プロフィール

hiromaru70511

Author:hiromaru70511
川島会計事務所 名古屋市千種区で会計事務所を営んでいます税理士の川島弘久です。
当事務所は、会計業務・申告業務はもちろん、経営全般・経営計画を重視する事務所です。経営者とともに売上・事業を伸ばしていくことが最大の目標です。

ブログタイトルの「男川島」は尊敬する先輩が、私が何かをするたびに「さすが!男川島」と呼んでいたことから拝借しました。

川島会計事務所HP http://www.kawashima-ao.com/


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


DATE: CATEGORY:金融・経済
もう気になって、気になって・・・
何がって言うと、ソニーが特許出願した「スマートかつら」です。
かつらがスマホ機能を持つのです。

***日経11/29より抜粋***

ソニー、「スマートかつら」欧米で特許出願 かぶれば道案内・健康管理 3種類試作、技術開発を継続

 ソニーが通信機器やセンサーなどを搭載したかつら「スマート・ウイッグ」の特許を欧米で出願した。スマートフォン(スマホ)に次ぐ新端末として、各メーカーは腕時計型やメガネ型といった消費者が身につける「ウエアラブル端末」の開発に取り組んでいる。そんな中で登場したスマートかつらは、内外で注目を集めそうだ。

 試作品は3種類。ナビゲーション用は全地球測位システム(GPS)を内蔵して装着者の位置情報を把握し、かつら内部の振動機器で前後左右の進行方向を知らせて道を案内する仕組み。プレゼンテーション用はもみあげのボタンでスライドを操作。後頭部のボタンを使うと、額から赤いビームを出してスライド上の要点を指し示す。健康管理用は内蔵センサーで体温や血圧を測定する。

 ソニーコンピュータサイエンス研究所(ソニーCSL)の研究者が開発。欧州で昨年、特許出願したのに続き、今年になって米国でも申請したという。ソニーは商品化の予定はないとするが、「技術開発は続けている」としている。

***抜粋終了***

かつらだけ被ればただの「ハゲ隠し」。スマホかつらを被れば「情報通信機器」。
男性諸氏にとってはこの違いは大きいですよね。(私だけかも・・・)
人目を気にせずに堂々と被り物が出来る上に、それこそ時代の先端を走ることができるかつら。
「あの人かつらじゃない?」などと冷たい視線を浴びたなら、パッとかつらを取り、「これはハゲを隠すためのかつらじゃないよ。最先端の情報通信機器なんだよ。」と誇らしげに見せつける・・・逆にバカにされそう。
是非とも商品化して欲しいですね。
スポンサーサイト
DATE: CATEGORY:日々のつぶやき
先日のPTA連合会でのメインの話題がスマホ問題。
スマホ問題と言っていますが、特にLINEの利用方法についてなのです。
これが教師・保護者からするとほとんどお手上げ状態。
その理由が、教師・保護者はLINEをほとんど利用しないことからLINEの正しい利用法の指導が出来ないことにあるようです。

***時事ドットコム11/28より抜粋***

 携帯電話やインターネットの利用状況について東京都内の中高生を対象に警視庁がアンケート調査したところ、全体の約6割がスマートフォン(多機能携帯電話)を保有していることが28日、分かった。スマホと従来型の携帯電話の保有率は90.8%に上った。ネット依存度が強い生徒は全体の3割で、調査を行った同庁少年育成課は、有害サイトの閲覧を制限するフィルタリング機能や家庭でのルール作りなど対策の必要性を訴えている。

 (中略)高校2年では8割近くが、中学3年で半数近くがスマホを保有していた。

***抜粋終了***

LINEで問題になっているのが、以下の3つ。
①簡単に作ることのできるグループから、ふとしたことから仲間はずれるにされる。そこからリアルないじめに発展する。
②相手がメッセージを読むと表示されるその時刻と「既読」表示機能が、着信を早く知り返事しようとする気持ちを生み、目が離せなくなる。いわゆるスマホ中毒を引き起こさす。
③「知り合いかも?」と表示されると、友達追加登録を安易に行い、「出会い目的」や犯罪に利用される可能性がある。

ほとんどLINEを利用しない私にはなかなかピンと来ない問題点ですね。
会議の最中、「何か対策をお持ち方がいればご意見を聞かせてください」との司会者の問いかけに答えたお母さんの意見がなかなか悲しかったですね。
「娘がLINEやフェイスブックを利用しているのですが、私も娘とも娘の友達とも友達登録をしています。すると書き込んだ内容がわかるので、娘もネット上に親の監視があることから、自制しています。」
親から徐々に離れようと、自立しようとしている子供の成長を追っかけて、子供の世界に踏み込まないといけないほどスマホの危険性が増しているということでしょう。
DATE: CATEGORY:日々のつぶやき
先日次男坊が腕時計を落とし、ガラス面を割ってしまいました。
割れた破片が機械内部に入り込んだのか、秒針も止まっています。
昨年の誕生日プレゼントとして買ってあげた大事な腕時計。

ネットで探し出した修理専門店で確認すると、ガラス交換で3,150円するとのこと。
しかも内部にガラスが入り込み清掃が必要になるとさらに1万円。
むっむっ!確かもう少し出せば買った値段のような気が・・・
でも次男坊もすごく大事にしている時計だから買うよりも修理したほうがいいと思い聞いてみました。
私「大事にしている時計だから直して使うよね?」
次男坊「もう少し出せば買えるなら新しい方がいいかも・・・」
私「カッチン!!」

絶対修理してやる~。速攻で時計は修理屋さんに出しました。

ちなみに今時計屋さんが少なくなっていますね~。やはりスマホや携帯で時間をチェックする人が多いでしょうね。
DATE: CATEGORY:税金
税務調査の際に必ずチェックされるのが契約書の印紙の有無。
印紙の貼っていない契約書や領収書を税務調査官が見つけると、それはそれは嬉しそうな顔をするものです。
そりゃ見てすぐにわかる納税漏れですからね。言い逃れが出来ません。
そもそも契約書に印紙を貼るのは常識です。契約書に記載された金額によって貼らなければいけない印紙は変わりますが、それでも商売を経験したことのある人なら契約書に印紙を貼るのは常識でしょう。
ましてや知識人である作家や都知事がそんな契約書を作るとはなかなか考えにくいのですが・・・。

***Jcast11/26より抜粋***

猪瀬直樹東京都知事が公開した5000万円の「借用書」について、専門家からは、「印紙も実印もないのは不自然だ」との指摘が出ている。これだけで疑いを晴らすのは、難しそうな情勢だ。

A4サイズほどの紙1枚の「借用書」は、極めてシンプルな作りだった。貸した側の徳洲会の徳田毅衆院議員あてに、日付のほかに、自筆で金額、猪瀬直樹知事の住所と名前が書かれている。

5000万円以上の借入は、2万円の印紙を貼らなければならない

2013年11月26日の会見によると、猪瀬直樹知事は、出馬表明前日の12年11月20日に徳田議員から5000万円を受け取るとき、議員が用意した借用書にサインするよう求められた。無利子・無担保で返済期日も書かれていなかったが、一時的に借りてすぐに返すつもりでいたという。印鑑も押されておらず、印紙も貼られてなかったことについては、不慣れだったこともあり、信頼関係があればいいと思ったと釈明した。

5000万円は13年9月26日に特別秘書が返しに行き、借用書は後日に人を介して郵便で戻ってきたという。

こうした釈明については、ネット上では、厳しい声が相次いでいる。「そもそも債権者のサインがないとか証書じゃねえよw」「こんなペラ紙で5千万とか借りられるのがもう胡散臭い」といった声のほか、猪瀬知事が自分で勝手に作ったものではないかという憶測まで出た。

借用書に詳しい河原崎弘弁護士は、印紙がなくても効力はあるものの、印紙税法違反の疑いがあると指摘する。

5000万円以上の借入は、2万円の印紙を貼らなければならず、もしそうしなければ、印紙税法第20条の規定から、まず行政罰として3倍の過怠税を課されるというのだ。今回の場合は、6万円となる計算だ。事後にもし自主的に印紙税を納めるのなら、1.1倍、つまり2万2000円の過怠税を支払わなければならない。

「金額が大きいので、印鑑か拇印を押すのが普通」
河原崎弘弁護士は、さらに、悪質な場合は、刑事罰を科されることもありえるとした。

故意に印紙税を納めなかった場合は、印紙税法第21条で「三年以下の懲役若しくは百万円以下の罰金に処し、又はこれを併科する」とされ、印紙税を知らなかった場合は、第22条で「一年以下の懲役又は五十万円以下の罰金に処する」とされる。
(中略)

また、借用書に印鑑が押されていなかったことについて、河原崎弁護士は「5000万円と金額が大きいので、印鑑がなければ拇印を押すのが普通でしょう。それがないのは不自然ですね」と首をかしげる。返済期日も普通は書くといい、借用書も特別秘書が返しに行ったときに渡すものではないかとした。
(中略)
借用書について、河原崎弁護士は、こんな懸念も示している。

「お金を返した場合は、借用書も返してもらえます。ですから、いくらでも自分で作ることができるんです。そういう疑問は、どうしても残ってしまうことになりますね」

***抜粋終了***

無利息である時払いの催促なしじゃ、借用書があっても税務署から贈与認定を受けるレベルの話。借用書の不備については、口頭でも契約は成立するのだから、小学生が作成したようなあの程度の借用書でも有効でしょう。
いずれにせよ猪瀬都知事がどのような目的で5千万円を借りたのかが問題なのですが、個人的な借入では世間はあまりにも苦しいですね。しかも使う当てのないお金など借りるはずないですからね。
どなたか私のお客様で資金繰りに苦しんでいる先に、無担保無保証、しかも無利子で5,000万ほど貸してくれませんかね~。
もちろん簡単な借用書は用意させたいただきますから・・・(笑)
DATE: CATEGORY:税金
「中小企業には交際費は経費として認められているのに、大企業はどうして交際費が経費として認められていないんだろう?」という素朴な疑問を持ち続けていました。お金を持っている大企業に交際費が認められれば、市場にもっとお金が流通して景気も上向くのに、と・・・

***読売新聞11/23より転載***

政府・与党は、大企業が取引先の接待などに使う交際費の一部を税務上の経費(損金)として認め、非課税とする方針を固めた。

 企業が納める法人税を減らすことで、交際費をもっと使ってもらう狙いで、来年4月の消費税率引き上げによる消費の落ち込みを和らげたい考えだ。2014年度からの実施を目指し、12月にまとめる14年度税制改正大綱に盛り込む方針だ。

 法人税は、企業の売上高から人件費や原材料費などの経費を差し引いた利益に対してかかる。

 交際費も経費として認めるべきだとの意見もあり、中小企業では現在、特例として年間800万円まで課税対象から引くことができるが、大企業は課税されている。政府・与党は資本金1億円を超える大企業も中小企業と同様に扱う方針だ。

***転載終了***

今回のこの議論、交際費を経費として認めるよう財務省を説得したのが麻生財務相のようですね。麻生さんはよく知られたように、企業経営者であった時代が有り、企業を円滑に動かす潤滑油としての交際費の有効性をよく理解していたのでしょう。もしくは自らが潤滑油の中でおいしい思いをしていたのかもしれません。
さすがにバブルの時代のようなお金の使い方は期待できませんが、わずかでも滴り落ちる油の1滴が、中小企業への命の油となることを期待したいものです。

DATE: CATEGORY:税金
我が家の長男も今月20歳になり、国民年金の加入義務者になりました。
当然長男の同級生つながりのお母様方たちも同じ悩みを持つようで、お母様方の集まりで、「我が子の国民年金に加入すべきか否か」が話題になるのです。
妻があるとき私に質問した内容がまさしく今日ご紹介したい内容そのものなのです。
特定社会保険労務士・CFP 榊 裕葵さんの記事が非常にわかりやすいのでご紹介しましょう。

***BLOGOS11/23より抜粋***

ある機会に学生の方から「私は学生なのですが、やはり20歳になったら国民年金を払ったほうが良いのでしょうか?」という質問を受けた。

社会保険労務士としては、「国民年金の加入は20歳以上の国民の義務だから払わなければなりませんよ。」が模範回答なのだろうが、それでは木で鼻をくくったような答えに過ぎないので、学生が国民年金の保険料を払うか払わないかにつき、実質的な損得の面から説明した内容を、この記事で再現してみることにした。

学生にとって国民年金の保険料負担が重いのは事実
まず、国民年金法の大原則としては、20歳になったら日本国内に居住する人はすべて国民年金に加入しなければならないこととなっている。これは学生も同様である。

しかし、大学時代といえば勉学のための費用はもちろんのこと、旅行や飲み会、デートなど、「今」お金を使わなければならない場面や、「今」お金を使いたい場面が多いのではないだろうか。加えて、近年は経済の停滞もあり、一人暮らしをしている学生は親からの仕送りが減ったりして、余暇以前に、学費や生活費を確保するために苦慮することが少なくないのも実態である。

そんな中、毎月15,040円(平成25年度)もの保険料を支払うことが、学生の方にとって大変な負担であることは想像に難くない。学生が飲食店でアルバイトをして、仮に時給900円だったとしたら、毎月の保険料は実に17時間分もの給料に相当する。1日3時間のシフトに入っているとしたら、週5日働いてもまだ保険料の額には達しない。定量的に見ても、いかに保険料の負担が重いかが分かるであろう。
(中略)

学生をはじめ若い世代の方々が「年金」という言葉を聞くと、やはり遠い老後のことのように思ってしまうのは無理なからぬことであろう。(中略)また、少子高齢化が進み、将来の年金に対する不安も年金離れや保険料の未納に拍車をかけている。

しかし、是非とも知っておいていただきたいのは、国民年金には老齢に対する給付だけではなく、障害や死亡に対する給付も用意がされているということだ。障害や死亡は、年齢に関わらず誰にでも起こりうるリスクである。
(中略)
ある学生が冬休みにスキーに行ったが、転倒して大怪我をしてしまい、打ち所が悪くて車椅子の生活になってしまった、という事例を想定してみてほしい。

このとき、障害を負った学生の運命は、国民年金の保険料を払っていたかどうかで大きく異なる。

まず、国民年金の保険料をきちんと払っていた場合であるが、車椅子の生活になった場合、通常は「両下肢の機能に著しい障害を有するもの」として1級の障害基礎年金が支給されることとなる。支給される金額は、平成25年度価格で約97万円だ。障害の状態が続く限りは一生支給が継続する。もし結婚して子どもが生まれた場合には、第1子、第2子に対してはそれぞれ22.4万円の加算、第3子以降は7.46万円の加算も行われる。

これに対し、国民年金の保険料が未納であった学生が車椅子の生活になった場合は、障害基礎年金は1円ももらえないし、その後もらえるようにする方法も存在しない。一生涯というスパンで考えると、5000万円とか6000万円といった水準の年金をもらい損ねることになりかねないのだ。

更に悲惨なのは、学生時代に国民年金未納の人が、就職直後に事故で障害者になってしまった場合だ。会社に入社すると厚生年金に加入することになり、会社が給料から保険料を天引きするので嫌でも未納は起こらない。本人も、給料から保険料が天引きされるのは癪だが、これで自分も未納者ではなくなったので、何かあっても大丈夫、という気持ちになるであろう。しかし、そこには落とし穴がある。

例えば、4月1日の入社がら間もない某日曜日、春スキーへ出かけて、そのときに大怪我をして車椅子の生活になってしまったという事例を考えてみよう。4月1日からは厚生年金の被保険者なのだから、障害厚生年金がもらえるはずだと多くの方が考えるのではないだろうか。

ところが、この場合、障害厚生年金は1円も支給されない。

そのカラクリは、障害厚生年金の受給資格を判定する際、学生時代の未納期間も合わせて判定がなされるからである。国民年金の加入期間と厚生年金の加入期間を「通算して」、国民年金の未納期間が全体の3分の1以上あると、障害基礎年金は勿論のこと、障害厚生年金までも支給されなくなってしまうのだ。

上記の事例の場合はまさに、学生時代の国民年金未納期間が被保険者期間の大半を占めるので、たとえ怪我をした時点で厚生年金の被保険者であっても障害厚生年金は支給されないのだ。
(中略)
このように、学生の方が国民年金の保険料を支払わないという選択をした場合には、主に「障害」の場面で大きなリスクがあることを認識した上で、「未納」という判断をしてほしい。(中略)

保険料を払いたくても払えない場合のウルトラC
ここまで読んでいただいて、国民年金は老後の保障のためだけではなく、障害に対する保障もなされるので、必ずしも何十年後も先の話ではないということを認識していただけたであろう。しかし、最初に述べたように、生活が大変で、学費と生活費を払うのが精一杯で、払いたくても、とても国民年金の保険料を払える状況ではないという場合にどうすれば良いかが問題だ。その答えが今回の記事で最も伝えたいことである。

もったいぶっても仕方が無いので、早速その答えであるが、正解は「役所に紙を1枚出す」ことだ。

この1枚の申請書を出すことで利用できる制度を、「学生納付特例制度」という。この制度は、所得の少ない学生に対し保険料の納付を猶予するためのものであって、親の所得は関係なく、学生本人の前年度の所得が118万円以下ならば利用することができる。

この制度を利用した場合、社会人になった後に保険料を追納しなければ、老齢年金の額は減らされてしまうのだが、制度の利用期間中は「未納」という扱いにはならないので、制度を利用している学生が、上記の例のように学生時代や、就職直後の事故で障害を負ってしまった場合でも、きちんと障害基礎年金や障害厚生年金は支給される。支給される年金額も保険料を実際に納めていた人と同額だ。

紙を1枚出すだけで、これだけ大きなメリットがあるのだから、所得要件を満たすならば利用しない手は無い。しかし、このような制度があること自体を知らなかったり、自分には関係ないことだと思ってしまって、未納状態に陥っている学生も少なくはないようである。これは、非常に残念なことである。

紙1枚出すか出さないかで、その後の一生で数千万円の年金がもらえるか、1円ももらえないか、これほどまでも運命が変わることが起こりうるのだ。決して誇張した話ではない。
(後略)

***抜粋終了***

大学進学率が50%もある中で、20歳から国民年金の加入義務が生じることの制度設計への疑問はさておき、まず本来加入義務が生じる学生自体がその事実を知らないことは驚きですよね。
というよりも学生でも20歳で加入義務が生じることを周知徹底することが行政には求められますよね。
リサーチすると、私の周りでは当然の如く親が負担するところと、「学生納付特例制度」を利用するところと半々でしたね。つまり学生が自ら負担するという選択肢はありませんでした。
つまりは学生の国民年金問題は、学生の子を持つ親への負担に他ならないのですね。あ~キビシ~!!
DATE: CATEGORY:ダイエット
今日でダイエットスタートしてから93週間たちました。

ダイエット方法は、ただ単にこのブログに毎週土曜日夜に測定した体重を書き込むだけのゆるゆるダイエット。公開することでダイエットの意識付けを図り、自然と食事の量も減り、多少は歩くようになるのではと期待しています。

現在続けているダイエットは、
①朝晩の白米の量をお茶碗の1/5ほど減らしています。 
ご飯は100gあたりのカロリーが約170kcalなのでお茶碗一杯は大きさにもよりますが
通常120g~150gあるので200kcal~250kcal位になるそうです。
ということは1日に80~100Kcal減る計算です。
お茶碗1/5位なら苦労なく減らせます。
②84週前から始めた筋トレ、名付けて「川島メソッド」を仕事の合間に20回を2~3セット今も続けています。
「川島メソッド」とは、上腕・胸筋・腹筋を同時に鍛えるというオリジナルの筋トレです。
会社内の椅子(肘掛付き)に深く腰掛け、両側の肘掛部分を掌で持ち、上腕だけで体を宙に浮かせます。そこから上下に動かすこと20回。しかも体が宙に浮いたら、足を前に突出したまま上下動します。
体操競技の吊り輪の「十字懸垂」のまま足を前に突き出す状態。
これは効きますよ。これだけで鍛えたいところはすべてOK。

さて先週は67.5Kgでしたが、66Kg台への足がかりとしたいのですが・・・

今週の体重は・・・

体重68.1Kg  先週67.5Kg 開始時70Kg
体脂肪19.7% 先週18.6% 開始時19.3%

はい、はい、いつものことです。
減っては増え、増えては減る、この繰り返し。
となれば今週は予想通りの増える週。
驚きはしません。でも体脂肪の増え方はどうよ!
体重ばかりに気を取られていたら、いつのまにやら体脂肪が増えに増え19.7%。
これって開始時の19.3%オーバー。
開始時より1.9Kg減っても、0.4%体脂肪増えるってことは、筋肉量が落ちて脂肪が増えたって解釈すればいいの?これは大問題です。
やはり筋トレしかないのでしょうか・・・・

ゆるゆるあせらずダイエット、次週も続けていきますか~~
DATE: CATEGORY:税金
昨日妻から突然のメール。
「今テレビで各務原市のふるさと納税のことをやっているよ。人気なんだって!」
私が、米子市・阿南町への「ふるさと納税」でハムの詰め合わせやお米をゲットしたことから今まで興味外だった「ふるさと納税」という言葉がヒットした模様。「お得」が最も好きな言葉と公言する妻にはまさしくお得な納税。どうせ納税するならお得な方がうれしいですからね。

各務原市なら月に2回はお邪魔する場所。お世話になっているからこそ納税にふさわしい。
ということでさっそく各務原市のホームページで「ふるさと納税」(各務原市ふるさと納税)をチェックしました。

なるほど!6,000円相当の各務原市ゆかりの記念品がもらえるようです。つまり寄付金控除により2,000円相当の負担で6,000円相当のお肉やお酒やお菓子などがもらえるようです。
う~ん、これもお得感いっぱいですね。

すでに米子市・阿南町へ各10,000円寄付したのですが、各務原市へも納めておきましょうか。
クレジットカードで納税できるのが手軽でいいですね。
ご縁の出来る自治体が増えるのはうれしいものです。

DATE: CATEGORY:日々のつぶやき
奨学金という名称をそろそろ「学生ローン」に変えないといけない時代でしょうか。
奨学金利用者が50%を超える中、奨学金利用者同士の結婚も増えてくるのも必然です。
結婚した途端に、1,000万円超の借金を抱えた二人の船出はちょっと荷が重すぎでしょう。

***BLOGOS11/21より抜粋***

日本学生支援機構の利息収入は232億円――奨学金はサラ金よりも悪質

若者に苦境を強いる奨学金の実情を知ってほしい――。反貧困全国キャラバン2013のシンポジウム「奨学金 何が問題なのか?」が11月4日、神戸市で開かれ、同問題に詳しい中京大学の大内裕和教授が実情を紹介した。

成績優秀者などで無利子に貸与される第一種より、多くは利息付きの第二種。たとえば、毎月10万円借りれば利率3%で返還総額は646万円。毎月27,000円となり完済まで20年かかる。非正規労働にしか就けない若者に返せるわけがない。返済の順が延滞金、利子、元金なのでいつまでたっても元金が返還できない」と指摘。「ともに奨学金を借りていた大卒の二人が結婚すれば夫妻で1,300万円近い借金を抱えることすらある」と話した。

 また、「年配の人があまりにも実情を知らない。いまだに『それなら国立大学に行けばいい』などと言ったりする。(中略)

 若者をとりまく惨状について大内教授は「1984年の中曽根政権での日本育英会法改正で有利子制度導入後、橋本政権で無利子枠を拡大、小泉政権で日本育英会を日本学生支援機構にした。奨学金制度の悪化はここ数年で激変し、新自由主義の深まりと同時進行」とした。元高校教師で大学へ通った息子が奨学金を借りたという新原三恵子さんは「実際はローンなのに奨学金という名前で勘違いさせられている。こんな実態を高校教師すらよく知らない」と話した。

 聖学院大学の柴田武男教授は「学生支援機構はサラ金よりも悪質とも言えるが、日本育英会が母体で国民が信用してしまっている」と指摘した。2010年の利息収入は232億円、延滞料37億円。金の行き先は原資に無関係な銀行と債権回収会社なのだ。奨学金制度の闇をあぶり出すときだ。

***抜粋終了***

最近聞いた知人の娘の話。
知人の娘は大学生で、月に相当な金額の奨学金を借りています。
彼女いわく「私、結婚するならお金持ちがいい。結婚したら私の奨学金を全部払ってもらうのo(^▽^)o」

彼女の本心かどうかはわかりませんが、奨学金が自由な恋愛を制限しているとはいかにも悲しいですよね。そんな条件のいい人が都合よく目の前に現れるはずありません。
だから晩婚化につながり、少子高齢化へと続くのです。
森まさこ少子化大臣、手を付けるべきはここでしょう!
DATE: CATEGORY:日々のつぶやき
年末が近づくにつれいつもお客様からお電話をいただきます。
「今年の年賀状は何枚にしますか?」
そうです。お客様のご子息が勤務する郵便局のノルマをこなすためのご協力なのです。
お客様曰く「これだけ多くの人に協力をお願いしても結局はノルマをこなしきれずに最後は自腹。なんだかな~」

***BLOGOS11/18より抜粋***

年の瀬も間近となり、あちこちで年賀はがきの販売が始まっている。そんな中、11月17日の朝日新聞では年賀はがきの「自爆営業」の実態を伝える記事が報じられ、ツイッターや各種ネット掲示板で話題になった。

記事では年賀はがき1万枚のノルマに苦しむ日本郵便の非正規社員男性が、はがきを金券ショップに転売する様子が紹介されている。アルバイトや契約社員だけでなく、正社員にも4000枚の販売ノルマがあるそうだ。

こうした過酷な販売ノルマと「自爆営業」がはびこる日本郵便に対し、

「日本郵便がブラック企業化しつつある」
「年賀状の需要が落ちているのに、ノルマは昔のままというのがおかしい」

と、ネット上でも批判と疑問の声が上がっている。
(中略)
「不必要な商品や時代のニーズにあっていない商品に対してもノルマが課せられており、自爆営業をおこなうことがある」(20代後半・男性)
「厳しい局長のところはみんなが萎縮してしまってお喋りもしづらく、ピリピリした空気になる。ノルマやカタログ販売が厳しかったり、時には自爆もあります」(20代後半・女性)

企業である以上、営業ノルマがあるのは当然だ。しかしネットに押されて需要が減り続けている年賀はがきにまで大量のノルマを課すのは、やはり理不尽と指摘せざるをえないだろう。

100万円の売上に対し、インセンティブはたったの…
年賀はがきのほかにも暑中見舞いや記念切手、カタログのお歳暮、ゆうパック、かんぽ生命保険など多くの商品にノルマが課せられており、正社員・非正規社員を問わず、現場の人々はその達成に四苦八苦している。

それでもノルマ達成によって適切なインセンティブが得られるのなら、まだ救いがあるのだが、近年ではそれも難しいようだ。

「ゆうパックにもノルマがありますが、見返りが悪いのも不満点です。自分の知り合いは営業がうまく、物販において100万円以上売上を上げたのですが、それに対するバックはわずか3000円。営業に対する手当の悪さは営業業界で随一かもしれません」(20代前半・男性)
「渉外営業は年々ノルマが20パーセント程度増加しており、ノルマに対しての報酬としては年々満足できるものではなくなっている」(20代後半・男性)


社員を「自爆」させて延命を図っているならば、未来があるとは思えない。だがそれでも自爆する社員が後を絶たないのは、「その企業で働く権利を買っているのだ」という厳しい指摘もある。この「自爆営業強制体質」には、持ちつ持たれつという面もあるのだろうか。

***抜粋終了***

郵便局で「販売ノルマ」があるのは、年賀状だけじゃなくカタログゆうパックなんかも有名ですよね。しかも郵便局員だけじゃなくバイトを含めて「販売ノルマ」が課されるようです。「郵便局の一番のお得意さまは、郵便局員である」って情けない噂まで聞こえてきます。
もし事実ならば、毎日我が事務所に郵便物を運んでくる郵便局員に一度聞いてみようかな~。
「自爆で買い取ったカタログゆうパック、安く買い取ろうか?」
我ながらサイテー!



DATE: CATEGORY:日々のつぶやき
会社勤めでありながら副業で不動産経営を営むお客様の税務相談でのこと。
ちなみにお客様は春に定年退職を迎えられ、今では退職金と不動産収入と年金で悠々自適の生活を送られています。

お客様「今度マンションを買い替えて、現金で買うことにしたのだけど、すると手持ちの現金が少なくなるから不安なんだよね。いくら手持ち現金あればいいかな?」
私「年金は月に○○円、不動産が月に○○円でしたよね。それで十分生活できますよね?」
お客様「贅沢しなければ十分生活できるね」
私「それでしたら3,000万円もあれば十分でしょう」
お客様「えっ!それだけでいいの?」
私「仮に月に5万円不足したとして預金を取り崩していったとしても、20年で1,200万円ですからね。まだ1,800万残ります。第一不足する状況にありませんよ。しかも無借金の賃貸マンション物件が2つもありますから、売ればいいじゃないですか。高級有料老人ホームの入居金になりますよ。しかも残すべきお子さんもいませんし。」

私の言葉を聞いてお客様は随分とホッとされたようです。
いくら手元に残せば安心するのでしょうか。そもそも心配性な方が多すぎるような・・・
というよりも裕福な環境にある人まで将来に不安を抱くこの日本を憂うべきでしょうか。
DATE: CATEGORY:日々のつぶやき
先日のニュースで、「伊勢エビ高騰」との報道を見たのですが、その高騰する理由が、「今まで外国産ロブスターを伊勢エビと称して提供していたホテル、飲食店が本物の伊勢エビを一斉に買い求めたから」とのこと。
なるほどね~、どれだけ偽装が蔓延っていたのか推して知るべしですね。

***BLOGOS11/18より抜粋***

食材偽装問題とインフレの予期せぬ関係

■食材偽装問題の本質とは何か?

 なぜかこの時期、次から次へと発覚した高級ホテル等の食材偽装問題。ここまでの経緯を見る限りでは、食材の偽装を全く行っていない業者の方がむしろ珍しいのではないか?と疑ってしまいたくなるほどの異常な事態となっている。
(中略)

 一連の食材偽装が起こった原因は「デフレ」にあると述べている人もおられるようで、納入原価の安値競争によって必然的に産地を偽装する羽目になったという意見も聞かれる。そのくせ、高級(高給)ホテル側は、販売価格を値引きせずに利鞘を得ていたということらしい。これが本当のことであれば、まさに「身から出た錆」と言ったところだろうか。

■タレコミでしか発覚しない食材偽装

 かつての食品偽装にせよ、今回の食材偽装にせよ、それが偽装であることを見破ったのは、実際に食材を口に入れて味わった消費者達ではなく、「内部告発(タレコミ)」という他力であったというところは実に悩ましい。

 高級ホテルや百貨店で購入した偽ブランドの食材を口にして「さすがは○○産だ」と舌鼓を打っていた人々も、ここまで問題が大きくなると迷惑な話であり、中には「穴があったら入りたい」という人もいるかもしれない。偽ブランドであっても「美味しい」という場合は有り得るが、見栄を張って、味の違いまで評論していた人の味覚も本物ではなかったことが判明してしまったというわけだ。

 ミネラルウォーターやビールやお酒なら、ある程度は味が分かるという人は大勢いるが、高級食材などは、普段から頻繁に食べている人でない限り、味の違いなどはさほど分からない。田舎で新鮮な野菜などを食べれば、都会で販売されている野菜とは明らかに味が違うことが分かるが、初めて食べるような珍しい食材の場合、新鮮かどうかは判断できても、味の違い(美味い・不味い)などは、実はほとんど分からない。仮に味の違いが分かったとしても、ブランドものだからといって、必ずしも万人が美味いと感じるわけではないので真贋を見分けるのは至難の技ということになる。

 となると、食材偽装を食い止める手段は、基本的には業者のモラルに頼るしかないわけだが、現代のような仕入れ業者がデフレ病【モノが安くなることを当然とする病】を患ったような過剰な価格競争社会では、納入業者は仕入れ業者の言いなりに成らざるを得ず、結果的に偽装に手を付けてしまうという「貧すれば鈍する」状態に陥ってしまうことになる。
(中略)
 
■食材偽装問題発覚によって齎されるインフレ

 しかし、今回の食材偽装問題が改善されることになったとしても、それによって齎されるものとは、結局、商品の値上げに他ならないのではないかと思う。デフレ・スパイラルに対応するために水面下で行われていた食材偽装は、その偽装が暴かれたことによって、商品価格は騰がる(つまりインフレになる)という皮肉な結果を生み出すことになる。 

 もっとも、正真正銘の本物商品を提供していたホテルもあるだろうから、デフレに対応するためと言うより、デフレ下で高級(高給)ホテルのブランドを維持するために行われていた偽装と言った方が正解かもしれないが。

 いずれにせよ、今回の食材偽装の発覚は、デフレによって本来の市場価格以下になっていた商品価値(偽物にすることによって保たれていた商品価値)が適正価格に戻っていくことを意味しており、そのこと(値上げすること)を消費者が批判できない空気が暗黙のうちに醸成されたということを意味している。

 恥を承知の謝罪会見での「…申し訳ございません」という言葉の前には、実は「デフレ価格を止めることになりますが…」という言葉が隠れているような気がしてならない。だからこそ、我も我もと謝罪する業者が出てきたとも考えられる。その姿はまるで、「もう我々はデフレのための無意味な価格競争はご免被ります」と言っているかのようでもある。

 日本のインフレ化への伏兵が、実は食材偽装問題が発覚するという事態の中にも潜んでいたということを、一体誰が予想できただろうか?

***抜粋終了***

インフレの足音が偽装食品問題から聞こえてくるとは予想外でしたね。
まさかデフレからの脱却とインフレを目論むアベノミクスの一環ではと穿った見方も出来ますかね。もちろん政府関係者のタレコミで・・・

ある飲食関係者が言っていました。
「偽装するのも、ある意味、バレないようにする企業努力が必要なわけで、今回バレたのは企業努力が足りなかっただけのこと。」
う~ん、偽装することを企業努力と考える飲食関係者がまだまだたくさんいるようです。
DATE: CATEGORY:政治
土曜日にお客様からの要請で初めて国会議員の講演会及び懇親会に参加させていただきました。
それは現役大臣の下村博文文部科学大臣の講演会及び懇親会です。

小さな体でどこにでもいる気さくな雰囲気を漂わせながらも、話し始めるやいなやさすが現役大臣。
聴衆を引き込む話術は長けていますね。たった2枚のレジュメなどほとんど見ることなく、自らの教育再生にかける思い、持論を1時間ほど淀むことなく訴える様は圧巻です。

その中でも印象的な話、どこかでネタとして使えそうな話だけを備忘録代わりにメモしておきましょう。
1.これからの社会に求められる3つの能力
①リーダーシップ能力
②クリエイティブ能力
③思いやり、慈しみなどの感性を持った人間力

2.文部科学大臣と東大関係者の会話のエピソード
現在の日本の最も偏差値の高い大学は東大医学部(注:帰ってから調べたら偏差値79。79ってどんだけ~)。
しかし高偏差値であるにもかかわらずノーベル賞受賞者は一人もいない。しかも学生の7割は変わった人。
その変わった人たちに対しても国の税金が年間600万円以上投入されている現実がある。

3.大学入試改革
上記高偏差値の7割が変わった人であるという事実から、入学試験1点で何百人がボーダー上で争うような知識偏重型試験から、グローバル社会に対応できる多様な能力を評価する入学試験への改革が必要。

記憶に留めておくべきことはこんなとこでしょうかね。
あれ?実際にメモに書き出してみるとあまり面白い内容にならないな~。
講演会の時には「へ~そうなんだ!」と感心して聞いていたのですが・・・
聞いた内容をそのまま表現できない文章力に問題があるようです。

いずれにせよ未知なる体験にお呼びいただいたお客様には感謝ですね。



DATE: CATEGORY:ダイエット
今日でダイエットスタートしてから92週間たちました。

ダイエット方法は、ただ単にこのブログに毎週土曜日夜に測定した体重を書き込むだけのゆるゆるダイエット。公開することでダイエットの意識付けを図り、自然と食事の量も減り、多少は歩くようになるのではと期待しています。

現在続けているダイエットは、
①朝晩の白米の量をお茶碗の1/5ほど減らしています。 
ご飯は100gあたりのカロリーが約170kcalなのでお茶碗一杯は大きさにもよりますが
通常120g~150gあるので200kcal~250kcal位になるそうです。
ということは1日に80~100Kcal減る計算です。
お茶碗1/5位なら苦労なく減らせます。
②83週前から始めた筋トレ、名付けて「川島メソッド」を仕事の合間に20回を2~3セット今も続けています。
「川島メソッド」とは、上腕・胸筋・腹筋を同時に鍛えるというオリジナルの筋トレです。
会社内の椅子(肘掛付き)に深く腰掛け、両側の肘掛部分を掌で持ち、上腕だけで体を宙に浮かせます。そこから上下に動かすこと20回。しかも体が宙に浮いたら、足を前に突出したまま上下動します。
体操競技の吊り輪の「十字懸垂」のまま足を前に突き出す状態。
これは効きますよ。これだけで鍛えたいところはすべてOK。

さて先週は68.5Kgでしたが、67Kg台になんとか戻したいのですが・・・

今週の体重は・・・

体重67.5Kg  先週68.5Kg 開始時70Kg
体脂肪18.6% 先週18.2% 開始時19.3%

やりました~~。
たった1週間で1Kgの減少。先週が大きなリバウンドだったので今週は食生活には気を付けたのですが、
まさかここまでの結果が出るとは思いもしませんでした。
1週間で1Kgも減ったのは多分初めて。
でも残念なことに、これをやったから結果が出た、と言うことではないんですよね。
食生活は気を付けたものの、プールにも行っていない、ジムも運動もやっていない・・・
ただひとつ、仕事が忙しかっただけ・・・
えっ!てことはここ最近の体重増加は仕事がヒマだった・・・いやそんなことはないですよ。
やはり食生活だけで戻ったのでしょう。
であればやはり週に3回も食したラーメンしか原因が思い当たらない。
よし!今週も禁ラーメンでいきますか~

ゆるゆるあせらずダイエット、次週も続けていきますか~~
DATE: CATEGORY:日々のつぶやき
いやー今日は久しぶりに寝坊しました。
ここのところ朝から夜まで予定がびっちりで疲れていたこともあるんでしょう。
9:30まで全く目が覚めませんでした。
起きてすぐに食事をし、ふとテレビを見ると、土曜日の朝にふさわしくないバラエティー番組が・・・
明石家さんまやダウンタウン、ナインティンナインなどのお笑いバラエティー番組です。

私が好んで見るテレビ番組は決まっています。
「ニュース番組(報道番組含む)」「サッカー日本代表戦」「お笑い番組」
妻が嫌いな番組のオンパレードです。妻からはいつも言われます。
「もっと満遍なく見ないと、偏った人間になるよ!」

朝寝坊して急いで出かける準備をしないといけない時間帯にバラエティー・・・もちろんテレビの前にチョコンと座り約1時間。それでも足りずにトイレにまでスマホを持ち込みワンセグで続きを。
傍らでは妻が忙しそうに、洗濯に掃除と走り回りながらも幾度となく嫌味を・・・

てなことで午前中に何もしないまま昼を迎えてしまいました。
う~ん、「いつも時間がない、時間がない」等と口癖のように言っていましたが、こんなところで時間を費やしていたとは・・・たまにはお笑いも必要ということで午後から頑張りましょう。
DATE: CATEGORY:税金
11月1日のカキコ(ふるさと納税)で「ふるさと納税」をすることを宣言していましたが、翌日すぐに実行しました。
納税したのは、本ブログでもご紹介した鳥取県米子市と長野県下伊那郡阿南町。
と言っても阿南町はまだパンフレットを請求しただけの段階ですからまだ納税したとは言えませんけどね。

米子市に対する納税は簡単でしたよ。米子市のホームページからクレジットカードで納税が出来るんです。必要事項を書き込むだけ。11月2日に納税したら、2日前には6,000円相当の「米子市民パック」(寄付者全員に)と5,000円相当(10,000円寄付者)の「大山ハムの詰め合わせ」が届きました。
「米子市民パック」は米子市の施設・飲食店だけでしか使えない無料券・割引券もあることから実質6,000円相当とは言えませんが、それでも「どら焼きや」「大山のお水」等も含まれており、なかなかのお得感。
金額だけで言えば、10,000円の寄付で、8,000円の控除を受けることが出来ることから、実質2,000円の負担で11,000円相当の米子商品をゲットしたことになります。

一方阿南町の寄付は、10,000円の寄付で20Kgの阿南町産のお米をゲットできるのです。
阿南町のお米がいくらかは知りませんが、スーパーで買えばやはり7000円くらいでしょうか。
これも実質2,000円の負担で、7,000円相当の20Kgのお米をゲットできると思えばこれもずいぶんとお得です。
阿南町の「ふるさと納税」はあまりの大人気にパンフレットもお米の発送がずいぶんと遅れているようです。
そりゃそうでしょう。このお得感は堪りません。

まあこれからは一納税者として両自治体の動向はチェックしていかなければ・・・
ちなみに昨日お客様と「ふるさと納税」の話をしていた時に発覚した事実・・・私は米子市を島根県だと思い込んでいました(恥)。
DATE: CATEGORY:日々のつぶやき
「還元率の最も悪いギャンブルは宝くじである」ことはよく知られています。還元率で45%ほど。
つまり45%ほどが配当に回され、残りは胴元である国や自治体に入る仕組みになっています。
とは言え、先の見えてる庶民にとっての一攫千金の夢は、やはり宝くじ。やめられまへんな~

***ヤフーニュースジャパン11/13より抜粋***

11月22日から発売される年末ジャンボ宝くじの1等と前後賞を合わせた賞金が、これまでの6億円から7億円に引き上げられることになりました。宝くじの売上げが2005年度の約1兆1000億円をピークに頭打ちになり、このままでは自治体に十分な分配ができなくなるというのが理由です。

 とはいえ賞金額が引き上げられても、売上げの5割という胴元の法外な取り分を減らすわけではないので、必然的に当せん確率は低くなります。いまですら宝くじで1等が当たる確率は交通事故で死ぬ確率より低いのですから、まともに考えればこんなものは買うだけ無駄です。こうした批判を意識してか、賞金額を10分の1にする代わりに当せん確率を10倍にした「ジャンボミニ」も発売するそう(中略)。

 宝くじの売上げが低迷するのは、新興のサッカーくじに追い上げられているからです。

 そのサッカーくじは、東京五輪開催決定を受け、競技場新設とスポーツ振興の掛け声のもとに、1等7億5000万円、当選者がいない場合のキャリーオーバーは最高15億円になることが決まりました。

 日本の宝くじは期待値が5割以下で、世界でもっとも割の悪いギャンブルです。そのため経済学者はこれを「愚か者に課せられた税金」と呼んでいますが、この国では自治体関係者とスポーツ関係者が“愚か者”の財布を奪い合っているのです。

 サッカーくじは今年12月から、Jリーグなどの国内リーグだけでなく、イングランド・プレミアリーグなど海外の試合も賭けられるようになります。これまでは3月から11月ごろまでしか発売できなかったものが、これによって通年販売が可能になり、売上げ1000億円を目指すのだそうです。

 サッカーくじはファンが試合結果を予想して楽しむためのもので、ヨーロッパでは広く親しまれてきました。2001年にJリーグが発足すると、「日本にサッカー文化を育成する」という大義名分でtotoの発売が開始されましたが、当初は売上げがまったく伸びませんでした。「試合結果を予想する」という仕組みが、一般の宝くじ愛好家にとってはただ面倒くさいだけだったからです。

 そのためサッカーくじを運営する日本スポーツ振興センターは、03年に1等当せん金の最高額を6億円に引き上げたBIGを発売します。BIGはtotoと違ってコンピュータがランダムに試合結果を予想するので、買い手はなにもする必要がないのが特徴です。
(中略)
BIGを買うひとはJリーグにもヨーロッパサッカーにもなんの興味もなく、賞金額の大きさに射幸心を煽られているだけです。

 宝くじの当せん金引き上げ競争は、いったんお金が入り既得権ができあがると、当初の高邁な理想などどうでもよくなることをよく示しています。(後略)

***抜粋終了***

その他の公営ギャンブルは(競馬、競輪、競艇等)還元率が75%ほどですから、宝くじの胴元がいかに庶民の夢を煽りながら庶民のお金を搾取しているかがわかります。
公営ギャンブルで家庭を壊した人の話をよく聞きます。しかしそれ以上にタチの悪いギャンブルをやめられないのが人間の性。「愚か者に課せられた税金」と言われようが宝くじはやっぱりやめられまへんな~
DATE: CATEGORY:日々のつぶやき
昨日の午後は、次男の通う高校のPTA理事会。
昼過ぎに始まり、夜の懇親会まで長時間にわたって先生はじめ保護者の方と意見交換ができ、非常に有意義な時間を過ごすことが出来ました。

さて懇親会でのお話。
参加者は教職員含めて80名近く。校長先生、私を含めPTA本部役員はあらかじめ場所が決められ、その他の理事の方々はくじ引きで座る場所を決定したのですが、私の周りには何故か1年前の理事会懇親会とほぼ同じメンバーが座っているのです。
「あれっ!昨年も同じでしたよね。これってくじ引きですよね?」と確認しましたが、やはり偶然とは恐ろしいもの。4人のうち3人が同じメンバー。
それでも楽しく会話を楽しんでいたら、会話の所々に「川島さん、そう言っていましたよね」「川島さん、○○でしたよね」「川島さん、○○の件はその後どうなりました?」等など、私が1年前に話した内容を皆さんよく覚えているんですよね。私にとっては「そんなこと言ったっけ?」ってことばかり。
私などは人の名前も顔も話した内容も最近ではすぐ忘れてしまいがち。話す内容はいつでも自分にとっては新鮮なつもり。久しぶりに話す人にとっては話の繰り返し。
げっげ!こりゃいかん!
脳の老化を実感。
最近では、メモは何でもかんでもエバーノートに入力しているんですけどね・・・さすがに仕事とあまり関係のないPTA内での世間話までは入力していません。
やはり脳トレで若々しさを保つしかありませんね。トホホ・・・
DATE: CATEGORY:金融・経済
本屋さんの醍醐味は、やはり立ち読みの楽しさですよね。
雑多な種類の本を、パラパラとめくり、様々な情報に触れる・・・そんな楽しさは本屋でしか味わえませんよ。

***BLOGOSより抜粋***

(前略)日本著者販促センターの調査によると、2013年5月時点での国内の書店数は1万4241店。1999年には2万2296店だったから、この15年間で8000店以上も減ったことになる。

帝国データバンクの「出版業界 2012年度決算調査」では、2012年の売上高トップは紀伊國屋書店で約1081億円。次いでブックオフコーポレーションの586億円、ジュンク堂書店と有隣堂が513億円と並ぶ。

数字だけみると大きく見えるが、売上トップ10社のうち6社が前年比で売上減。うち3社は2年連続減収だ。数少ない増収の有隣堂もわずかプラス1.3%で、2011年度には前年比マイナス6.5%だった。

「立ち読み」や「偶然の出合い」でもネットに劣る

ある出版社では、10年も前から「これからの書店は、よほどの特色がないと難しいよね」「これから書店に就職する人は、どんな人なのだろう」と囁かれていたという。(中略)

リアル書店低迷の原因として「ネット書店の台頭」を指摘する声は多い。最大手のアマゾンは、2012年の日本国内の売上だけで7300億円超だ(米アマゾン本社の年間報告書より)。仮に4割が書籍・雑誌の売上だとしても2190億円にも上り、上位数社分を占める。

リアル書店のよさは、立ち読みができることや、本との偶然の出会いが期待できることだ。しかしいまでは書評ブログで本の魅力が語られ、目次構成は出版社のホームページでも公開されている。

オススメの類書もレコメンド(推薦)機能で自動的に表示されるので、在庫を抱えていない小さな書店よりネットの方がよほど出会いが多い。

ネット書店の方が利用者にとってメリットが多い限り、書店不況の原因は自らの改善努力不足によるものと言っていいだろう。

もうひとつの根深い問題が、リアル書店や出版業界自体が長年抱えている構造的な「流通制度」である。

書籍・雑誌は「出版社→取次会社(卸業者)→書店」のルートを経て読者の手元に届く。取次会社が店舗規模や過去のデータ、地域特性などを考慮し、どの書店にどの本をどれくらい「配本」するかを決めるのだ。

これを「パターン配本」と呼ぶが、書店の仕入れ作業は効率化するものの、取次会社任せの仕入れになるため、本の品揃えで独自色を打ち出すことができなくなる。出版社側が「この書店にこの本を○部配本」と指定する「指定配本」もあるが、全国すべての書店を把握することはできない。

また、パターン配本は必ずしも平等に行われるわけではない。大型書店には話題の小説が大量に平積みされているのに、地方の零細書店には1冊も配本されないという事態も起きる。店頭注文しても取り寄せまでに1~2週間かかることはザラなので、読者が離れていくのは当然だ。

ただし、新しい考え方で書店を再生させようという試みも見られる。東京・港区に店舗を構える老舗書店の山陽堂書店は、2011年から店内にギャラリースペースを設置。絵画の展示会やトークセッションを開催し、居心地のいい空間づくりでファンを増やしている。

また千葉市にある中島書店では、県産野菜を店内で直売。野菜のレシピ本も併せて販売していることから、地域の主婦層に人気だ。ただ本を並べているだけの楽な商売では、業界が成り立たないのは以前から言われていたこと。工夫できるところとそうでないところの差が、ますます広がっていくのだろう。

***抜粋終了***

アマゾンは私もよく利用しています。便利ですよね~。
でも本に限って言えば、買うことをあらかじめ決めている本しかアマゾンでは買いません。
やはりデジタル人間にとっては、本を手に取って、ぱらぱらとめくりながら、内容を拾い読みして買いたいものです。
また本屋さんには、色々な情報が詰まっています。棚から棚へ渡り歩き、本の表紙を拾い読みするだけでも世相を知ることができます。そんな楽しみ方はアマゾンでは出来ません。
ちなみに私の事務所の半径200m以内には、中規模の書店が2軒あります。もちろん私は入り浸りです(笑)
DATE: CATEGORY:税金
坂東英二の涙の謝罪会見を朝のワイドショーで何気なく見たら、「カツラは経費だが植毛は経費とは認められない」等と真面目顔で話しているではないですか。
思わず吹き出しそうになりました。

***日刊スポーツ11/11より抜粋***

個人事務所が名古屋国税局から約7500万円の申告漏れを指摘され、芸能活動を休止していた元プロ野球選手でタレントの板東英二(73)が10日、大阪市内で会見し「私自身が税について無知だったことが原因」と涙を浮かべ謝罪した。申告漏れの一部について「約20年間している植毛が経費で落ちると思っていた」と説明した。架空外注などについては否定した。板東は復帰への意欲も見せたが、オファーはない。

板東は小さく会釈をしながら登場。昨年12月に申告漏れが発覚して以降、初の公の場。約45分間の会見中は終始目を潤ませた。「私個人のお金と事務所のお金を1人の経理が管理していた。公私混同というかどんぶり勘定のような状況。認識の甘さと、税に対する考えの浅はかさを痛感しています」と沈痛な面もちで、具体的な説明をした。

個人事務所「オフィスメイ・ワーク」(名古屋市)の申告漏れのうち約5000万円は取引先への架空外注費などによる所得隠しとされ、その手口が問題視された。だが同席した河原誠弁護士は「架空外注費、架空貸し付けを税務署が認定したことはございません」と否定。「見解の相違」はあったが、すでに修正申告、納税をすませたとした。

板東は「見解の相違」について「約20年近く、植毛をずっとやってまいりました。経費で落ちると思っていた」と“秘密”を明かし、植毛費用を経費としていたと説明。「カツラが経費として落ちると聞いていたので、当然植毛もと思っていた。今回の調査で植毛は美容整形と同じだと、初めて(経費にならないと)分かった次第です。それが大きな見解の相違の中の1つ」と釈明したが、金額は明かさなかった。一般的には、本数にもよるが約100万円が相場で、1000本単位になると400万円以上にもなるという。
(後略)

***抜粋終了***

私も芸能人の顧問先がないことから、芸能人のどこまでを経費として認めるかについては詳しくありませんが、まさかかつらが経費とは・・・。
必要経費を簡単に言えば、「収入を得るために直接要した費用」のことを言います。
板東英二に照らせば、タレント収入を得るためにはかつらが必要かどうかが問われることになります。
すなわち板東英二のキャラクターを演じるのに、かつらは欠かせないのか・・・ いや薄毛でも構わないような気がしますが・・・。
かつらの方が、収入を得るには有利なのか・・・いや薄毛でも構わないような・・・
なんて考えだしたら、芸能人だから一律にかつらはOK,植毛は不可ての結論も随分と曖昧な気がします。
私もかつらを考えてみようかな・・・もちろん経費で(笑)
DATE: CATEGORY:未分類
今日でダイエットスタートしてから91週間たちました。

ダイエット方法は、ただ単にこのブログに毎週土曜日夜に測定した体重を書き込むだけのゆるゆるダイエット。公開することでダイエットの意識付けを図り、自然と食事の量も減り、多少は歩くようになるのではと期待しています。

現在続けているダイエットは、
①朝晩の白米の量をお茶碗の1/5ほど減らしています。 
ご飯は100gあたりのカロリーが約170kcalなのでお茶碗一杯は大きさにもよりますが
通常120g~150gあるので200kcal~250kcal位になるそうです。
ということは1日に80~100Kcal減る計算です。
お茶碗1/5位なら苦労なく減らせます。
②82週前から始めた筋トレ、名付けて「川島メソッド」を仕事の合間に20回を2~3セット今も続けています。
「川島メソッド」とは、上腕・胸筋・腹筋を同時に鍛えるというオリジナルの筋トレです。
会社内の椅子(肘掛付き)に深く腰掛け、両側の肘掛部分を掌で持ち、上腕だけで体を宙に浮かせます。そこから上下に動かすこと20回。しかも体が宙に浮いたら、足を前に突出したまま上下動します。
体操競技の吊り輪の「十字懸垂」のまま足を前に突き出す状態。
これは効きますよ。これだけで鍛えたいところはすべてOK。

さて先週は67.8Kgでしたが、なんとか67Kg台をキープしたいのですが・・・

今週の体重は・・・

体重68.5Kg  先週67.8Kg 開始時70Kg
体脂肪18.2% 先週18.6% 開始時19.3%

またいつも通りのリバウンド。
先週やっと67Kg台に戻ったと思ったらたった1週で68Kg台にカムバック。
なんだかな~。

今週は仕事が忙しくまったくプールに行っていないのもリバウンドの理由ではあるのですが、実は思い当たる理由がもう一つ。
今週だけで3回もラーメン屋さんに通ってしまったのです。カロリーたっぷりとんこつラーメン・ハイカロリーのカレーラーメン・汁までおいしい白ゴマ坦々麺を堪能しました。
ダイエット始めてからこんなにまとめてラーメンウィークを過ごしたことは初めてです。
今まで炭水化物を我慢してきた反動か・・・無性に食べたかったのです。
友人・知人がおいしそうなラーメンの写真をフェイスブックにアップするたびに、いつか食べてみたい欲望が・・・耐えきれませんでした。
でもまとめて食べたおかげで「ラーメン大好き小池さん」状態からちょっと脱したようです。
来週はラーメンを食べません。

ゆるゆるあせらずダイエット、次週も続けていきますか~~
DATE: CATEGORY:日々のつぶやき
疲れた心と胃袋を癒すマイスウィートスポット「コメダ珈琲店」。
打ち合わせやら時間調整によく利用しているのですが、まさかのメニュー偽表記問題。
いつも混んでいる店内が、これでお客さんが減ってくれたらもう少しリラックスできるかも、とコメダ関係者からすれば良からぬ期待。

***Jcas11/6より転載***

名古屋市を中心に展開する喫茶店「コメダ珈琲店」などを運営するコメダは2013年11月6日、店舗で使用しているメニューブック、公式サイト等の表記について、一部不適切なものがあったと発表した。

コメダ珈琲店ではウインナーコーヒー、スペシャルコーヒー、ココアに「生クリーム」を使用していると表記していたが、実際は「ホイップクリーム」だった。また、チョコレートケーキは「自家製チョコレートクリーム」と表記していたが、委託先が製造したクリームを使用していた。

甘味処の「おかげ庵」では、ココアに「生クリーム」ではなく「ホイップクリーム」、100%みかんジュースは「みかん」ではなく「オレンジ」を使用していた。

***転載終了***

偽表記問題の翌日もいつものごとくコメダで時間調整。あまり偽表記問題は影響していない混み具合。
隣の席には子連れのママとおばあちゃん。
子供がココアを飲むと、「おいしい!」と喜びの声。
だよね~。コメダのココアおいしんだよね~。
生クリームじゃなくてもおいしいものはおいしいのにね~。
厚手の化粧ほど醜いものはないことを知らないのかな。
DATE: CATEGORY:日々のつぶやき
お恥ずかしい話、最近の私の口癖は「忙しい、時間がない」。
自らの処理能力の無さを、公言して歩いているようなもの。
そのような意識から時短関連製品・アプリには常にアンテナを広げているのですが、LINEを仕事に利用しているというのはあまり聞いたことがありませんでした。
もし使えるのなら多少は時間が確保できるのかも・・・

***ヤフーニュース11/6より抜粋***

(前略)破竹の勢いで普及していくLINE。今回はこのLINE(ライン)を利用して、どのように仕事やマネジメントに役立てるかについて解説します。(中略)

「LINEは(中略)友だち同士でやり取りして楽しむもので、仕事で使うものではない」と思い込んでいました。「スタンプ」には可愛らしいものが多く、ビジネスの雰囲気にそぐわないように思えましたから。ところが試しに使ってみると意外とそうでもないのです。今では組織のマネジメントをするにあたって、LINEは手放すことのできないコミュニケーションツールになっています。

LINEでビジネス活用する機能は2つだけ

LINEで使っているのはメッセージ機能とグループ機能の2つです。部下と私とでグループを作り、そのグループ内で用件を短文メッセージに書いて送り合う。基本はこれだけ。グループは私たちが関与している商談、コンサルティング案件、セミナー企画など、プロジェクトごとに作っています。

(中略)同時並行でかなりの数のプロジェクトを抱えているので、グループの数は結構あります。「人」単位ではなく、「グループ」単位でメッセージをやり取りすると、有益なことがたくさんあるからです。

それではLINEを仕事で使ううえでの、3つのポイントを最初に整理しておきます。

1)単純接触効果

2)エレベーターピッチ

3)備忘録

単純接触で信頼関係を構築する

テレビCMに代表されるように、人はある物事とシンプルな接触を繰り返すと、無意識下において刷り込まれていき、いつのまにかその物事と信頼を構築していきます。この心理効果を「単純接触効果」と呼びます。LINEの特徴は何といってもその手軽さにあります。すぐに、誰でも、簡単にメッセージを送ることができます。だからこそ使っているとコミュニケーション相手と単純接触効果が生まれやすいのです。電子メールとの差は、まさにここにあると言えるでしょう。


「東京駅を出ました。10時にエントランスで待ちます」

「はい。いま駅弁たべています」

「駅弁もいいけど、見積り資料は3部印刷した?」

「大丈夫です。私は9時半に到着予定。スタバで時間つぶします」

「どこのスタバ?」

「北口出てすぐ左です」

「ならスタバに寄ります」

「今日の商談、決めましょうね」

「もちろん。電車の中で提案書を見直しておきます」

こんなやり取りをスピーディにできます。電子メールで書く内容は、事務的用件に偏りがちで、かつメールの編集にはいろいろと決まりがあるため、メールを書くのにも時間がかかり、手軽とは言えません。(中略)

また、単純接触効果を生みだす重要なポイントは、アイコンです。自分のアイコンには、必ずご自身の写真を設定します。(中略)笑顔で撮影されたものにしましょう。

グループごとにアイコンを作成できるので、そのグループテーマ(プロジェクト)に合った写真や画像にすることも必要です。ある会社の商談に関するグループであれば、その会社のロゴをアイコンにしたり、中心メンバーの顔写真をグループのアイコンにする手もあります。こうするとアイコンを一目見れば、何のプロジェクトなのかすぐ判別できます。

スタンプも積極的に利用していきます。「受注できました!」「今日の仕事終了!」の一言に、涙を流しながら大声で叫んで喜んでいるキャラクターのスタンプが添えられていると、相手の気持ちが瞬時に伝わってきます。文章だけのメッセージ、あるいは記号で構成された顔文字とは比べものにならないほどのインパクトがスタンプにはあります。
(中略)

2つ目のポイント「エレベーターピッチ」。

LINEのメッセージを書く際に意識していただきたいのが、短い文章を書くようにすることです。強制的に短くすると、一つひとつの文章にスピード感が出てきます。すると相手は読んだ後に「すぐ返信しなくては」という気持ちになりやすい。

スピード感のあるLINEのメッセージとは、例えば次のようなものを言います。

「A商事から問合せあり。大至急、部課長と打合せしたい。来週火曜の朝8時半からはどう? そこ以外スケジュール隙間ゼロ」

「エレベーターピッチ」という言葉を聞かれたことがあるでしょうか。エレベーターで目的の階に着くまでのわずかな時間(数十秒から1分以内)で、自身のビジネスプランの魅力、優位性を投資家に伝えることを指します。(中略)短い時間でポイントを正しく伝えることの大切さを表現した言葉です。話が長い人ほど要点がわかりづらくなる、ということは確かにあります。また、文章を短くできない人は電話に頼ろうとします。伝えたいことを整理できないので、「話したほうが速い」と思い込むのです。LINEのメッセージを使って、頭を整理し、短い文章を書く力を鍛えましょう。

LINEはタスク管理にも使える

私がグループ内でやり取りするメッセージは、業務連絡や相談、指示などがメインです。しかし、たまにメモもあります。部下と面と向かって話し、そこで決定したことも「備忘録」としてメッセージを送ります。グループごとにメモやタスクを残しておけば、全員で共有できます。

たとえば「A商事のM商談」というグループがあったとして、その商談を管理するうえで部下と一緒に決めたことをメッセージで流しておくのです。

「11月17日までに決裁者プレゼン資料をS主任が作成。表紙・目次・背景・現状データと分析・課題まとめ・解決策・工程表・見積りの8ページ構成。19日までにN課長がチェック」

そうすると、グループ内メンバー全員にそのまま伝わりますので、「報・連・相(ほうれんそう)」を怠るミスも避けられます。

LINEのセキュリティは十分に配慮する

LINEというツールは便利ですが、両刃の剣でもあることは覚えておく必要があります。セキュリティの面もそうですし、LINEにはまりすぎてしまい、仕事と直接関係がない人とのメッセージ交換を増やしてしまう人が出てくることも問題です。(中略)

シンプルであるからこそ「単純接触効果」が働き、はまりやすいという罠があります。LINEを使って上司と部下とのコミュニケーションに「はまる」ことができれば、組織が活性化することも間違いないかもしれません。ぜひチャレンジしてみてください。

***抜粋終了***

う~ん、書いている途中で気付きました。自分にとってはLINEのビジネス使用はないかな・・・
もともと携帯メール嫌いなんですよね。特に絵文字が使えない私がスタンプを使えるとは思えない。最近の女性や若者のように短文での文章もちょっと苦手。
グループメッセージのやりとりもあり得ない・・・
と言うことでここしばらくの口癖は、「忙しい、時間がない」。
DATE: CATEGORY:金融・経済
大須商店街に店舗を出しているお客様との会話。

お客様「消費税増税が決まったのっていつだったっけ?」
私「ずいぶん前のような気もしますが、安倍総理が正式に表明したのは10月1日でしたよ。」
お客様「表明してから大須商店街を訪れる人がガタ落ちしたよ。商店街の人みんながそう話しているよ。」
私「えっ!そうなんですか?逆に駆け込み需要で、来年の3月までは大須に来るお客さんも増えるのでは?」
お客様「違うよ。大須に買い物に来る人は、できれば安いものを手に入れるために大須に来るんだよ。消費税増税が決まった途端に、財布の紐を締めているよ。」

生の情報はありがたいですね~。私などは来年3月まではある程度の消費は活発だと踏んでいましたが、一刀両断されました。
お客様曰く「3月まで活発なのは高額商品のみ」だそうです。
DATE: CATEGORY:日々のつぶやき
昨日、今日と2日間にわたって岡崎市出張。
東名高速の上郷サービスエリアでの出来事です。

サービスエリアでトイレ休憩と時間調整のために車を止め、ネットで日本経済新聞をサーフィン中に、「ボコッ!」と何かがぶつかる異様な音が・・・
見ると集団でトイレに向かう高齢者の集団が、私の車のサイドミラーに当たった模様。
高齢者の数の多さに圧倒されてしばらく眺めていました。
高齢者があふれてくるその先を見ると、大型バスが6台止まっています。
前面窓には「〇〇県年金受給者協会」との文字が見えます。
平日の朝早くからの多くの団体旅行者に興味を抱き、急いで車から出て、その集団の渦に身を任せてみました。
何が興味あるかって?
どこから来て、これからどこへ行くか、どんな話題が出ているかについてです。いわゆる市場調査です。
これからは高齢者の消費がどこに向かうかで景気動向が把握できるのですからね。

よくよくそば耳を立てていると、おじいちゃんが同行している女性陣を今夜の宿での2次会に誘っている模様。
いわゆるナンパ。おばあちゃん方はどうも乗り気ではない様子。そこを押し切ろうとおじいちゃん方は「2次会は私たちが出すからね。」などと金銭で釣ろうとしている。
これでは若者達と変わるところがないですよね。いや、それ以上に直接的に金銭で押し切ろうとするところなんか荒波を乗り越えてきた高齢者ならではの力技。驚きましたね~。

結論!今の高齢者は非常に元気。私などは足元にも及びません。

DATE: CATEGORY:日々のつぶやき
妻の最近お気に入りのテレビ番組が日本テレビ「幸せ!ボンビーガール」。
貧乏だけれど幸せに暮らしている女性を紹介する番組です。
「お金がなくても幸せに暮らす女性をみるだけで自然と生きる勇気と希望が湧いてくる」・・・そんな番組です。
自分の立ち位置を確認し、今の生活の幸せを確認するための番組と言えるでしょう。

***ヤフーニュース11/4より抜粋***

 高収入を求めず、そこそこ働き自分の生活を充実させていく「プア充」という生き方を宗教学者の島田裕巳氏が提言し、注目を集めている。なぜ「プア充」が支持され、広がるのか。(中略)関西学院大学社会学部准教授で理論社会学を専攻する鈴木謙介氏(1976年生まれ)が解説する。

 * * *
 日本型雇用と日本人が共有してきた「成長のイメージ」は密接に関係していた。「正社員として入社し、定年を迎えるまで会社に勤めれば豊かになれる」という人生設計の階段(あるいはレール)が見えやすかった。(中略)

 ところが、今の雇用環境を見ると、安定した正規雇用の口が少ないだけでなく、仮に正社員の職を得たとしても「出世の階段」の意味が大きく変わってしまった。かつては出世して中間管理職になれば、ある程度は部下に仕事を任せる「マネージャー」業務が主であった。

 ところが、近年は出世をしたとしても求められるのは「プレーイング・マネージャー」の役割だ。自らも成果をあげながら部下を管理する役割を求められるようになった。ビジネス環境の変化に加え、不況で採用人数が減らされてきたため、部下に任せるだけでは業務が回らない。
 
 そもそも正社員になれない若者は言うまでもなく、正社員の若者も「出世は忙しさや辛さに直結するもの」ととらえるようになってきた。これまで幸せだとされてきたライフコースが敬遠されるようになったのだ。

 これだけでは単なる「プア」にも思えるが、さらに要素として加えられるのが「プアでもそこそこ充実した生活が送れるサービス・環境の拡大」という点であろう。デフレが20年も続き、企業は安くてそこそこ質の良い商品を提供する努力を続け、そうしたサービスの質は格段に高くなった。

 昼食に280円の牛丼を食べ、100円払えばTSUTAYAでDVDを借りられる。高級ワインは飲めないけれども、2000円もあればスーパーで売っている格安ワインや第3のビールを友人たちと飲んで楽しむことはできる。高級品・サービスとの差異がどんどん感じにくくなってしまった。

 各種調査を見ていると「これからは心の豊かさに重きをおきたい」と考える国民の割合は、1970年代からおおむね上昇傾向で推移してきた。だが、結局は1990年代頃までの「心の豊かさ」とは、優雅に高級ワインを飲むといった「お金で買うもの」であった。

 それが1990年代以降の長いデフレ期間を経て、「お金」と「心の豊かさ」が本格的に切り離されるようになってきた。「プア充」が拡大することの本質はそこにある。

***抜粋終了***

雇用者のうち非正規雇用割合は40%近くに上昇しており、パート・アルバイトで働く人々が雇用者のマジョリティーを占めるようになれば、「プア充」関連産業が成長するのは当然です。それこそ政府が目の敵にする「デフレ」こそが「プア充」に必須事項と言えるでしょう。
今後インフレが台頭すれば、より一層「プア層」が拡大し、一時の自らの立ち位置を確認する番組がもてはやされることになるのでしょうか。そんな時代に輝く徒花には寂しさを感じますね。
DATE: CATEGORY:日々のつぶやき
この週末に、日本では楽天イーグルスが、海の向こうではレッドソックスが歓喜のビールを味わいました。
両チームともおめでとうございます。

と言っても今では野球に全く興味のない私は、ワールドシリーズはもちろん、日本シリーズさえ関心を寄せていませんでした。あくまでも新聞のスポーツ欄の結果に目を通す程度。しかし楽天のマー君の素晴らしい活躍は知っていますよ。おバカタレントとして活躍していた「里田まい」を憎からず応援していた私は、マー君の活躍を通して彼女の頑張りを知り、ちょっと微笑んでしまう、そんなレベルです。

昨日何気なくテレビのチャンネルを変えていたら、ちょうど日本シリーズ最後のバッターとマー君の対戦場面。
興味がなくとも胴上げ場面だけはライブでと思い、チャンネルはそのまま見ていました。
優勝決定・・・星野監督の胴上げ・・・あれっ!マー君の胴上げは?
まったくここ20年ほど野球を見ていないので知らないのですが、最近は胴上げ投手ってないのですか?
監督だけの胴上げが普通なんですか?
マー君の胴上げだけは見たかった、そしてその胴上げを嬉しそうに見つめる「里田まい」の姿を映像で確認したかった・・・人には色々な楽しみ方があってもいいのです。
DATE: CATEGORY:ダイエット
今日でダイエットスタートしてから90週間たちました。

ダイエット方法は、ただ単にこのブログに毎週土曜日夜に測定した体重を書き込むだけのゆるゆるダイエット。公開することでダイエットの意識付けを図り、自然と食事の量も減り、多少は歩くようになるのではと期待しています。

現在続けているダイエットは、
①朝晩の白米の量をお茶碗の1/5ほど減らしています。 
ご飯は100gあたりのカロリーが約170kcalなのでお茶碗一杯は大きさにもよりますが
通常120g~150gあるので200kcal~250kcal位になるそうです。
ということは1日に80~100Kcal減る計算です。
お茶碗1/5位なら苦労なく減らせます。
②81週前から始めた筋トレ、名付けて「川島メソッド」を仕事の合間に20回を2~3セット今も続けています。
「川島メソッド」とは、上腕・胸筋・腹筋を同時に鍛えるというオリジナルの筋トレです。
会社内の椅子(肘掛付き)に深く腰掛け、両側の肘掛部分を掌で持ち、上腕だけで体を宙に浮かせます。そこから上下に動かすこと20回。しかも体が宙に浮いたら、足を前に突出したまま上下動します。
体操競技の吊り輪の「十字懸垂」のまま足を前に突き出す状態。
これは効きますよ。これだけで鍛えたいところはすべてOK。

さて先週は68.2Kgでしたが、なんとか67Kg台に近づきたいのですが・・・

今週の体重は・・・

体重67.8Kg  先週68.2Kg 開始時70Kg
体脂肪18.6% 先週18.2% 開始時19.3%

久しぶりの67Kg台です。
そりゃ気を付けていますからね。これで少しでも減らなきゃモチベーションガタ落ちですよ。

先週の日曜日にもプールで700m泳いできました。
泳ぎ切った後に二の腕に乳酸が溜まっているのを感じることが出来るのはいいですね。
確実に体に効いてるのを感じます。

朝も久しぶりに犬の散歩。
ここ最近土日関係なしに忙しかったことから、犬の散歩も行っていなかったんですよね。
少しでもカロリー消費しようと、早足で散歩スタート。
犬もあまりのスピードで戸惑った模様。犬を引きずるように張り切って歩いていると、20分ほどでバテバテ状態・・・明らかなスピードダウン。
その段階ですでにいつもより遠くまで歩き過ぎたみたい。
帰る時間も距離も考えず、ちょっと飛ばし過ぎたことを後悔しました。まさかタクシーで帰るわけにもいかず、犬に引っ張られながら帰ってきました。
まあたった1回の散歩で効果があるとは思いませんが、やらないよりはマシでしょ。

ゆるゆるあせらずダイエット、次週も続けていきますか~~
DATE: CATEGORY:日々のつぶやき
1年ほど前にある方から相続に関する相談があったのですが、内容が驚くもの。

Aさん「全盲の母親が93歳で亡くなったんだけど、まったくないと思っていた現金が金庫から大量に出てきたんだよね。母親は全盲だから無職で申告したこともない。税務署もまったく把握していないお金だから相続税の申告必要ないよね?」
私「まずいくらあったんですか?」
Aさん「9000万円!」
私「えっ!そのお金をどうやって稼いだんですか?」
Aさん「母親は勘が鋭い人で、占いをやっていたんだよね。意外と人気でずいぶんと稼いでいたみたい。」

占いってそんなに稼げるのですか?
なんか仕事するのも虚しくなるな~。

あっ!Aさんの質問にはもちろん答えましたよ。
「相続税の申告は必要です。」

ちなみにAさんの母親は東京の方でそちらの親族が申告を取りまとめたようですが、その9000万円の件を申告したのかどうかは聞いていません。結局どうしたんでしょうね?
でも突然の現金の出現で、相続人で大いに揉めたようです。兄弟で裁判になって、未だ係争中です。
それまでは仲の良い兄弟だったようですから、お金を残したことが不幸を招いたようです。
やはり現世で遣い切るのがいいようで・・・
DATE: CATEGORY:税金
タイトルの「ふるさと納税」についてカキコするのは実は今回が3回目。
ふるさと納税   ふるさと納税について

前回もお得な地域の紹介をしましたが、今回もお得な情報。
私のもっとも好きな言葉は「お得」。見逃すことはできません。

***ヤフーニュースジャパン10/30より抜粋***

 2008年に始まった「ふるさと納税」は、自分が好きな自治体に寄付した金額が所得税、住民税から控除できる仕組みで、その寄付金は2011年に急増。なんと適用者数が3万3458人から74万1677人の22倍増、寄付金総額は67億859万円から649億1490万円の9.6倍にまで増加した。

  人気が拡大している要因は、1つは「東日本大震災」の被害を受けた自治体への支援として「ふるさと納税」をした人が多かったのと、各自治体が「ふるさと納税」を呼び込むべく用意している「牛肉」「野菜」「お米」など、地元の名産品の「プレゼント」が充実してきているからだ

● 長野県阿南町に「ふるさと納税」をすると 実質2000円で新米20kgがもらえる! 

 そんな中、「超太っ腹」と話題になっているのが長野県にある「阿南町」のプレゼント。

 阿南町が用意した「ふるさと納税」に対するプレゼントは、地元で取れる「新米」なのだが、その量が「ふるさと納税」でプレゼントされる相場を大きく上回っているのだ。

「お米」をプレゼントしている自治体は全国で30カ所以上あり、その多くで「1万円の寄付でお米10kg」というのが相場になっている。通常、1万円を寄付した場合には所得税と住民税を合わせて8000円程度が控除されるので、実質的には2000円でお米が10kgもらえるということになる(収入、家族構成により控除される金額は異なる)。

 2000円で10kgでも十分お得に感じるのだが、阿南町に「ふるさと納税」した場合、プレゼントにもらえるのは「新米20kg」。

 つまり、一般的な「ふるさと納税」でもらえる相場の2倍!  さらに、2万円の寄付で40kg、3万円の寄付では60kg(! )に設定されている。しかも、新米は10kgずつ送ってくれるという細かい心遣いもされている。
(中略)
初めての「ふるさと納税」だったが、阿南町役場のホームページに記載されているメールアドレス宛に「払込取扱票」がついたパンフレットの送付を依頼し、届いた「払込取扱票」を郵便局に持っていくだけで簡単に寄付することができた。

 そして先日、(中略)阿南町から「御礼」の手紙とともに確定申告で控除を申請する際に必要な「寄附金受領証明書」が届いた。
(中略)
 届いた「寄附金受領証明書」は、確定申告の際に添付することで、税金の控除が受けられる重要な書類。来年の確定申告まで、なくさないように保管しておく必要がある。
(中略)
 
● すでに1億円以上の寄付金が集まり、 プレゼント用のお米が不足するという心配も!? 

 阿南町は「ふるさと納税」で集まった資金で、町内の米農家から市場価格より高く買い取ることで、農家を支援することにしているが、今年はすでに1億円以上の寄付金が集まり、「ふるさと納税」に対するプレゼント用の米不足を心配する声も出るほど。(後略)

***抜粋終了***

「ふるさと納税」は本来自分の思い入れのある自治体を応援するのが目的ですから、プレゼントを目的にするものではありません。。。。。が、応援したい自治体からのプレゼントはやはり嬉しいもの。
私も3回目の「ふるさと納税」のカキコなので実際に寄付することにしました。
どこの自治体に寄付するかは、応援したい自治体に・・・決してプレゼント目的では寄付はしません。。。きっと

copyright © 2017 男! 川島ゆるゆるブログ all rights reserved.Powered by FC2ブログ