことから拝借しました。

川島会計事務所HP http://www.kawashima-ao.com/


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


DATE: CATEGORY:金融・経済
おやまあ東京株式市場が大きく下げていますね。
日経平均400円超の下げ幅ですか。
市場参加者が少ない上に、明け方の「1-3月期の米国の経済成長率が寒波の影響で0.2%へと大きく減速」とのニュースが流れれば当然ですよね。
それにしても下げ過ぎ。
企業業績が上向いてる企業を仕込む絶好の機会。
さあ~出動しますか。
あっ資金がありませんでした(^_^;)
スポンサーサイト
DATE: CATEGORY:日々のつぶやき
天気のいい祝日。
さて何しようかと何気なく庭を見ると、1本のオリーブの木がわさわさと。
高さ5m程に成長したオリーブ。
我が家の庭は、猫の額ほどの狭さ。
当然その狭い庭には不釣り合いの大きなオリーブ。
コンパクトにまとめなければと思いながら放置した結果が大木化を招いたのです。
さてどうするか?
今から切りましょう。
ちょうど今日は時間がある。脚立もある。高枝鋏もある。
すべての条件がそろっている。
さあ~がんばるぞ~
DATE: CATEGORY:金融・経済
ここ最近の疑問。
ニュース報道等で中国の景気減速が伝えられているのにどうして上海株が上がっているのだろう?
私も中国関連の投資信託を保有していることから、中国の景気には敏感なのです。

***ヤフーニュースビジネス4/28より抜粋***

中国・上海株が急騰している。上海総合指数は4月22日に4300を超え、ここ1年足らずの間で2倍以上に伸びた。中国経済が減速している中、なぜ株価は上がっているのか。バブルの前兆ではないのか。(中略)

 株価急伸の理由は三つある。一つ目の、最も大きな理由は、皮肉にも、中国経済の減速である。それが金融緩和期待を呼び、株価を押し上げてきたのだ。

 ターニングポイントになったのが2014年11月。2年4カ月ぶりに銀行の貸出基準金利と預金基準金利を引き下げた。それでも景気の減速に歯止めがかからず、今年3月の全国人民代表大会(全人代)前に、追加利下げを実施した。これが、「景気が悪くなればまた利下げするはずだ」との観測を呼び、景気減速がむしろ株価上昇につながっている。

 二つ目は、政府の経済政策だ。3月12日に1兆元の地方政府債務の借り換えを認める方針を出し、地方政府の財政不安を和らげる一方、李克強首相が全人代の後の会見で景気刺激策を示唆した。

 三つ目は、中国が提唱するアジアインフラ投資銀行に、英国などの先進国も参加したこと。中国への信認が高まるとともに、中国のインフラ関連企業への恩恵が期待できることも株価を後押しした。

 わずか1年足らずの間に2倍に急騰した上海株だが、政府はバブルとは受け止めていないようだ。3月には、「人民日報」(海外版)に「上海総合指数は年内に4000を突破する」という記事が掲載されている。
(中略)
 
***抜粋終了***

私などは上海株バブル崩壊を恐れているのですが、あまりそのような認識はないようですね。
そこは中国。何かあれば力技が使えるお国柄ですからね。
なんてたって一党独裁国家。どのようにでも処理できるのでしょう。
でもそろそろ外野はグランドから抜け出す準備を始めたほうがいいようで。。。
 
DATE: CATEGORY:金融・経済
日曜日の朝に必ず確認すること。
それは朝刊の折込チラシの確認。
特に求人情報チラシ。

求人情報チラシこそ現在の求人情報はもちろん、人材不足の業種、賃金情報、景況感を知ることができる有益な情報媒体なのです。
3~4年前は、求人情報チラシはせいぜい1~2枚。しかも片面しか印刷されていないこともままありました。
ところが最近では、両面刷はもちろん、チラシ自体が3枚~4枚は当たり前状態。
ニュース報道される人手不足、有効求人倍率を実感できる身近な媒体なのです。

ところが、昨日の折込チラシ・・・たった1枚。
えっ!もしかしたら景況感の急変か?突然人手不足が解消されるとは思えないし、後半の統一地方選の影響とも考えられないし、夕方のニュースでは有効求人倍率が1.73倍との報道もあったことだし・・・。

新聞販売店の入れ忘れかも(笑)。
いずれにしても謎は深まるばかりです。
DATE: CATEGORY:ダイエット
今日でダイエットスタートしてから166週間たちました。

ダイエット方法は、ただ単にこのブログに毎週土曜日夜に測定した体重を書き込むだけのゆるゆるダイエット。公開することでダイエットの意識付けを図り、自然と食事の量も減り、多少は歩くようになるのではと期待しています。

さて今週の体重は・・・

体重66.8Kg   1週前66.6Kg  開始時70Kg
体脂肪27.2% 1週前27.5%  開始時19.3%

相変わらずの体脂肪。
27.2%の体脂肪の判定値は「やや肥満」。
体脂肪率18%台からの27%台はどう考えても体脂肪計の異常だと思っているのですが、
妻は異常値が出ていない。
私だけ異常値が出ているからと言って、ほかに壊れていない体脂肪計を買い替えるのはあまりにも不経済。
ということで現在の体脂肪率を素直に受け入れます。
ここから体脂肪率を減らしていきます。
であるならやはり筋肉量を増やすことが肝要。
ここ最近やっていなかった腕立て伏せ、腹筋、スクワットを再開します。

ゆるゆるあせらずダイエット、次週もがんばりましょう~~
DATE: CATEGORY:日々のつぶやき
いやー今日はいい天気ですね。
確定申告が終わって現在までバタバタ続き。
事務所は週休2日とは言え、土曜日は毎週仕事でした。
それが今日は完全なるオフ。
さて土曜日の休日を何をするか・・・・思いつきません。
とりあえず2台の車を洗うこと、2匹の犬を洗うことからスタートします。
さて他は・・・
DATE: CATEGORY:金融・経済
日経平均株価がいつのまにやら20,000円を超えているんですね。
最近の投資方針は「放置プレー」が基本。
常に株価をチェックしない、毎日の株価に一喜一憂しない。これを心がけています。
以前は常に株価チェック、為替チェックを欠かせませんでした。
それが今では一日に一度確認する程度。
下がっていても下がる要因を確認する程度。
やはり精神衛生上これがいいみたいです。
まあそうは言いながらも、緩やかに上昇する経済状況だから「放置プレー」が成り立つのだろうけど・・・。
次は「いつのまにやら25,000円を超えていたんですね」と書きたいものです。
DATE: CATEGORY:金融・経済
ギリシャがまたもやきな臭い。
金融危機に直面するギリシャの国債利回りが30%に乗せたとか。
4月末から5月にかけてひと波乱、ふた波乱あることは間違いないですね。

***時事ドットコム4/22より転載***

21日の欧州市場で、ギリシャの2年物国債の利回りが急上昇(価格は急落)し、30%台に乗せた。財政・金融危機に直面する同国はデフォルト(債務不履行)に陥るとの観測が強まっていることが背景だ。

 ギリシャと欧州連合(EU)の金融支援交渉はこう着状態が続き、同国は5月に期限を迎える国際通貨基金(IMF)への融資返済を履行できない恐れがあるとの見方が浮上。デフォルトのリスクは日増しに高まっている。
 EU高官は21日、ギリシャとの協議が4月末までに最終合意に達するのは「極めて困難だ」と指摘し、先行き不透明感が広がった。
 ギリシャの2年物国債の利回りは2月末に12%台で推移していたが、デフォルトが現実味を帯びるにつれ、上昇ペースは加速した。

***転載終了***

EUとギリシャのチキンレースはいつまで続くのでしょう。
どちらも意地とメンツのぶつかり合い。
解決策は唯一ギリシャがユーロ圏から脱退すること。そうすればどちらも救われると思うんですけどね。
そんな簡単な問題じゃない!と叱られそうですが・・・
DATE: CATEGORY:日々のつぶやき
先週一緒にゴルフに行ったメンバーが私以外全員会社員。
会社員曰く「会社員の趣味はゴルフと野球が定番」とのこと。

昼食時の話題も予想を覆して善戦しているドラゴンズのこと。
野球にトンと遠ざかっている私にはちんぷんかんぷんなことばかり。
出てくる選手名もほとんどが知らない名前ばかり。
昔の私は野球好き。遠ざかってからはや20年。
最近の選手は特に知らない状態。

トヨタの野球動画で女優の神スウィングが話題になっているらしく、ヤフーニュースにも出ています。
何気なく見てみたらこれがすごい。噂通りの神スウィング。
それ以上に動画の遊び心で出てくる言い争う「クロマティー」や「カブレラ」「野茂」の対決シーンが面白い。
あ~、あの当時の野球は面白かったな~、等と懐かしむ心が老化の証。

老化を食い止めるためにもそろそろドラゴンズの応援でも始めましょうかね。
DATE: CATEGORY:金融・経済
最近スマホの調子がどうも良くない。
時々固まるのです。そうなると全てのボタンが反応しなくなり、再起動すらできないのです。
そろそろ買い替えが必要かと思い現行機種の利用期間を確認すると、2年7ヶ月。
確か2年縛りで今変更すると、違約金1万円位取られるのだっけ?

***日経4/21より抜粋***

総務省は5月にも、携帯電話事業者が2年単位で契約を結ぶことで、利用者が解約しにくくする「2年縛り」の見直しに向けた作業部会を立ち上げる。2年契約の途中で解約した際に契約解除料がかかることについては批判が根強い。総務省は早ければ今夏にも結論を出し、契約慣行の見直しにつなげたい考えだ。

 携帯電話の大手3社による「2年縛り」は最初の契約期間2年が終わっても自動更新されるしくみ。

 当初2年が経過した直後の1カ月を除いて、他の会社に乗り換えようとする場合などは契約解除料を支払わなければいけないのが現状だ。
(後略)

***抜粋終了***

2年ごとにたった1回しかチャンスがないのか。しかも自動更新されるのはいかがなものか。
そうそう都合よく2年目を迎えたタイミングで壊れるはずもなく、どうしたらいいのだろう?
同じキャリアで機種変更するのなら違約金は取られないのだろうか?
携帯電話の契約は本当難しい。
DATE: CATEGORY:日々のつぶやき
朝起きると体が痛い。
軽い筋肉痛です。

この書き出しでブログを書いたのが1週間前。
今回も同じ書き出しということは、はい、筋肉痛の理由は昨日のゴルフです。

先週は同友会のゴルフコンペ。今回は高校時代の旧友とのプライベートゴルフ。
先週のゴルフコンペでハンディーキャップモリモリのおかげで優勝した私は、優勝した事実だけの自信を持って2週続けてのゴルフに臨みました。
先週の教訓「練習は裏切らない」を学んだはずなのに、今回は事前の練習は無し。
そりゃ先週の本番の感覚のままプレーすれば今週もある程度のスコアは出るはず。
さすが優勝者。自信満々です。

結果は散々なもの。
ハーフでの目標「エイジシュート」はおろか、ハーフでの還暦間近を前半後半とも。
一人だけ足を引っ張る結果に。
スタート直後の軽やかなジョークも最後には自虐ネタのみ。

やはり練習は必要。
再度学習しました。「練習は裏切らない」。

2ヶ月後のコンペ目指して練習に励みます。

DATE: CATEGORY:ダイエット
今日でダイエットスタートしてから165週間たちました。

ダイエット方法は、ただ単にこのブログに毎週土曜日夜に測定した体重を書き込むだけのゆるゆるダイエット。公開することでダイエットの意識付けを図り、自然と食事の量も減り、多少は歩くようになるのではと期待しています。

さて今週の体重は・・・

体重66.6.Kg   1週前67.1Kg  開始時70Kg
体脂肪27.5% 1週前28.0%  開始時19.3%

体重はダミアン。(知っている人のみ)
順調です。それに対して体脂肪が・・・。
2週前の体脂肪が18.5%、先週が28.0%、今週が27.5%。
どう考えてもおかしい。絶対故障。
2週間前から突然体脂肪の数値に異常値が。
でも同じ体脂肪計を使っている妻はいつも通りの数値。
私だけが異常値。
27.5%の判定値を見ると「やや肥満」。
やっぱりおかしい。
でも妻の数値が正常値である以上、故障とも言い切れない。
正しく作動している体脂肪計を買い替えたいとは言えない私。
やっぱり「やや肥満」なのか。
どうしよう。1週間たっても未だにどうするか悩んでいます。

ゆるゆるあせらずダイエット、次週もがんばりましょう~~
DATE: CATEGORY:日々のつぶやき
車運転中にテレビから流れてきた言葉がタイトルの「キョウイク」と「キョウヨウ」なのですが、内容を流し聞くとフムフムと妙に納得できたので、メモ代わりにブログにアップ。

「今日、行くところがある」がキョウイクであり、「今日、用がある」がキョウヨウの意味なのですが、定年後を健康的に暮らすためのキーワードなのだそう。
まだ私が定年を迎えるのはまだまだ先だと思っているのですが、頭に最初に浮かんだのが、私が支えなければいけない母親のこと。親のことを気遣い、代わりに行ってあげたり、代わりに用事を済ましてあげるのは逆に健康的な生活を妨げることに繋がるのか・・・。優しさだけが思いやりじゃないのですね。

自分自身が定年を迎えた時には、手帳が予定で詰まっている高齢者になりたいものです。

あっ!折り込みチラシを見たら近所のパチンコ屋さんに「清原和博」が来るらしい。パチンコ屋の営業とはPL学園時代の清原を知る世代としては、ちょっと寂しい気がしますね。
ちなみに来週は松崎茂が来るらしい。日焼けサロンつながりか!
DATE: CATEGORY:金融・経済
私もアマゾンはよく利用しています。でもまさか結婚式までクリックで申し込む時代になるとは・・・。

***日経4/17より抜粋***

アマゾンジャパン(東京・目黒)は17日、結婚式場運営のワールドブライダル(名古屋市)と連携し、国内外のリゾート地の挙式プランの販売を始める。料金が35万円、50万円、65万円の3つの定額プランを用意する。利用者はネットだけで申し込みが完結し、店舗を訪れる必要がない。価格も通常より1~2割抑えて、需要を掘り起こす。

 ハワイやグアム、オーストラリア、沖縄の4地域の11式場が対象。料金は式場代や衣装代などで、披露宴代や旅費、宿泊費は含まれない。利用者は式場と料金プランを選び、挙式の希望日を入力するだけで申し込める。クレジットカードでの決済も可能だ。

 注文した利用者は挙式の流れなどの説明書が入ったアマゾンの多機能携帯端末(タブレット)「キンドル」が無料でもらえる。(中略)

 サービスでは挙式費用を明確にすることで、料金面などの不安から挙式を見合わせていた層などを取り込む。年間300件程度の獲得を目指す。

***抜粋終了***

なんか夢がないような気がするのは私だけでしょうか。
式場に何度も通い、打合せを繰り返すことで二人の将来の夢を重ね合わせていくのが結婚式を行う意義でもあると思うのですが、ワンクリックで終了って・・・。まあホームページでイメージは掴めるからいいのだろうけど・・・。
2015年度から結婚に関する贈与税の非課税制度(1000万円限度)が制定されているのだから、国ももっとアピールしないと、地味婚志向のカップルがワンクリックで非課税制度関係なし、となってしまいますよ。

DATE: CATEGORY:日々のつぶやき
2日前に本ブログでNHKの受信料について批判的な内容をアップしながら、
舌の根も乾かないのに今日は大河ドラマ礼賛。
私は大河ドラマを2年前までは全く見たことがありませんでした。
それが昨年の「軍師・官兵衛」で虜になり、そして今回の「花燃ゆ」もその流れで見続けています。
実に面白い。イケメン俳優陣や井上真央の熱演はもちろん、大河ドラマにありがちな過剰なまでの重さを感じられず、好感が持てるのですが・・・。それなのに、早くも打ち切りの話が出ているとは(^_^;)

***Jcast4/15より抜粋***

低迷にあえぐNHK大河ドラマ「花燃ゆ」の視聴率がついに1ケタ台に落ち込んだ。第15話時点での10%割れは、大河史上最速という不名誉な記録まで作ってしまった。

視聴者からの評判は「テンポが悪い」「観てる人は辛抱強い」と散々だ。夕刊紙やネットでは「打ち切りにした方がいい」という意見まで飛び出している。
(中略)第15話での10%割れは「平清盛」の第31話を大きく上回り、大河史上最速を更新してしまった。

どうしてここまで苦戦しているのだろうか。ドラマ評論家の成馬零一さんは「宣伝と内容のマッチングミスがあった」と指摘する。番組は当初、イケメンぞろいで幕末の「ホームドラマ」「学園ドラマ」だと打ち出し、好調さが目立つ朝ドラの視聴者層を取り込もうとしていた。しかし最近は松陰率いる松下村塾の反体制的なテロリスト集団が中心のハードな内容になっており、当初のキャッチコピーとは大きなギャップがある。

“「もともと大河の視聴者層は歴史や時代劇好きの中高年男性が中心だが、そこを当初の宣伝で切ってしまった。一方、主人公が井上真央さんなのに内容はラブコメ寄りの『幕末版花より男子』になってない」

結局これまでの大河ファンと朝ドラ視聴者層のいずれを取るのか、どっちつかずになっているのだ。(中略)

そうした中で、夕刊紙やネットでは「打ち切り説」が唱えられている。東京スポーツは5%割れを予想し、夕刊フジは制作陣内部でも不穏な空気が流れているとし、「まさかの大河『打ち切り』ともまことしやかにささやかれています」といった芸能ライターの証言を取り上げた。(中略)
成馬さんは「これまでの例から聞いたことがないし、考えにくい」と否定しつつも、「いっそ半年で終わるのもいいかもしれない」と提案する。

“「そもそも大河ドラマだといって、主人公が生まれてから死ぬまですべてをやらなくてもいいのではないか。明治編になって面白くなる気配はなく、個人的には面白いと思うし、コアなファンもついている幕末編までをしっかりやって終わるのも手だ」

今後もし視聴率面で巻き返すとすれば、坂本龍馬などまだ明らかにされていないキャスティングでサプライズがあるかどうかだという。

***抜粋終了***

たった2作目で大河ドラマ好きを名乗る私ですが、ひとつだけ不満があるとすれば、「大河ドラマ1年間は長すぎる」。
これに尽きます。民放のドラマが3ヶ月で終了するのに対して、1年間の長期に渡るドラマはストーリーに中だるみがどうしても生じやすいし、初回の頃のドラマの伏線を忘れがち。せめて半年くらいの放映期間がベストかな。
いずれにしてもせっかく盛り上がりかけた「花燃ゆ」が、尻切れトンボにならないように願いたいですね。
DATE: CATEGORY:金融・経済
私のお客様の業種で多いのが「製造業」。
その中でも私が個人的景気指標としているのが「金型業」。
すべての製造業に先駆けて敏感に景気浮沈に反応するのが「金型業」と認識しているのです。
その「金型業」のお客様はどこも順調。
こりゃ確かにこの地区の景気は回復しているのかもしれません。

***日経4/14より抜粋***

日銀は13日公表した4月の地域経済報告(さくらリポート)で、近畿、東海、北陸の3地域の景気判断を引き上げた。企業業績の回復が雇用や賃上げを通じて、家計に広がってきたことを評価した。他の6地域も判断を据え置き「回復」の表現を入れた。ただ、個人消費の回復は鈍く、景気は力強さを欠く面も残る。
(中略)
 景気回復の起点となっているのが輸出だ。近畿では円安を背景に電子部品や機械、化学、鉄鋼なども幅広く伸び「中小企業でも輸出が増えてきた」(宮野谷篤大阪支店長)。米景気の回復で自動車の輸出も好調だ。東海地域では輸出が高水準で続いている。梅森徹名古屋支店長は「海外経済に変調がなければ、景気は回復から拡大へ向かう」と強気の姿勢だ。

 原油安を支えに企業業績は回復を強めており、家計にも波及している。雇用は全9地域で「改善」の文言が入り、北陸など3地域で判断を引き上げた。賃上げも前向きな動きが広がっているとの報告が相次いだ。

 一方、個人消費はなおもたつき気味だ。昨年4月の消費増税の影響が尾を引いており、自動車や家電、スーパーの販売は「弱め」「鈍い」との報告が目立った。(中略)全地域で個人消費の判断を据え置いた。

 黒田総裁はかねて「企業と家計の両方で所得から支出への前向きな循環がしっかり働いている」と強調している。だが、企業の稼ぎが設備投資や個人消費へ波及するのに時間がかかっている。日銀内には「消費の回復が想定より鈍いことは否めない」との声も多い。

***抜粋終了***

ただ業種により景況感はバラバラ。私が感じている景況感は、飲食業、サービス業、小売は曇りがち。それに対して製造業が雲間から太陽が覗いている感じ。景気回復に伴っての人手不足が顕著。
なるほど。私の景況感も日銀の景気判断も大きな違いはないようです。

DATE: CATEGORY:日々のつぶやき
私も若い頃にNHKの集金マンとよく揉めました。
NHKを見ていないのにどうして受信料を支払わなくてはいけないのか、と。
ほとんどテレビを見ていない、ましてやNHKを見るのは紅白歌合戦程度、それで受信料が徴収されるのはどうも納得がいかない、NHKだけを見ることができないようにして欲しい、と。
20数年経ってそれも現実となるのですね。

***Jcast4/13より抜粋***

NHKの放送だけテレビに映らなくする「装置」が2014年7月から発売されている。(中略)

「装置」はアンテナとテレビの間に付ける「関東広域圏向け地上波カットフィルタ―」といい、筑波大学の研究チームが開発した。このフィルターを使うことによって受信料の支払いを拒否できるようにするのが狙いだが、本当に可能なのか。

NHK訪問員が徴収せず「納得して」帰った例も

フィルターを考案したのは筑波大システム情報工学研究科の学生で、同研究室の掛谷英紀准教授が指導した。学生は14年3月に卒業し、ベンチャー企業を起こして同年7月に販売を開始した。設置した人の中には、NHKの訪問員に受信できないことを確認してもらい、納得させた例もあるという。(中略)

掛谷准教授によると、フィルター考案のきっかけは、(中略)公共放送としてのNHKに疑問を持ち、見るか見ないかの選択の自由があるべきであり、見たくない人が受信料を払わなくてもいい方法を探った。NHK総合の27chとEテレの26chの周波数の信号にフィルターを掛けることによってモニターに映らないようにすることに成功した。

“「公共性が担保されない以上、国民にNHKと契約しない自由は保障されてしかるべきです」

掛谷准教授はこういう。また、受信料不払い問題に関わっている弁護団に「受信料の支払い」問題を委ね、「技術的な事はいくらでも協力する」という姿勢でNHKと契約しない自由に向けて動いていくと話している。

「払わなくていいとの解釈は難しい」と弁護士

さて、こうした装置を使えば、受信料を払う必要が無くなるのだろうか。NHK広報に問い合わせたところ、

“「慎重な回答が求められる一件です」

ということで返答にはしばらく時間がかかるとのことだった。

放送法やNHK問題に詳しい松浦亮介弁護士に話を聞いてみた。現在発売されている「関東広域圏向け地上波カットフィルタ―」を見る限りでは、

“「受信料を支払わなくていいという解釈はなかなか難しいでしょう」

と分析した。NHKを受信できる装置を設置した場合に受信料を支払うことになっていて、テレビ自体はもともとNHKが受信できる上、フィルターも着脱可能なため、いつでもNHKを見ることができる状態にある、という理由からだ。

また、フィルターを付けていない人でもNHKを見ない人もいる。受信料は公共放送のコストを皆で負担しようという趣旨で徴収していることもあり、フィルターを掛けている人たちも受信料を払うのが自然な解釈なのではないか、と松浦弁護士は話している。

***抜粋終了***

受信料との言うから拒否反応が生じるのです。
視聴もしていないのに支払い義務が生じる、受信装置を有しているだけで支払い義務が生じることに違和感を感じているのです。
いっそのこと公共放送を維持するための「公共放送維持税」と改称したらどうでしょう。
税金とすれば、国民も使途にもう少し敏感になりますよ。ましてやゴルフへ行くためのハイヤー代なんて論外でしょう。
税金であろうと納得できない人は大勢いるとは思いますけどね。
DATE: CATEGORY:日々のつぶやき
朝起きると体が痛い。
軽い筋肉痛です。
筋肉痛の理由は、昨日のゴルフコンペ。
久しぶりのゴルフです。
今回はあまりに久しぶりのゴルフのため、あらかじめ2回ほど練習場に通いました。
練習嫌いの私は、いつもぶっつけ本番であり練習場に通うことはほとんどありません。
しかし今回は事前にチェックしたいことがあり2回ほど練習場に通ったのです。
簡単なスウィング軌道のチェック。これだけです。
いつもドスライスを頻発する私は、スウィング軌道をインからアウトに意識するだけで球筋は変わるはず。
さてその練習の結果は・・・はい、優勝です。
とは言えハンディーキャップ(34)大盛り状態での優勝ですので胸を張ることはできませんが、それでもいつもOBを、7~8発は出すところを今回は3発のみ。大きな飛躍です。
たった2回練習に行っただけですが、「練習は裏切らない」を実感。
しかし今回の優勝のため、次回のハンディーキャップは小盛りに引き下げ(20)。
これで当分の間、上位入賞の目はありません。
来年度のハンディーキャップ改正まで甘んじて下位ランクを続けるのか、それともハンディーキャップに見合った実力を身につけるべく練習を続けるのか・・・
「練習は裏切らない」を実感しながらも続ける自信がない(^_^;)
DATE: CATEGORY:ダイエット
今日でダイエットスタートしてから164週間たちました。

ダイエット方法は、ただ単にこのブログに毎週土曜日夜に測定した体重を書き込むだけのゆるゆるダイエット。公開することでダイエットの意識付けを図り、自然と食事の量も減り、多少は歩くようになるのではと期待しています。

さて今週の体重は・・・

体重67.1.Kg   1週前67.0Kg  開始時70Kg
体脂肪28.0% 1週前18.5%  開始時19.3%

体重は微増程度。
それに対して体脂肪が大変なことになっています。
18.5%→28.0%でどういうこと?
ぜったい体脂肪計の故障でしょ!っと思って妻にも測定してもらったら異常なし。
私の体脂肪だけが突然の異常値。
どう考えても故障だと思うのだけれど・・・・。
事実だったら1週間でこれだけの体脂肪が増える生活って・・・。

今日は久しぶりのゴルフ。
ゴルフ場にも体脂肪計があるはず。
測定してきます。
もし違っていたら、即新品の体脂肪計の購入。
仮に本当に28%の体脂肪だったら・・・。
単なる肥満体。
う~、想像したくない。

ゆるゆるあせらずダイエット、次週もがんばりましょう~~
DATE: CATEGORY:政治
明日は統一地方選。
選挙オタクの私が今回はまったく興味外。
いつもなら新聞に載った立候補者の主張に目を通すのに今回は未だに確認していません。
なぜだろう?
よく考えたらもともと4月12日は、朝から晩まで外出予定。
選挙に行くことを諦めていたから興味が湧かなかったのかも・・・。
そうだ期日前投票に行けばいいんだ。
初めての期日前投票です。
ということで急いで候補者のマニフェストを確認しなきゃ。


DATE: CATEGORY:金融・経済
パチンコ屋さんから足が遠のいてからはや21年。
今では急を要するトイレを借りる時くらいにしか寄りません。
時間の無駄遣い、お金の無駄使い、健康の無駄使いとしか思えなくなってしまいました。
でも一時は熱中していた時があったんですけどね~

***ヤフーニュース4/5より抜粋***

2月25日矢野経済研究所が 2014年9月から12月にかけて実施したパチンコホールを経営している企業数およびパチンコホールの店舗数を発表した。パチンコホール経営企業数は3,702企業であり、前年同期比で116企業の減少であった。また、店舗数においては1万1292店舗で前年同期比246店舗の減少だった。
(中略)

 そもそもパチンコ業界が苦戦している根底に若者の意識と言うものがある。2000年以降の若者はそれまでと違い、革新意識を持たずリスクを取らなくなった。安定志向を好み、高級なものを購入しようというものが少なくなったのだ。「ギャンブルでてっとり早くお金を稼ぎ高級車を買おう」もしくは、「一儲けして南の島で豪遊しよう」という発想を持つ者自体が少ないのであればパチンコに足を運ぶという者も自然と少なくなる。

 しかし追い風がないかと言ったらそういうわけでもない。隣の韓国では06年にパチンコが法律で禁止となった。それに伴い日本にパチンコをしに来るものが出てきたり、日本のパチンコ情報交換が行われたりしている。円安も後押しとなり、外国人客が増えることも見込める。
 
 とは言っても日本に店舗を構えている内は日本人がメイン顧客であることは明白である。このままであれば徐々にではあるがこの先もパチンコホール経営企業数、パチンコホール数は下がっていくことが予想される。このまま衰退しないためにも本気で海外進出を図るのも手である。(中略)日本のパチンコのクオリティーを持ってパチンコホール経営企業がギャンブルを仕掛ければ大きな成功を収めることができるかもしれない。

***抜粋終了***

以前新婚旅行で名古屋を訪れたオーストラリア人夫婦に「行きたいとこあるか?」と聞いたら、迷わず「パチンコ」と答えていたことを思い出しました。
理由を聞くと「派手派手しいネオンが興味をそそる(多分こんな内容だと勝手に意訳)」とのこと。
確かにあれだけ派手なネオンが輝けば、楽しげなワンダーランドを想像させますもんね。
ギャンブルも生き残りは海外戦略が鍵のようですね。
DATE: CATEGORY:金融・経済
人材難が叫べれるご時世、飲食店のお客様から最近よく言われるのが、「夜のバイト、パートが退職して人がいない。いい人いたら紹介して」
なかなかいないんですよね~。紹介してバイトテロでも起こされたらご迷惑をかけてしまうと思うと、本当に信頼できる人じゃないと難しいですしね。この人材難を解消する手立てはないものですかね。

***ビジネスジャーナル4/8より抜粋***

企業や店舗においては、さまざまな従業員教育が行われていますが、教育内容としては、一般的な労務管理に関すること、基本的な衛生教育、クレームが起きた時の対応などが中心だと思います。ところで、アルバイト従業員に対しては、どのように教育を行っているでしょうか。

 ここ数年、「バイトテロ」という言葉がにわかに広まりました。飲食店や小売店で、バイト従業員が店の商品や食器、調理器具などを使用して悪ふざけする様子を写真に収め、ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)に投稿し、社会問題となる事象を表す言葉です。(中略)

 業務上で知り得たこと、業務に関する事項をネット上へ書き込むことを一切禁止している会社もあります。しかし、「私の働いているお店の商品はとてもおいしいので、ぜひ皆さんに知らせたい」「私の工場ではとてもまじめに製造しているので、世の中に伝えたい」などといった前向きな投稿も禁止してしまうことになります。
(中略)

「賞味期限が切れた食材を使用している」「一度お客さまに提供して、戻ってきた料理を使い回している」などといった管理ミス、企業体質による不祥事は、企業内の透明性を保つことで防げると思います。

 しかし、バイトテロのように「SNS上で目立ちたい」といった動機から行う、従業員の個人的な投稿を防ぐには、どのように教育すればよいのでしょうか?

 それは、従業員教育の中で「会社は誰のものか」を正しく理解させることと、仕事をする上で必要な心構えといった基本的な教育が必要になります。

「ほめたたえること」の重要性

 いい仕事をしてほめられると、非常にうれしいものです。子供の頃、学校のテストでいい成績を取った時や運動会で活躍した時、仲間や親がほめてくれましたが、社会人になってしまうと、なかなかほめてもらえないものです。年を重ねると勲章などが欲しくなるのは、子供のころに花丸が欲しかったのと同じ感覚なのかもしれません。
(中略)
 人間は、お金のためだけに働くのではないと思います。

 人間は「いい仕事をしたい」「世の中の役に立ちたい」「人からほめられたい」という欲求を持って仕事をしているはずです。クレームが発生した時に従業員や仲間を非難するのではなく、いい仕事をしている人をほめたたえることが、良い商品や良いサービスをつくることにつながるはずです。従業員全員が、「自分の工場」「自分のお店」と思って働くようになれば、バイトテロは起きないのではないでしょうか。

「会社は誰のものですか?」

 この答えを教育することが、バイトテロを防ぐ第一歩といえるでしょう。

***抜粋終了***

バイトテロを防ぐ手段として「ほめる」というのはベストとは思いませんがモアベターなものでしょう。
ただ日本人にはなかなか「ほめる」という習慣がないので、難しいですよね。
私はほめるのも、ほめられるのも背中のあたりがむず痒くなるものです。
それでもバイトテロを防ぐ一助となれば痒みを堪えるもの致し方ないのでしょうか。
DATE: CATEGORY:税金
「日テレの上重アナが利益供与」とのヤフーニュースの見出しを、単なる芸能ネタとしてスルーしていたのですが、よくよく見ると、私の仕事に関係のあることじゃないですか。しかもよくよくお客様から質問をいただく内容。
これは金額的にちょっと目立ちすぎですよ。

***Jcast4/6より抜粋***


靴小売りチェーン「ABCマート」の創業者で元会長の三木正浩氏(59)から1億7000万円を無利息で借り、東京都内の高級マンションを購入した日本テレビの上重聡アナウンサー(34)に、脱税疑惑が浮上している。
(中略)日テレでは桝太一アナウンサーに次ぐ人気者で、2015年4月からは朝の情報バラエティー「スッキリ!!」の司会に抜擢された。
(中略)
そんな上重アナをいきなり襲った利益供与問題。ABCマートの三木元会長から1億7000万円の融資を無利息で受けていたと、2015年4月2日発売(首都圏など)の週刊文春(4月9日号)が報じた。

上重アナは同日、「(ABCマートの三木氏とは)かねてより応援していただき親交がありましたがあくまでもプライベートな交友関係」であると弁明。「会社や仕事について特別な便宜を図っていただいたことは一切ありません」と、便宜供与を受けたことを否定した。 これを受けて、インターネットでは、

“「1億7000万って、プライベートの範囲じゃないだろ!」
「これは贈与。脱税だよ 。無利息だと利息相当額の贈与とみなされるので、税務申告してなければ脱税になる」
「取引先から個人的な利益供与受けたら、普通の会社なら懲戒処分。億単位の金を無利子提供とか解雇もんだよ」

などと「利益供与」や「贈与」「脱税」を指摘する声が目立っている。どれも上重アナにとっては、厳しい指摘ばかりだ。
(中略)
脱税にあたるかどうかの判断では、2015年4月5日のTBS系「サンデージャポン」に生出演した、証券会社に勤務した経験をもつ元衆院議員の杉村太蔵氏が、「1億7000万円もの金を住宅ローンで借りたら、35年返済で1.75%の金利でも総利息で5000万~6000万円いくんですよ。それを無利子で借りる。この金額を享受していることを考えてほしい」と、無利子で借りたとされる異常性を指摘。少なくとも利息分が利益供与になるとみている。
(中略)「とにかく、上重氏に返済する意思があるかどうかです。契約書を交わしたとしても、それが単なる借用書のようなもので、返済方法について書かれていなかったり、書かれていたとしても実際には返済が行われていなかったりすれば、税当局が贈与とみなす可能性はかなり高い」。つまり、「期限なしの、ある時払い」は事実上の贈与にみなされる可能性があるらしい。
(後略)

***抜粋終了***

杉村太臓氏の言うことがもっとも教科書的。
そもそもマンション購入などがあると、税務署から購入資金の確認書類が届くのですが、これにどのように書くのでしょう。
定期預金を○○円解約し、どこそこの金融機関から○○円借入し、親から○○円贈与を受け、○○円のマンションを購入したことを報告することになります。
それにしても日テレのアナウンサーになると、1億7000万も利益供与してくれるタニマチができるのだろうか。
恐ろしくもあり、羨ましくもあり。
DATE: CATEGORY:金融・経済
あの父親が黙って引き下がるはずがない、となると次はTOB。
今日の株価が1,540円前後。騒動になった株主総会前の高値が2,500円あたり。
しかも配当利回りが5.2%。う~む、狙い目か。

***Jcastニュース4/5より抜粋***

創業会長と娘の社長がそれぞれ取締役の選任を求めて対立していた大塚家具のお家騒動。2015年3月末に開かれた同社の株主総会で大塚久美子社長(47)が提出した会社提案が61%の賛成で議決され、創業者の勝久会長(71)は退任に追い込まれた。

久美子社長は総会後の記者会見で企業イメージの回復に取り組む考えを示したが、勝久氏が約18%を保有する筆頭株主である事実は変わらず、対立の火種はくすぶったままだ。
(中略)
久美子社長が頭を悩ませているのは、今後の「安定株主対策」だ。創業者が引退後も最大株主として経営に干渉を続けることは同族企業では珍しいことではないが、一般投資家にも開かれた上場企業として「経営と所有の分離」を徹底しなければ、いくら「コーポレートガバナンス(企業統治)を徹底する」(久美子氏)と強調しても形だけになりかねない。

株主総会では筆頭株主の勝久氏以外に、約3%を保有するフランスベッドなど取引先の一部、従業員株主と一般株主を含め全体の4割弱が会社提案への反対に回った。(中略)今後は「経営権を奪い返すため株式公開買い付け(TOB)など『次の一手』を打ってくる可能性もある」というのが関係者の共通の見方だ。

経営への未練隠さず

久美子社長にとって最大の対抗策となるのは、自らが投資ファンドなどを味方に付けて対抗TOBに踏み切ることだ。証券会社の幹部は「総会で久美子社長の会社提案に賛同した金融機関や一般株主がTOBに応じて発行済み株式の3分の2以上を取得すれば、株式公開をいったん廃止して非上場企業として経営改革のスピードを上げるためのいわゆるMBO(経営者による企業買収)が成立する」と話す。

投資ファンドや他の取引先などを引受先とする第三者割当増資を実施し、勝久氏側の持ち株比率を引き下げる手法もある。(中略)

同社を舞台にした騒動はまだまだ収束にはほど遠いようだ。

***抜粋終了***

公開親子ゲンカはこの先どうなるのでしょう。
100株単位で購入できることから、最低投資金額154,000円くらいを払って、観劇鑑賞と洒落込むのもオツなものかもしれないですね。
DATE: CATEGORY:金融・経済
商売をするなら誰もが取引先、お客様とWin-Winの関係を構築したいもの。
しかしWin-Winの関係を常に意識して商売を続けるのは難しいものです。
少しでも自社の利益をあげようとすれば、取引先、お客様の利益を削ることになるのです。
「近江商人」に学ぶことも多いのかもしれませんね。

***ヤフーニュースビジネス4/5より抜粋***

奴らの歩いた後には、ペンペン草も生えない─かつて遠方からやってきた彼らを江戸在来の商人たちは、こう妬んだ。

 彼らとは、そう、「近江商人」である。

 当時、江戸を目指したのは近江商人だけではない。東西南北の商売人たちが、当時世界最大級の都市となっていく江戸に向かった。そういった「メガコンペティション」状態のなかで勝ち抜けたのは、なぜか。それはいまで言うところの「現地化」に長けていたのである。
(中略)

 行商人集団だった近江商人は、その基本原則を早くから打ち立てていた。(中略)近江商人の憲法的な考えで「他国に出向いて店を構えるときは、常に他国者(よそ者)意識を忘れないようにする」というものだ。
(中略) 「儲かるからと言って、自分だけが利益をむさぼっていてはいけないよ。そこにいる人々の生活を忘れてはいけないよ、神様仏様が見てるんだから」
そんな戒めである。
(中略)
■近江商人の商売方法
 近江商人はこのよそ者憲法をベースとして商売基本法を組み立てている。よく知られる「三方よし」はその代表例だ。

 三方とは「売り手」「買い手」「世間」の三つを指し、それぞれが良くないと商売はうまくいかないというもの。CSRや社会貢献などを先取りした示唆的な思想として知られるが、売り手と買い手のWIN-WINでなく「世間をよくしないと商売はうまくいかない」と言い切ったところに、近江商人の凄さがある。

 「薄利多売」も近江商人の基本法である。いまでは大量生産、大量消費時代の代表的な販売戦略の一つだが、近江商人のそれはもっと哲学的で社会的だ。

 「たとえ商品が品薄であっても余分な口銭を取らず、売り手が悔やむくらいの薄い口銭を基本とする考え方で世の中に害を与えないように商売を行うこと」が、薄利多売の本分なのである。(後略)

***抜粋終了***

大学時代の経営学部出身者の何人かが「近江商人」をテーマとした卒業論文を書いていたことを思い出しました。
当時は、「経営学」と「近江商人」との関係性を理解していませんでしたから、「近代経営」と「近江商人」を比較検証するのはいかがなものだろう、等と考えていましたね。
やはり歴史に立ち返り、歴史に学ぶことは重要ですね。
DATE: CATEGORY:ダイエット
今日でダイエットスタートしてから163週間たちました。

ダイエット方法は、ただ単にこのブログに毎週土曜日夜に測定した体重を書き込むだけのゆるゆるダイエット。公開することでダイエットの意識付けを図り、自然と食事の量も減り、多少は歩くようになるのではと期待しています。

さて今週の体重は・・・

体重67.0.Kg   1週前66.9Kg  開始時70Kg
体脂肪18.5% 1週前18.5%  開始時19.3%

66kg台から67kg台へ・・・。
たった0.1kgの違いとは言え私にとっては大きな違いです。
先週も書きましたが、最近はあまり誉められたダイエット生活を過ごしていません。
以前と比べて食事量が増えているのです。
それと間食も・・・。
このままずるずるリバウンドしないように気を付けます。

ゆるゆるあせらずダイエット、次週もがんばりましょう~~
DATE: CATEGORY:金融・経済
誰かに言われたのか、何かに書いてあったのか、今となっては全く思い出せないのですが、その時は思わず「なるほど!」と腹落ちした言葉が次のような言葉。
「経営者は自分の器以上の人を使いこなすことはできない。優秀な人を使いこなすためには自らの器を大きくすることです」
器を大きくすることも叶わないままの自分を慰める言葉を「経営の神様」の言葉に発見。
それなら出来るかも!

***ヤフーニュースビジネス4/2より「抜粋***

昭和の大経営者である松下幸之助。彼の言葉は時代を超えた普遍性と説得力を持っている。(中略)

 指導者の条件については、古今東西、数多(あまた)の人たちが、さまざまに述べ、書き記している。
(中略)

 松下幸之助も『指導者の条件』という書籍を上梓している。条件として102項目挙げている。(中略)

 さすがに、松下も、「このすべてについて、完璧であるというようなことは、神様でもない限り、不可能と言ってもいいし、自分自身、これを書きながら、いかに実行できていないかを改めて痛感している」と言っているから、ホッとする。(中略)102項目は、指導者としての心掛けるチェック項目。しかし、102項目は足し算ではなく、掛け算だから、1項目でもゼロであれば、ほかが100点でも0点になりますよ、ということだろう。

 とは言え、この松下幸之助の指導者の条件の102項目を眺めていると、(中略)私自身は、指導者をあきらめざるを得ないという思いになる。
しかし、そう感じていたところ、ある全国紙の記者が、(中略)まことに感じ入る質問をしてくれた。
(中略)
 「松下さん、(中略)指導者、経営者にとって、ただひとつ、必要な条件、これだけは、絶対に持っていなければならない条件をひとつだけ挙げて頂けませんでしょうか、いかがでしょうか」
(中略)

 「(中略)ま、ひとつだけ指導者に必要な条件を挙げよと言われれば、それは、自分より優れた人を使えるということですな。そう、これだけで十分ですわ」
(中略)
 「そりゃそうやろ。経営者にとって大事なことは、優秀な部下を集め、あるいは、育てることや。いくら優秀な人でも、人間ひとりには、限界があるわ。なんでも一番ということはない。自分より、優秀な人はいっぱいいる。だからな、指導者が、なんでもオレがオレが、と言ってもできんわけや。むしろそういう自分より優れた人を傍に集めて、その人たちを活かし使う能力というか、そういうことができるということであれば、その人は、それで十分、立派な指導者と言えるけど、得てして、指導者という人は、自分より優れた人を遠ざけるな。だから、いくら優秀でも、自分の程度にしか成功せんわけや」
(後略)

***抜粋終了***

いかに優秀な人を使うことができるかが経営者としての資質なのですね。
調整型の自分としてはそれならば可能性があるかも・・・。
でもよく考えれば、優秀な部下は自分より劣る経営者に素直に従うとは思えないし、また自分より劣る経営者を見限って辞めていくのがオチ。
であればやはり自らの器を大きくすることが一番肝要なのかも。
DATE: CATEGORY:政治
いや~知らなかった。
隠れた逸材はいるもので。
自分自身春香クリスティーン並の政界ウォッチャーを自認していたのですが、
最近話題の「上西小百合衆院議員」のことをワイドショーで初めて知りました。
何やら「浪速のエリカ様」の愛称を持つとか。
また随分とキャラクターも立っているようで。
それ以上に秘書さんも濃い方のようですね。
いかにもワイドショーが好みそうなネタ提供にテレビ局は大喜びでしょう。
政治家としては問題があるにせよ、31歳の女性ならありそうな問題でしょうに。
エリカ様ならやはり「別に!」と切り返してほしいところです。
DATE: CATEGORY:税金
先日の同友会のプレ報告会でのこと。プレ報告とは本番に備えての模擬報告とは言え真剣そのもの。
次回の報告会は同級生税理士が担当。

同じ年代を生き、同じ職業の税理士がどのような報告を行い、どのように考えているかを知るいい機会。
ワクワクしながら拝聴してきました。

思いもよらない発想から税を論じる姿は、新鮮そのもの。
納税することによっていかに社会に貢献し、会社を強くするかを説く姿勢は、自分自身が税理士を志した当時を思い起こさせてくれました。
その中でも特に心に響いたフレーズがこれ。備忘録がわりに書いておきます。
「その経費が将来の会社を支える経費なのかを今一度検証してみる必要がある」
いや~どこかで使ってみたい。
私がこのフレーズを使ったら、間違いなくパクリです(笑)
DATE: CATEGORY:金融・経済
気になること言いますね~。
甘利経済再生相が口にした「ウルトラC」。
財政再建の「ウルトラC」と言えば、あれしかないような気がするのですが・・・

***ロイター3/31より抜粋***

甘利明経済再生相は31日の閣議後会見で、政府が掲げる財政健全化目標について、歳出カットは国内総生産(GDP)の下押し圧力となると指摘した上で、「歳出カットが成長に資するというようなウルトラCも含めて取り組んでいきたい」と述べ、公的サービスの産業化などで無駄を省く考えを示した。

政府は2020年度に基礎的財政収支(プライマリーバランス、PB)を黒字化させる目標を立てているが、内閣府の試算では経済成長が見込まれるケースでも9.4兆円の赤字が残る。

甘利経済再生相は、増税や歳出カットで赤字を埋め合わせる考え方に理解を示す一方で、「歳出カットはGDPの下押し圧力になる。成長が落ちるという部分がある」と指摘。公的サービスを民間に担ってもらうことでGDPを拡大させる発想も必要だとし、「ここがまさに安倍内閣の知恵の発揮のしどころ」と述べた。

中長期的な目標については、PB黒字化後に「債務残高を対GDP比で減らしていくことになっていくのではないか」とし、2つの目標を同時に追うのではなく、PBの黒字化が先決との認識を示した。

半面、収支の改善だけに注力すると成長が疎かになると述べ、バランスの必要性も強調した。
(後略)

***抜粋終了***

私が予想する「ウルトラC」は、戦後に行われた「預金封鎖&新円切替」です。
どうも深読みしすぎたようです。だからと言って何が「ウルトラC」なのかは読み解くことはできませんが・・・。
いずれにせよ今日から新年度入り。官民合わせての知恵の出しどころ。お願いしますよ~。

copyright © 2017 男! 川島ゆるゆるブログ all rights reserved.Powered by FC2ブログ