プロフィール

hiromaru70511

Author:hiromaru70511
川島会計事務所 名古屋市千種区で会計事務所を営んでいます税理士の川島弘久です。
当事務所は、会計業務・申告業務はもちろん、経営全般・経営計画を重視する事務所です。経営者とともに売上・事業を伸ばしていくことが最大の目標です。

ブログタイトルの「男川島」は尊敬する先輩が、私が何かをするたびに「さすが!男川島」と呼んでいたことから拝借しました。

川島会計事務所HP http://www.kawashima-ao.com/


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


DATE: CATEGORY:日々のつぶやき
数年前にお客様の子どもが目を輝かせて言った言葉を思い出しました。
「大きくなったら芸人になりたい」

その時は笑って「なれたらいいね」なんて言っていましたが、心の中では「そんな甘いもんじゃないよ」と思ったものです。

***BLOGOS10/30より抜粋***

最近、テレビで芸能人のピーク時の月収を公開するのが、少しブームになっている。ギター侍で一世を風靡した波田陽区さんの最高月収は2800万円。他にも、長州小力さんのピークの月収は2000万。(中略)

一方で、一般のサラリーマンの生涯賃金が2~3億5千万円位までと言われている。それを考えると、芸人の稼ぎの爆発力は非常に凄い。なので、一発屋といえどもサラリーマンよりも相当な金銭的な成功者という印象すら受ける。でも、本当にそうか、細かく数字を追ってみる。

まず、サラリーマンより金銭的に成功したと言う為には、一発屋芸人も生涯年収で2~3億稼がなければならない。波田陽区さんで勝手にシュミレーションしてみる。波田陽区さんが最高月収を稼ぎ出した年、その他の月の収入が最高月収の8割だったと仮定する。すると年収は2億7千万円程となる。そして、勝手に波田陽区さんが芸人として20歳~65歳まで働いたと仮定してみる。そして、現在の月収は20万円前後らしいので、一発屋として売れた一年以外の年収を220万円として計算してみよう。すると、波田陽区さんの生涯収入は約3億7千万円程度という計算になる。

これだけ見ると、波田陽区さんはエリートサラリーマンと言われる人よりも、少しだけ生涯年収が高いだけという計算になる。(中略)しかし、本当に一年くらいしかブームの続かない一発屋芸人は、最低で波田陽区さん位の収入を得ないとサラリーマンには勝てたとは言えない。結構、一発屋というのも厳しいのだ。

しかし、今までの計算には税金が入っていない。手取りのキャッシュというのを考えると、実は一発屋芸人は厳しいというより悲惨だと言える。なぜなら、所得税というのは一年ごとの収入の累進課税となっていて、1800万円を超えた所得に対しては最高税率となり、所得税と住民税で半分が持っていかれてしまう。すると、波田陽区さんですら、サラリーマンに勝ったとはとても言えなくなってくる。おおよその計算でしかないが、波田陽区さんの生涯の手取りを計算してみると二億円より少し多いという位までに目減りする。

一方、年収750万円程度で、40年間働いて生涯年収が3億円の人の手取りはどうだろう。控除などの細い計算は抜きに考えると、手取りは二億一千万位ではないかと考えられる。生涯年収3億7千万円の波田陽区さんの方が、生涯年収3億円のサラリーマンより7000万円も多く稼いでいる。しかし、手取りでは1000万円位サラリーマンに負けてしまうのだ。これは何だか非常に切ない。
(中略)
せっかくリスクを取って高い収入を得ようとしても、それが少し続いただけでは普通の何のリスクを取っていない人よりも損してしまうのだ。バカバカしくて、リスクを取ってまでして何かにチャレンジしようという人が少ないのも良くわかる。
(後略)

***抜粋終了***

私自身、一発屋芸人の確定申告はもちろん生涯賃金も生涯手取りも計算したことはありません。文中の税金の計算方法は、平均課税と言う手法もあることから、もう少し税金を低く抑えることは出来るでしょうし、生涯賃金の計算も随分アバウトに感じますが、いずれにしてもやはり厳しい数字ですよね。
継続的にある程度の収入がないとキャッシュではうまみがない、ということです。
一発屋歌手、入団時だけ騒がれるプロ野球選手、Jリーグ選手等も同じことですね。でも瞬間風速でも大金を得る感触は一度味わってみたいものです。
スポンサーサイト
DATE: CATEGORY:日々のつぶやき
マグロのトロをカウンターで初めて食べた時は、「これで自分も一人前の大人になったんだな~」なんて感動したものです。それが今では脂っこくて食べられなくなるとは・・・

***SankeiBiz10/29より抜粋***

希少価値で「海のダイヤ」とも呼ばれる高級魚クロマグロ。乱獲による資源減少で世界的に漁獲規制が厳しくなる中、近畿大学水産研究所(和歌山県)が世界初の完全養殖に成功した「近大マグロ」のブランドが浸透しつつある。(中略)

 関西でお歳暮商戦が始まった16日午前、高島屋大阪店(大阪市中央区)の特設コーナーに人だかりができていた。買い物客の目当ては「媛(ひめ)マグロ」。試食の刺し身は飛ぶようになくなっていった。

 媛マグロは大阪の鮮魚店、新魚栄の商品。近大マグロの稚魚を愛媛・宇和島に運んで成魚に育てたもので、「身が締まって赤身がおいしい」(同社)という。
商品は100グラムずつ切り身を真空パックで小分けしたもので、価格は1万500円。高島屋は「お歳暮のついでに、自宅用として買う人も増えそうだ」と期待を寄せる。

 近大マグロ人気の火付け役は、4月26日にオープンしたグランフロント大阪だ。飲食店でトップクラスの集客を誇るのが、近大の養殖魚が味わえる専門店「近畿大学水産研究所」。開業から行列が絶えない盛況ぶりだ。

 人気は、近大マグロを中心にさまざまな養殖魚の刺し身が楽しめる2800円の盛り合わせ。「近大マグロは知っていたが、どこで食べられるのか知らなかった」という客がほとんどで、同店が“発信基地”になった格好だ。

 盛況を受け、近大などは年内にも東京・銀座に2号店を出店する計画。関西での知名度アップを追い風に、近大は「銀座でも戦える」と強気だ。
 
 一般的な養殖マグロは、天然の幼魚を捕獲して育てる「蓄養」タイプだが、近大マグロは卵を孵化(ふか)して育てる完全養殖だ。(中略)試行錯誤を繰り返し、平成14年に完全養殖を成し遂げた。

 蓄養の養殖マグロより2~3割高いが、近大は天然物と遜色のない味だと自信をみせている。

 さらに近大はマグロのDNA解析を進め、生存力の強い個体を選んで育てる「選抜育種」に力を入れている。「将来的には消費者の要望に応じて赤身が多いものやトロが多いものなど、作り分けができるようにしたい」という。
 
 日本は世界のマグロ類の約3割、クロマグロでは約8割を消費するマグロの消費大国だ。しかしクロマグロは日本食ブームや新興国などでの消費拡大で、乱獲により個体数が減少し、世界的な漁獲量の削減措置が議論されている。

 一方で販売ルートを広げ、お目にかかることが増えてきた近大マグロ。生産拡大が順調に進み、日本の食卓を彩る日が近いのかもしれない。

***抜粋終了***

つい最近も翌春の次男坊の大学受験に備えて大学情報を検索していたら「近畿大学の人気が高く、偏差値が上がっている」という記事を発見。その人気の要因が「近大マグロ」にあるらしい。なるほどなるほど。近畿大学生になれば、マグロがお安く食べられるとかの特典でも付いているんでしょうかね(笑)。非常に魅力的(´∀`)
大学の評価を高めるほどの影響を与えているようです。

今ではスシが世界的なブーム。その中でもキング・オブ・スシとなれば当然マグロ。世界的漁獲量が減少する中、近代マグロの養殖技術は世界に誇れるものとなる可能性が高いですよね。
DATE: CATEGORY:金融・経済
我が家では長男誕生と同時に学資保険に加入しました。やはり一人目の子供にはあれこれ準備もするし、慎重にもなるんですよね。
おかげで大学入学の際には随分助かりました。
それが二人目ともなると、将来への備えも手抜き状態。来年度の二男の大学入学費用は貯金を取り崩すしか手がありません。今頃になって「どうして学資保険に加入しなかっただろう?」と後悔しても後の祭りなんですが・・・

***Jcast10/28より抜粋***

子どもの教育資金を貯める「学資保険」で、支払った保険料よりも受け取る金額が少ない「元本割れ」が起きたとして、大阪府に住む51歳の男性が元本割れした分を返すよう求めた訴訟が大阪高裁であり、2013年10月、和解が成立した。

元本割れ分の返還を高裁が勧告。これを住友生命保険が受け入れたのだが、このニュースに驚いた人は少なくないだろう。そもそも、貯蓄性が高い保険商品である「学資保険」が、元本割れするとは思っていない人が少なくないからだ。

ひと昔前の、予定利率の高い時代。学資保険に、「助かった」という人は少なくなかった。受け取る保険金は支払った保険料の総額より大きく殖えたし、保険商品なので親の死亡などのリスクヘッジもできて、「貯蓄」と「保障」を兼ね備えた保険商品として、子育て世代には重宝がられた。

もともと学資保険は支払った保険料の総額を下回る、元本割れがしにくい保険といわれていた。「貯蓄型だから」といって、安心して加入していた人は少なからずいるはずだ。

しかし、いまは違う。保険料を積み立てているつもりでも、実際に受け取れる金額はそんなに殖えないし、それどころか元本割れを起こす場合すらある。

今回、裁判となった51歳の男性のケースがそれだ。

住友生命は、「『ちびっこライフ』を1990年に発売した当時は、たしかに加入時に返戻金が『殖える』ことを強調していました。断定的な表現や説明不足があったことは事実です」と、認める。
(中略) 学資保険の商品性には問題がなく、商品を勧誘した外交員の説明不足が招いたこととしている。

保障が手厚くなると、トータルで元本割れする可能性が高まる
学資保険は、子どもの教育資金を積み立て、貯蓄をしながら万が一の保障に対応した商品だ。高校や大学進学に向けて、100万円~200万円くらいを積み立てていくプランが一般的で、保険には子どもが0歳から10歳前後までに加入して、18歳になるまで積み立てる(保険料を支払う)。

早めに加入したほうが月々の保険料の負担は軽くなり、死亡保障として、契約者(親)に万が一のことがあると、18歳まで支払う予定の保険料が免除されるのが基本プラン。子どもが15歳(高校入学)や18歳(大学入学)、22歳(大学卒業)のときに満期金やお祝い金が受け取れるタイプもある。

一方、学資保険の「元本割れ」とは、返戻率が100%を割り込むことをいう。返戻率は保険商品によっても違うし、契約者の年齢や性別、契約するタイミングによっても変わってくる。

では、なぜ元本割れが起こるのか――。一つは長引く低金利の影響で、保険会社が計画どおりに資金が運用できなかったこと(1990年ごろの予定利率は5~6%程度)。最近では保険商品の予定利率(金利)が下がっている。

もう一つは「保障」。学資保険には、子どもの入院保障や死亡保障、親の育英年金などが手厚いものがある。保障が手厚くなれば、その分戻ってくるおカネも減る。

たとえば、保険外交員に勧められるがまま加入すると、医療部分などが手厚くなり、トータルでみると元本割れするケースが出てきてしまうわけだ。

***抜粋終了***

私からすると「元本割れ」ってあまり違和感がないのですが,これって投資で負け続けている習性がそう感じさせるのでしょうか。
確かに一般の方からすれば、学資保険は大学入学時等の備えとして加入するものですから、元本割れの可能性があるものは避けるのが当然の行動でしょう。また保険外交員が元本割れの可能性について言及しなければ思いもいたらないのでしょう。
でもだからと言って、すべてが保険外交員の説明不足に原因を押し付けるものいかがなものかと思いますがね。保険は預貯金じゃないですからね。住友生命も一度元本割れの責任を認めてしまえば、今後の同様な訴訟が提起されるのは自明でしょうにね。それとも保険外交員がリスクを覆い隠して詐欺的加入方法で勧誘したんでしょうか。いずれにしても契約者責任を全く考慮されない、外交員だけの一方的責任を認める今回の和解は波紋を広げそうですね。

DATE: CATEGORY:日々のつぶやき
以前は大のドラキチ。テレビ前で中日×巨人戦を晩酌しながら観るのが大好きだった・・・・のが、いつのまにやらテレビのチャンネル権は妻に移り、そして子供に移り・・・いつのまにやらプロ野球に興味がなくなって20数年。
しかし来季のドラゴンズは多少の興味と期待を抱いているのです。
落合GM。彼が綺麗好きということは知っていましたが、やはり仕事のできる男は整理整頓を心がけているようですね。

***日経10/28より抜粋***

 中日の谷繁新監督が、「ロッカーをきれいに」とナインに注文したそうだ。新任の落合GMも、身の回りをこまめに整頓する。GMと監督とでコンビを組む両人は、“きれい好き”という点で一致している。

 1983年のパ・リーグ最多勝投手の元南海・山内和宏から聞いた話を思い出した。ロッテ時代の落合にある年、16打数で5ホーマーを含む13安打を浴びた。中日へ移籍して僚友になり、「どんな練習をしているのだろう」と観察した。

 熱心にデータを分析して、準備する姿に驚かされた。ロッカーの席の周りにはチリひとつない。おまけに「遠征の荷物の詰め方まで見事。監督になって破天荒なことを言っているが、キッチリした野球をすると思う」。
(中略)ロッカーの整理整頓は、戦う前に欠かせない「準備」の前段階なのだ。

 この整理魔の師匠の薫陶を受けた谷繁は、捕手の仕事柄から資料を丹念に分析し、準備をする。これまでの仕事の範囲はバッテリー関連と守備のシフトにとどまっていたが、これからは監督の責任で全軍に及ぶ。

 資料を散らかした状態でいい仕事ができるはずがないなどと、なにかとうるさい監督になりそうだ。ベテラン捕手のキャリアに監督の権力が重なり、それを力のあるGMが後押しする。これほど強固なコンビはない。

 GM最初の大仕事は、1年生監督に経験豊かなコーチ陣をそろえてやることだった。森ヘッド、達川バッテリー、辻内野守備走塁など、監督より年長の海千山千のコーチが顔をそろえた。

 刷新には痛みが伴う。高木前監督時代のOBコーチは、ほとんどが退団した。大胆な“外様”コーチへの切り替えは、きれい好きコンビの整理のやり過ぎと、ファンに受け止められはしないか。それだけが心配だ。

***抜粋終了***

整理整頓は戦う前に欠かせない「準備」の前段階であることは社会人なら常識。
机周りの整頓など当たり前・・・のはずが、私の場合なかなか出来ないのが困りもの。
いや、家族の中でも、事務所の中でも私だけが整理ベタ。だから余計に目立つのですが・・・
といっても書類をなくすわけでも、仕事に困るわけでもないのです。
どうしても捨てられず、どんどんスペースが書類・荷物で占領されていく・・・スペースがなくなったら断捨離する・・・この繰り返し。今は断捨離前のスペースを失った窒息寸前段階。(ということで自らを慰めてみる)

やはり整理整頓が仕事のできる男の条件だな、と改めて落合GMから学びましたね。
DATE: CATEGORY:ダイエット
今日でダイエットスタートしてから89週間たちました。

ダイエット方法は、ただ単にこのブログに毎週土曜日夜に測定した体重を書き込むだけのゆるゆるダイエット。公開することでダイエットの意識付けを図り、自然と食事の量も減り、多少は歩くようになるのではと期待しています。

現在続けているダイエットは、
①朝晩の白米の量をお茶碗の1/5ほど減らしています。 
ご飯は100gあたりのカロリーが約170kcalなのでお茶碗一杯は大きさにもよりますが
通常120g~150gあるので200kcal~250kcal位になるそうです。
ということは1日に80~100Kcal減る計算です。
お茶碗1/5位なら苦労なく減らせます。
②80週前から始めた筋トレ、名付けて「川島メソッド」を仕事の合間に20回を2~3セット今も続けています。
「川島メソッド」とは、上腕・胸筋・腹筋を同時に鍛えるというオリジナルの筋トレです。
会社内の椅子(肘掛付き)に深く腰掛け、両側の肘掛部分を掌で持ち、上腕だけで体を宙に浮かせます。そこから上下に動かすこと20回。しかも体が宙に浮いたら、足を前に突出したまま上下動します。
体操競技の吊り輪の「十字懸垂」のまま足を前に突き出す状態。
これは効きますよ。これだけで鍛えたいところはすべてOK。

さて先週は68.2Kgでしたが、なんとか67Kg台に近づきたいのですが・・・

今週の体重は・・・

体重68.2Kg  先週68.2Kg 開始時70Kg
体脂肪18.2% 先週18.6% 開始時19.3%

相も変わらず停滞中。完全に68Kg台が定位置状態です。

引き続きプールに行きましたけどね。先週日曜日には初めて700m泳ぎました。
今までが400mでいっぱいいっぱいでしたから、多少の体力がついたんでしょうかね。
ついたと言っても泳ぐよりも休憩時間の方が長いんですけどね。
25mプールを往路をクロールで泳ぎ、3分ほど休憩し、復路を平泳ぎで泳ぐことを繰り返しています。
ノンストップで泳ぎ続けている方も多いわけで、休憩中に後ろの方からドンドン追い抜かれていくのです。
どうみても70歳台の方に追い抜かれていくことに最初は多少の違和感を感じていたのですが、今ではすっかり慣れてしまいました。それにしてもどうしたらノンストップで泳ぎ続けることが出来るんでしょう。
よく見てみるとクロールにしても平泳ぎにしても、ゆったりした泳ぎでありながら、ひとかきで進む距離が私とは違うんですよね。あくまでも私の泳ぎは自己流。泳いでも泳いでも進まない私の場合、たった25mの距離が溺れながらなんとか岸にたどり着く人と変わらない・・・、無駄な泳ぎの典型ですね。そりゃ25mでゼイゼイなるはずです。
ちょっと泳ぎの勉強してみようかな~

ゆるゆるあせらずダイエット、次週も続けていきますか~~
DATE: CATEGORY:日々のつぶやき
は~もうこんな時間(´・ω・`)

何かというとドコモ開店と同時にスマホの修理の依頼に来たのですが、もうすでにお昼近く。
2時間近くもドコモのお姉さんとのやり取りが続きました。綺麗なお姉さんだったことが救いですが・・・
しかし修理を依頼するだけでこんなにも時間がかかるとは・・・

ここ最近スマホの充電が出来ない症状が現れてきて、いや、全く出来ないわけでもないのです。
2回に1回くらいの割合で出来ない、そんな感じですね。

週末の時間がある時を見計らってドコモへ出かけたのですが、結果は充電部分のコネクター不良。
サムソンを使っているのですが、どうやら同症状のクレームが多く、メーカーによる無料修理に該当するようです。
ドコモからの代替品を2週間ほど借りることになったのですが、修理箇所の特定から始まり、スマホのデーターのバックアップ、代替品へのデータの移行、お財布ケータイの移行、そしてライン・グーグルの設定などの処理。何よりも大変だったのが、データを移行するのに全てのデータにパスワードが存在すること。
ある程度自分が利用するパスワードは限られているとは言え、ラインのパスワードは6桁、グーグルは8桁以上などと違っているのが普通。当然覚えているはずもなく、ドコモ窓口で何回も入れ直すハメに。

一時的にスマホを修理に出すだけでも大変です。現在の生活がスマホにいかに依存しているかが実感できます。
と言いながら、スマホで今日の日程を確認しようとしたら、それも初期化状態。
急いで事務所のパソコン電源入れて確認し、スマホにアプリの入れ直し、設定・・・あ~んやっぱり出来ない・・・ドコモのお姉さんに助けてもらおうかな・・・
本当に大変(´・_・`)
DATE: CATEGORY:金融・経済
オリコはみずほファイナンシャルグループの傘下だったんですね。
いやー不勉強で知りませんでした。
それであれば今回の不祥事も納得できます。

***毎日新聞10/24より抜粋***

 みずほ銀行が暴力団員らへの融資を放置していた問題で、「入り口」となったのが、中古車販売店で申し込む自動車ローンだ。ある東京都内の店舗を訪ねると、申込書を信販会社に送れば15分程度でパスする緩い審査の実態が浮かんだ。厳格な審査は顧客を逃す可能性もあるが、甘い審査は反社会的勢力への融資の温床になりかねず、信販会社や提携する金融機関のチェック体制が改めて問われている。

 10月下旬、平日の幹線道路沿いの中古車販売店を訪れた。店内には5人ほどの客。このうち1人の男性客が、信販会社の自動車ローンを申し込んだ。この販売店では、今回問題になった、みずほフィナンシャルグループ(FG)傘下のオリエントコーポレーション(オリコ)の取り扱いが最も多い。

 手続きは簡単だ。氏名、生年月日、住所、勤務先、年収、車体価格などを書き込んだ申込書を、身分証明書代わりの運転免許証のコピーとともにファクスで中古車販売店の店頭から送るだけ。15分ほどで「OK」の返答が来た。(中略)

 男性店長(43)によるとローンを使うのは客の1~3割。「これまで数千人の顧客と商談したが見るからに暴力団員は1桁。ローン希望者はすべて審査ではねられた」とも話した。2011年前後に各地で施行された暴力団排除条例で、中古車販売店にも「疑わしい場合は暴力団関係者でないことを確認する」努力義務が課せられている。(中略)暴力団からの報復を恐れ、毅然(きぜん)とした態度をとれないのが実情だ。

 オリコを含め、信販会社は審査の際、業界の顧客支払い実績を管理する信用情報会社「シーアイシー(CIC)」に照会する。ただ、CICには暴力団員かどうかや犯罪歴などの情報はなく、反社会的勢力排除の徹底には独自審査も不可欠だ。(中略)

 みずほ銀行が金融庁から業務改善命令を受けたのは▽みずほ銀がオリコと提携するローンで、事前審査はオリコ任せだったこと▽事後の審査で分かった230件、2億円超の暴力団員らへの融資を放置したこと--が問題視されている。こうした事態を防ぐには入り口の審査が重要だが、(中略)みずほは年内をめどに銀行の持つ豊富なデータをオリコと共有して審査を強化し、今後も提携ローンを続けるとしているが、その実行力が問われている。

***抜粋終了***

7~8年前、顧問先の調査での出来事。
顧問先は、自動車修理・中古自動車販売会社。
調査でわかった事実は、代表者個人が会社を通さずに中古車を販売していたという事実。
事故車を無料で引き取り、修理して中古車で販売していたのです。その売買代金を個人の通帳に振り込ませ、着服する手口です。いわゆる脱税です。
さらに悪質なことに販売したお客様と示し合わせ、自動車の販売価格にある程度の金額を上乗せし、オリコでローンを組ませていたのです。
オリコから代表者個人に、自動車価格と上乗せした金額が振り込まれ、上乗せした金額はお客様に戻す仕組みを作り上げ、お客様はそれにより、分割して車両代金を支払っていくことになりますが、一時的にお金を得ることができるのです。
その時に「どうしてこんな仕組みを作ったの?」と聞くと意外な一言が・・・
「オリコの審査は緩いから、ほか信販会社ではローンを組めない人でも意外と審査が通るし、ちょっとしたお小遣いをお客様にも渡せるからね。」

この会社とはこのことがきっかけで顧問契約を破棄しましたが、オリコはその当時と何も変わっていないようですね。
DATE: CATEGORY:金融・経済
「改正高年齢者雇用安定法」が施行され、企業は、希望する従業員を全て、「65歳まで雇用」する義務を負っています。企業としていかに対応するのかを決めておくことが重要なのですが、いまだ決め兼ねている企業がほとんどでしょう。
今回の記事は参考になるのかも・・・?

***SankeiBiz10/23より抜粋***

60歳でいったん定年を迎えた後、再雇用されれば給与は下がるもの。だが自動車の金型の製造販売を中心に行っている「南海鋼材」(堺市)は、再雇用後も定年前と同じ水準の給与が支払われるという会社だ。「給与を下げられたら、プライドが傷つくやろ」と福原實晴(みはる)社長。(中略)

 南海鋼材の規定では、60歳の誕生日を迎えた直後の給与の締め日が退職日。ここまでは普通の会社と同じだが、社員の“その後”を支える珍しい措置がとられている。

 契約社員として再雇用された人は、原則として定年前の役職を維持したまま降格されず、定年前と同じ基本給と各種手当てが支払われる。賞与こそないものの、業績が良い年は臨時ボーナスも。契約期間は1年間だが、健康で働く意欲さえあれば更新が続く。好きなだけ働けるのだ。
南海鋼材の従業員は現在149人。このうち60歳以上の契約社員は60~64歳が9人。65歳以上は7人。最年長は71歳だ。
(中略)

 「差別が嫌なんです。僕は姉と妹に挟まれ、女性の中で育った。そうすると、仕事に男女の能力差はないと気づいた」と福原社長。男女社会のあり方への考えを、年齢に向けたのが動機だ。「年齢が重なれば体力は落ちるが、経験は増す。70歳になっても十分仕事はできる」と力説する。
(中略)

 重病で余命宣告を受けた社員が技術指導を条件に死去まで勤務。若手が懸命に技を継承し、「この会社は何があっても社員を見放さない」という絶大な信頼を醸成したエピソードがある。
(中略)

 同社はもともと鋼材の切断、加工が中心だったが、10年ほど前、本社近くに「金型加工センター」を設立。自動車メーカー向けに、内燃機関製造用の金型の製作・販売を始めた。製販一体型の事業は軌道に乗り、平成9年当時約70人の従業員は、現在は倍以上に拡大している。売上高も倍近くの規模になった。

 南海鋼材を襲った最大の危機は平成20年末のリーマンショックだった。月商6億円が21年1月には3億、翌月は2億と縮小し、5月は2億円を切った。
それでもリストラや給与カットは行わず、業績好調の時期の内部留保を切り崩してしのいだ。噂を聞いた同業者から「ダメになるぞ」と忠告され、社内からは「(給与を)下げてください」という訴えまであったが、福原社長は「調子が悪いときの減給は簡単だが、経営者が安直にすることではない」と突っぱねた。

 1年半ほどで業績が上向き、昨年には堺浜工場を設立。事業規模を拡大し、世界的な自動車販売の増加に対応する考えだ。ポジティブな経営感覚と社員を第一に重んじる企業精神が、良い循環を生み出している。(

***抜粋終了***

この記事を読んで真っ先に思い出したのが、百田尚樹著「海賊と呼ばれた男」。
敗戦後の最も苦しい時代にもかかわらず、タイムカートなし、出勤簿なし、首切りなし、定年なしという絶対的「人間尊重」を貫く出光興産の創業者「出光佐三」の自伝的小説です。
時代も規模も違えど、人を信頼する経営手法は両社ともに通ずるものがあります。
実は私は両社の経営手法には懐疑的ではあるのですが、企業として65歳までの雇用が義務付けられている以上、高齢者にいかに気持ちよく業務に励んでもらうかは、企業に課された責務と言えるでしょう。
DATE: CATEGORY:金融・経済
予想されたこととは言え、「年収2割引き下げ」は中部電力社員、関係者にはショックな数字ですね。
元々が平均年収が801万という高給取りの集団ですから、2割削減であれば640万前後になるのでしょうか。
それでも東証一部上場企業の平均年収660万を多少下回る程度ですね。
庶民からすればまだまだ羨ましい限りなんですけどね。

***時事通信10/23より転載***

中部電力は22日、労働組合に対し、来年度に時間外勤務手当を除いた従業員の平均年収を2割削減する案を提示した。同社は来年4月からの料金値上げを近く政府に申請する方針で、経営効率化の姿勢を示し、利用者の理解を求める。
 基準賃金の削減幅は約5%で、会社設立以来初の賃下げになる。来年夏のボーナスは前年と比べ半減し、基準賃金1カ月分程度に抑制。冬のボーナスに関しては経営サイドで調整中だ。一方、非組合員の管理職には一層の賃下げに踏み切る。有価証券報告書によると、同社社員の平均年収は、賞与や時間外勤務手当を含めて約801万円。

***転載終了***

この話題については本ブログの9/3でも取り上げているんですよね。
中部電力の給与カット
義弟が勤務していますからね。可愛い姪っ子の生活がかかっていますから、私も遠いながら関係者なんです。
このご時勢に抗うことができない電力会社の給与引き下げ。致し方ないですよね。
姪っ子達よ!夕飯のおかずが1品減っても、我慢しな。二人には美味しいケーキ買って遊びに行くからね(´∀`)
DATE: CATEGORY:金融・経済
「スターバックスは中国だけ国外より価格を高く設定している」と中国メディアで批判が噴出しているようですが、多少論点がずれているような気が・・・
高ければ、お客さんもスタバを敬遠するし、売上が下がればスタバも価格設定の見直しや、店舗の閉鎖などを検討するでしょう。それが資本主義では・・・

***時事ドットコム10/21より転載***

 【北京時事】米コーヒーチェーン大手スターバックスが中国でのコーヒー価格を米国など国外より高く設定しているとして、中国メディアから批判を浴びている。国営の中央テレビなども「価格差」を取り上げ、「暴利を得て中国人をだましている」と非難した。
 報道によれば、中国では1杯27元(約430円)のカフェラテが米国では約20元(約320円)。米国などよりも人件費などのコストが低いにもかかわらず、中国の方が高いのは理不尽と指摘する。同じく人件費が低いインドでは14元程度という。
 さらに同社の財務報告によると、中国などアジア太平洋地区での利益率が欧州地区よりもはるかに高いとされる。スタバ側は価格差について「中国市場は発展の初期段階で、基本的な投資などが必要」と説明している。

***転載終了***

価値に見合うだけの価格設定でなければ淘汰されるのが資本主義であって、淘汰・価格設定見直しがされていないということは、中国国民がその価値を受け入れている証左ではないでしょうかね。
まさかスタバがコーヒーチェーンの独占的企業だから独占禁止法に抵触するなんてことではないでしょう。中国に独占禁止法があるのかどうか知りませんが・・・
日本も中国もメディアは大衆扇動するのが好きなようですね。
DATE: CATEGORY:日々のつぶやき
昨日の日曜日我が家には一足早い嵐が吹き荒れていました。

数日前に東京の大学に通う長男からの電話が発生源。
長男「書類を送ったから、保護者欄に署名捺印して送って。書類は来年から行く留学に関する説明書だから。留学希望先の提出が21日の月曜日だからね。」

来年の9月から1年間の留学は決定事項だから驚きはしませんが、留学先をこんなに早く決めるとは知りませんでした。大学の成績・TOEFLの点数・志望動機等などを考慮して留学先が決まるとのこと。
現時点で行ける留学先をネットで確認すると、アメリカを始め、英国、ノルウェー、スウェーデン、アイルランド、シンガポール他10数カ国。国を選択したら、またその国の提携大学からどこの大学に行くのかを選択しなければいけません。予備知識のない親として適切なアドバイスなど出来るわけがない。

長男曰く「どこの国がいい?どこの大学がいい?7校希望を提出するんだけれど、俺ね今週の土日、サークルの合宿だから忙しくて調べれないんだよね~」

まったく当事者意識の希薄さ!!自分が留学するのだから、自分で調べて、自分の今後を考えて留学先を決定するのが筋だろう・・・と一通りの文句を言っておいたのですが、とりあえず親としてアドバイスできることがあれば、ということで土日に妻がネットにかじりつき(妻の集中力たるや凄まじいものです。いやいや細かく調べ上げるものです)、書類に目を通し、留学候補大学と国ごとの特徴や予想経費を一覧表にまとめ、日曜日の長男からの電話を待っていたのです。

ようやく電話があったのが、日付の変わった夜中の0時過ぎ(らしい)。妻が長男と延々と2時間あまりの電話会議。私などはすでに就寝中。
朝起きたところで夜中の顛末を聞くと、ほぼ妻の意見と長男の意見は一致していた様子。
聞けばある程度納得できる選択肢です。

私としては、経済成長著しいシンガポールに行って欲しいところですが、人気が高くて難しい模様(それだけ点数が足りないだけですが・・・)。
それであれば、世界経済の中心のアメリカが候補にあがりますが、アメリカは留学費用が随分と高いのです。気持ちよく、ローラばりに「OK~(*゚▽゚*)」と言いたいところですが、支払う側としてはまずはそこが入口。
私なりの意見は妻に伝えておいたのである程度反映されているようですが・・・

長男曰く「やはり美人の多い北欧系がいいかな・・・」
お金を出すのをやめたくなってきたな~



DATE: CATEGORY:ダイエット
今日でダイエットスタートしてから88週間たちました。

ダイエット方法は、ただ単にこのブログに毎週土曜日夜に測定した体重を書き込むだけのゆるゆるダイエット。公開することでダイエットの意識付けを図り、自然と食事の量も減り、多少は歩くようになるのではと期待しています。

現在続けているダイエットは、
①朝晩の白米の量をお茶碗の1/5ほど減らしています。 
ご飯は100gあたりのカロリーが約170kcalなのでお茶碗一杯は大きさにもよりますが
通常120g~150gあるので200kcal~250kcal位になるそうです。
ということは1日に80~100Kcal減る計算です。
お茶碗1/5位なら苦労なく減らせます。
②79週前から始めた筋トレ、名付けて「川島メソッド」を仕事の合間に20回を2~3セット今も続けています。
「川島メソッド」とは、上腕・胸筋・腹筋を同時に鍛えるというオリジナルの筋トレです。
会社内の椅子(肘掛付き)に深く腰掛け、両側の肘掛部分を掌で持ち、上腕だけで体を宙に浮かせます。そこから上下に動かすこと20回。しかも体が宙に浮いたら、足を前に突出したまま上下動します。
体操競技の吊り輪の「十字懸垂」のまま足を前に突き出す状態。
これは効きますよ。これだけで鍛えたいところはすべてOK。

さて先週は68.5Kgでしたが、なんとか67Kg台に近づきたいのですが・・・

今週の体重は・・・

体重68.2Kg  先週68.5Kg 開始時70Kg
体脂肪18.6% 先週18.6% 開始時19.3%

あまり変わり映えのしない300g減です。
まあ振り子の原則からすれば今週は減少する予定でしたから300g減は当然と言えば当然。

先週の大幅なリバウンドを猛省して、今週は普段の行動を少し気を付けました。
朝起きがけに体幹運動を5分ほど。仕事の合間に軽い運動を少々。
ちょっとした距離なら大股で早歩き。お風呂前のストレッチ。
健康に気を付けている人なら誰でもやっていそうなレベルの軽めの運動ですから大したことないですよね。
あっそうそう。先週の日曜日にもプールに行き、400mだけ泳いできました。
たった400mですが、今の体力では400mが精一杯。
これだけですから300gしか減らないんですね。
もう少し何かをやらなければ・・・

最近、と言っても68Kg台になってからズボンのウェスト周りにシワが寄るんですよね。つまり腰回りがパンパン状態と言うことです。上着を着るようになったので目立たないけど、でもそのうちに上着のボタンが閉まらなくなる恐れも・・・
気持ちを入れ替えなきゃ・・・

ゆるゆるあせらずダイエット、次週も続けていきますか~~
DATE: CATEGORY:日々のつぶやき
10数年前からの憧れが、自宅近くに自分の行きつけの隠れ家的バーを持つこと。
「カウンターに座り、静かな店内で寡黙なマスターが作るカクテルをたった1杯だけ飲み干し家に帰る」
そんなドラマに出てきそうな男のダンディズムに憧れはや10数年。

そんな思いを抱くようになったのは、10数年前に妻の知人夫婦が我が家に遊びに来た際の会話がきっかけです。
知人夫「今ね、仕事帰りに静かな隠れ家的のバーで1杯飲んで帰るのがマイブームなんですよ。これだけで一日の疲れが取れるんです。」
ちなみに彼は、ミスターチルドレン桜井さんばりの男前(学生時代にバーテンダーをやっていたらしい。←向井理も明治の学生時代にやっていたらしですね)。いやー彼が言うとかっこいんですよね。まさしくバーカウンターが似合う男。それ以来自分もいつかは自宅近くの隠れ家的バーを見つけよう、と思っていたのです。

それからはや10数年。未だにそんな洒落たバーは近所には出来ません。こんな下町に出来るわけがないが・・・

ということで洒落たバーは諦めて、隠れ家的居酒屋のカウンターで男のダンディズムを一度経験して見ようと思い、昨日自宅近くの居酒屋に出かけました。

一度家に帰り夕飯を食べた後に、きちんとスーツを着込み、仕事から帰ったにもかかわらず再度ビジネスバッグを抱え、自宅から歩いて数分のカウンターのある居酒屋へ。
なんと普段見たことがないほどの混み具合。
混み合ったカウンターでは男のダンディズムが醸し出せない、と言うことで次のお店へ。
次は一度だけ地元の知人と行ったことのある炉端焼き屋へいそいそと・・・

お店の前まで来ると炉端焼き屋でありながら、店内からカラオケの大音量が聞こえてきます。
演歌の中では男のダンディズムは醸し出せない(あくまでもジャズピアノが流れる店内が理想)、と言うことで結局そのままコンビニで発泡酒とつまみを購入。

我が家に戻ると、見慣れたハウスマスターが・・・
妻を相手に男のダンディズムを醸し出してやったぜ・・・フッフッフ


DATE: CATEGORY:金融・経済
今回のアメリカの債務上限問題は、自作自演、茶番劇、猿芝居等など揶揄されるように土壇場で回避して決着しました。
またまた同じ猿芝居を来年の2月に見ることになるのでしょうが、アメリカもそれまでにはもう少しチキンレースに陥る前に大人の解決法を学びましょうよ。

***ヤフーニュースビジネス10/17より抜粋***

(前略)とにかく「政府閉鎖」と「デフォルト危機」をめぐる与野党のバトルは終わりました。(中略)共和党保守派の「ティーパーティー」としては完敗というところです。

 これで当面の「デフォルト」の危険は去り、連邦政府の業務も再開されることになりました。2010年の中間選挙以来、アメリカ政界を「かき回して」きた「ティーパーティー」ですが、この敗北で影響力には翳りが生じていくものと思われます。

 では、彼等は何を誤ったのでしょうか?

(1)最初から作戦も落とし所もなかった、つまり無計画で「成り行き任せ」のくせにケンカを売ったというのが「そもそもの間違い」だと思います。最初に問題になった「政府閉鎖」にしても、テッド・クルーズ上院議員が9月24日に「21時間のマラソン演説」を行って「審議の時間切れ」を行ったために一種ハプニング的に発生したわけであり、共和党として計画的に行ったわけではないのです。

(2)医療保険改革が10月1日に(中略)新しい制度が発足したのですが、これまで医療保険に入れなかった人が廉価な保険に入れるようになり、加入希望者が殺到したのです。そのように制度が動き出しているにも関わらず、「廃止か延期」を叫び続けたのは失敗でした。

(3)景気を人質に取ったのは何ともマズかったと思います。そもそも2010年の中間選挙で「ティーパーティー」が躍進したのは、世論の中に「財政規律を」という声が充満したからではありませんでした。2008年の「リーマン・ショック」以来の不況、とりわけ雇用問題への不満が世論に満ちる中、その「オバマ批判」のエネルギーがブームを後押ししたのです。そのことを考えると、景気を人質に取ったというのは「初心を裏切る行為」であり、戦術として失敗でした。

(4)10月17日の「債務上限への到達期限」のギリギリまで抵抗したのも失敗でした。これによって、米国の国内景気だけでなく、世界経済まで人質に取った形になったからです。せめて先週末の時点、いや仮に17日の1日前に妥協したのでも、印象はずいぶん違ったはずです。(中略)

(5)最大の敗因は「悪いのはオバマだ。医療保険改革にこだわって対話を拒否したからだ」という印象を植え付けようとして失敗したという点です。オバマは、確かに医療保険改革に関しては柔軟ではありませんでしたが、結局のところは敵の先手を打って毅然とした態度を見せて、敵の自滅を待っていたわけです。(中略)

(6)市場が「脅し」に屈しなかったというのも大きいと思います。今週に関して言えば、株が大きく下げたのは月曜だけでした。一旦まとまりかけた合意が、先週末に「下院議員が一斉に選挙区に戻り、交渉を上院に投げた」ことで悲観論が出たのですが、以降はもう市場は下げませんでした。(中略)市場として「共和党にはアメリカ経済を破滅させる度胸はない」ことを見破られていたとも言えるでしょう。

 そんなわけで、政治的にはオバマの勝利だと言えます。(中略)では、これでアメリカの政治は安定するのでしょうか? そう安心はできません。来年2014年の1月にやって来る「再度の政府閉鎖の危機」の可能性、そして2月にやって来るかもしれない「再度の債務上限危機」に向けて、どんな政治的な合意ができるかは、これまた「政界の一寸先は闇」という感じがします。
(攻略)
 しかしまあ、アメリカというのは、つくづく「シナリオのないドラマ」とか、「締め切りギリギリの綱渡り」が好きな国です。その限りにおいて、アメリカの活力はまだまだ残っているのだと言えるのかもしれません。

***抜粋終了***

9月24日のテッド・クルーズ上院議員の「21時間のマラソン演説」ってフルで聞いた人はいるんですかね?24時間マラソンの森三中の大島よりは楽なのかな?
以前は日本の国会でも牛歩なる愚かな国会戦術を取る政党もありましたが、ただ単に議論よりも審議切れを狙う作戦は、日本でもアメリカでも受け入れられるはずがありません。
国民よりも自らの選挙民しか見ていないのは、万国共通の選挙で選ばれた議員の特徴のようです。
数ヵ月後に同じことが繰り返されるかを注意深く見ていかなければいけませんね。
DATE: CATEGORY:政治
地味な党首選でしたね。社民党の党首選が行われたこと自体知らない方も多いのでは?
新たな党首が「吉田忠智」氏。私も今回初めて知りました。
同氏はウィキペディアによれば「2010年の第22回参議院議員通常選挙では、比例区に社民党の候補者として立候補し、同党の候補者の中では、福島瑞穂に次ぐ2位の個人票を集めて、初当選した。」とあります。
いわゆる国会議員になりたてのホヤホヤですね。新しい斬新な党改革を期待したいですね・・・と言っても社民党が存続するのかどうか疑わしいですけどね。

***Jcast10/14より転載***

福島瑞穂前党首の引責辞任に伴い行われた社民党の党首選が2013年10月14日に開票され、党政審会長で参院議員の吉田忠智氏(57) が新党首に選出された。

社民党の党首選は1996年に社会党から党名が変わって以来初めて。吉田氏は9986票で、2239票を得た東京都豊島区議の石川大我氏(39)に大差をつけた。投票は、5人の所属国会議員を含め党員、協力党員の計1万7410人で行われ、投票率は71.67%だった。

***転載終了***

さてさて前党首のみずほたん(福島瑞穂氏)の最後はあっけなかったですね。
やはり前回の参議院選挙であまりに現実離れしたアニメキャラが遠因かと・・・
画像をアップしたいのですが、私のパソコン知識レベルではでどうにもアップ出来ず・・・想像してください。
JAROに訴えられても文句を言えないレベルかと・・・(笑)

ちなみに本ブログ7/12みずほたんで確認できます。
DATE: CATEGORY:金融・経済
「3社に1社が賃金アップ」と聞いてもどうもピンとこないですね。
実感としてはせいぜい2割程度じゃないですか。それとも私の周りだけでしょうか?

***サンケイビス10/15より転載***

東京商工会議所は15日、東京23区内の中小企業を対象にした賃金状況に関するアンケート調査の結果を発表した。回答企業の3社に1社(35・3%)が今年4-7月に前年同期より賃金総額を増やしており、このうち毎月の基本給や一時金・賞与の増額など、従業員の収入増につながる“賃上げ”が77・8%を占めた。

 調査結果について東商は「思ったよりがんばっている」と評価。「アベノミクスによる景気回復の先取り期待と、人材確保のため賃金増に踏み切らざるを得ない企業が半々だ」と分析している。

 この調査は今年8月19日から9月13日の間に東商事務局が戸別訪問によるヒアリングやFAXで実施し、2628社の回答を得た。企業規模では従業員5人以下の小規模零細企業を含めた20人以下の企業が約7割を占め、資本金も1000万円以下が過半数を占めている。

 東商の会員企業は全体で約70万社ある。

***転載終了***

東京の方がやはりアベノミクス効果を享受しているのでしょうか。愛知県も製造業がいい決算を迎えていることから賃金にそろそろ反映されてきてもいい頃でしょうが、あまりそのような声を聞きません。
中小企業においては、来年度の消費税増税後の消費不況を予測して、固定経費増加につながる賃金アップを見送る判断をしているのでしょう。
賃金アップが本格化するのは来年消費税増税後の動向次第ですね。
DATE: CATEGORY:金融・経済
日曜日に神社のお祭りで同じボランティア仲間(64歳)のKさんと話していたところ、ちょっとした心配事を聞きました。
Kさん「娘(29歳)が、栄で美容院を経営しているんだけど、美容院って最近すごく多いけど、やっていけるものなのかな?」
Kさんの娘さんは、海外へもよく遊びに行き、「仕事も順調!」と家族には言っているらしいのです。
美容院の経営は難しくなるこの時代、親の心配の種は尽きないようですね。

***SankeiBiz10/15より抜粋***

美容院の“開業ラッシュ”がピークを迎えている。(中略)

 テレビドラマなどをきっかけに10年以上前に起きた「カリスマ美容師ブーム」後に急増した“カリスマ世代”の美容師が、独立を考える30代を迎えていることが背景にあるという。

 しかし、美容院の利用客は少子高齢化や長引いた不況のため頭打ちになっているのが現状で、競争は厳しさを増している。(中略)

 大阪・ミナミのアメリカ村。洋服店や雑貨店などが立ち並び、多くの若者でにぎわう街で、小さな美容院が1周年を迎えた。

 オーナーの樫原圭吾さん(28)は平成24年9月に美容室「ロレングライス」を出店してから1人で働く。
約12坪のスペースにカット席は2席だけ、黒を基調にした「モード系」の内装は樫原さんのセンスが生きている。(中略)
 雑居ビルの3階だが看板は掲げず、予約客を相手に1日に5~8人をカットしている。人件費がかかっていないことと独立以前からの指名客が200人以上いるため経営は安定している。「ひとりひとりのお客さまを大切にするお店にしたい」と、将来はスタッフを雇い同規模の店舗を数店持つことが目標だ。

 理美容機器メーカーのタカラベルモント(大阪市中央区)で開業支援を担当する多田真幸さん(44)によると、最近は多くの美容師を雇う大規模な店舗より、樫原さんの店のような「プライベートサロン」のスタイルが増えた。不況や高齢化で美容院への消費者の投資が伸び悩む中、顧客との関係を深めて付加価値を高めようと考えるオーナーが増えているという。

 開業する美容師の7割は28~32歳。特に最近2~3年は急激な増加傾向にあり、「カリスマブーム後に美容師になった人たちがちょうど30歳を超え、独立を考えるようになった」と指摘する。

 厚労省の「衛生行政報告例」によると、国内の美容院数は増加の一途をたどり、20年に22万店を超えた。コンビニ(約4万8千店)の4倍以上の乱立となっている。美容師の数も年々増加しており、23年度末時点で47万人が働いている。

 樫原さんのように「いつかは自分の店を持つ」という夢を抱く美容師は多い。だが、独立する美容師が多い背景には美容師の決して恵まれているとはいえない雇用環境もある。

 華やかなイメージとは裏腹に、一般的な美容師の仕事はハード。長時間の立ち仕事に、終業後の実技練習…。雇われ美容師ほどその傾向は顕著だ。
厚労省が事業所を対象にして実施した「賃金構造基本統計調査」によると、24年度の美容師の平均勤務年数は約5年、平均年齢は28歳と、他の業種と比べると離職が早く、従業員の年齢が若い傾向にある。平均手取り月収は22万円で、国家資格が必要な職業の中では低水準となっている。
(中略)
 
 顧客数の減少で先細り感も見え隠れする業界だが、資金面でのハードルが低くなっていることが、開業ラッシュの要因にもなっている。

 多田さんによると、開業には経営が軌道に乗るまでの運転資金を含めて最低1千万円は必要という。貯蓄に加え、金融機関からの融資が不可欠だが「事業計画さえしっかりしていれば、以前よりも公庫などからの融資は受けやすくなっている」という。
だが、「職人」としてカットの腕を磨くことに情熱を注いできた美容師にとって、「ビジネス」という壁は簡単に乗り越えられるものではないといい、多田さんのもとにも「独立したいが何から手をつけていいかわからない」「事業計画が書けない」といった相談が多く寄せられる。
(中略)

 多田さんは開業ラッシュは2~3年続くと予測する。一方で「少子化や人口減少で美容院の客はどんどん少なくなっていく」とも指摘する。そして、こう付け加えた。

 「他店と違うことをやっていかないと生き残れない。店の経営に必要なのは『夢プラス現実』です」

***抜粋終了***

コンビニの4倍以上の店舗数ですか。乱立状態ですよね。
Kさんの娘さんの美容院もいわゆる「プライベートサロン」。(そこまで詳しく聞いてませんが、海外によく遊びに行く、とのことから勝手な推測です)
一人でマンションの1室を借りての「プライベートサロン」なら、自分ひとり食べていくだけの売上を上げていくのはさほど難しいことではないでしょう。全てが予約制だから、海外へ遊びに行く時間も確保できます。
でも一人で出来ることは限られていますから、必ず上限を意識するようになります。つまり技術者から経営者へ如何に脱皮していくのかを問われるのですね。
その時に、人を雇うのか、多店舗展開するのか、路面店に変更するのか等など抱える問題は多岐に渡ります。

Kさんの娘さんがどうするのかは非常に興味がありますね。自らの食い扶持だけのサロンと割り切ることも一つの経営判断ですね。
DATE: CATEGORY:日々のつぶやき
久しぶりに朝ゆっくり出来る休日。

8時過ぎに起きて、「今日は何をしよう」と何気なくテレビを見ると、
大人気のまま終了したNHKの「あまちゃん」の総集編。
もちろん見た事ありません。そりゃ朝忙しい時間帯や、昼に放送されている番組を見ること出来ませんからね。
話題の連ドラですから、出演者や簡単なあらすじは知っています。
のほほんとしたドラマは私の趣味ではありません。

チャンネルを変えることなく「あまちゃん総集編」を見続けていると、「なんてキュート!」「なんてほっこり!」
あくまでもいいとこどりの総集編ですから、本当の良さはわかりませんが、心が温かくなる雰囲気は感じとることが出来ました。
いや~それにしても能年玲奈はキュート!あの純朴な田舎くさいイメージが似合う子は彼女以外いませんよね。こんな娘がいたら可愛くて仕方ないだろうな~。
いやいやそれ以上に往年のアイドル、小泉今日子は相変わらず美しい。
いい年の取り方していますね~。

休日の午前中にほっこり出来て幸せですね。
なんて「あまちゃん」総集編を見ながらこのブログを書いていたら、妻が「休みの朝から着替えもしないでテレビの前で座り続けて掃除のジャマよ」の一言。
そりゃそうだ。さっさとどこか出かけよう(*^_^*)
DATE: CATEGORY:ダイエット
今日でダイエットスタートしてから87週間たちました。

ダイエット方法は、ただ単にこのブログに毎週土曜日夜に測定した体重を書き込むだけのゆるゆるダイエット。公開することでダイエットの意識付けを図り、自然と食事の量も減り、多少は歩くようになるのではと期待しています。

現在続けているダイエットは、
①朝晩の白米の量をお茶碗の1/5ほど減らしています。 
ご飯は100gあたりのカロリーが約170kcalなのでお茶碗一杯は大きさにもよりますが
通常120g~150gあるので200kcal~250kcal位になるそうです。
ということは1日に80~100Kcal減る計算です。
お茶碗1/5位なら苦労なく減らせます。
②78週前から始めた筋トレ、名付けて「川島メソッド」を仕事の合間に20回を2~3セット今も続けています。
「川島メソッド」とは、上腕・胸筋・腹筋を同時に鍛えるというオリジナルの筋トレです。
会社内の椅子(肘掛付き)に深く腰掛け、両側の肘掛部分を掌で持ち、上腕だけで体を宙に浮かせます。そこから上下に動かすこと20回。しかも体が宙に浮いたら、足を前に突出したまま上下動します。
体操競技の吊り輪の「十字懸垂」のまま足を前に突き出す状態。
これは効きますよ。これだけで鍛えたいところはすべてOK。

さて先週は67.8Kgでしたが、なんとか67Kg台を維持し、そして66Kg台に戻りたいものですが・・・

今週の体重は・・・

体重68.5Kg  先週67.8Kg 開始時70Kg
体脂肪18.6% 先週18.2% 開始時19.3%

あ~あ、また68Kg台に逆戻り。
振り子状態でまったく66Kg台に戻る様子なしです。

原因は・・・先週の日曜日の消防団慰労会しか思い当たらない。と言うよりも原因はそれなんです。

先週の日曜日の午前中に消防団の区の発表会。
発表会と言うのは、普段の消防活動の成果を地区の世話役、公職者、消防署等に披露するものです。
入賞することも出来ず、午後から地域の会館で慰労会。
消防団員は多分平均年齢60歳越えにもかかわらず、お酒大好き人間ばかり揃っているのです。
歩いて帰れる安心感から、全員が飲むわ飲むわ。
普段はあまり飲まない私も、次から次へとビールを注がれ、お腹は太鼓腹状態。
当日体重計に乗ると、前日よりも1.3Kgも増えていたのです。
なんたること・・・

やっと68.5Kgまで戻したのです。

ところで今日は神社のお祭り。ビール飲み放題。
来週も期待できないな~

ゆるゆるあせらずダイエット、次週も続けていきますか~~
DATE: CATEGORY:税金
バブルの頃が懐かしいな~。
会社に入社してまもなくやってきたバブル時代。
会社のお金で毎日のように夜の街に繰り出しましたね~。
当然タクシーチケットでのご帰還。
経理から文句ひとつ言われない時代を経験しました。
そんな時代が再びやってくる日が来るのかも・・・?

***日経10/12より転載***

財務省は来年度から、大企業が交際費の一部を税法上の費用(損金)に算入することを認める検討に入った。これまでは中小企業にだけ認めていたが、大企業にも対象を広げることで、来年4月の消費増税による消費需要の落ち込みを和らげるねらいがある。年末に与党がまとめる2014年度の税制改正大綱への盛り込みをめざす。

 企業の交際費は1992年度には6.2兆円あったが、11年度には2.8兆円にまで減少。零細企業が多い飲食店の経営を圧迫するとともに、消費の伸びを抑えた一因との指摘も出ていた。

 政府は消費の拡大につなげるため、13年度の税制改正で資本金1億円以下の中小企業に対し、税務上の損金に算入できる交際費の範囲を拡大。従来の「交際費の9割を最大600万円まで」から「交際費を全額、最大800万円まで」算入できるように改めた。

 14年度の税制改正では、大企業も交際費を損金に算入できるようにする。制度の詳細は今後詰めるが、無制限に認めるのではなく、中小企業と同様に一定の上限を設ける案が有力。大企業が交際費を損金に算入できれば、課税所得を減らせる。その分だけ税収減になるため、財務省はデフレからの脱却が確実になるまでの時限措置としたい考えだ。

 これまで大企業の交際費の損金算入を認めてこなかったのは、得意先への過度な接待をおさえ、企業の内部留保を厚くする目的からだった。ただ、企業が200兆円を超える手元資金を抱え、本来の意義は薄れている。財務省は企業が抱え込むお金が外に流れやすくすることで、飲食店での消費拡大による景気の下支え効果を見込む。

 もっとも、企業は依然として無駄な経費の絞り込みを進めており、損金算入を認めたからといって、すぐに交際費が増えるとは限らない。企業が交際費を増やさないと、景気の押し上げ効果も限られるおそれはある。

***転載終了***

当時の税制がどうなっていたのかは知りません。
私はまだこの業界にいませんでしたからね。
でもあの当時は、営業の仕事は、お客様をゴルフや夜の街に連れ出すことが仕事の成果に直結すると信じられていましたからね。

今回の交際費の検討は消費の拡大には大きく寄与するはずです。
しかし如何せん財務省の意向を反映させすぎ。交際費に上限は設けるべきではないでしょう。
目先の税収確保のために上限を設けたいのは理解できますがね。
企業行動を税制で縛ることは必要ありません。
大企業における交際費はあくまでも無制限。
中小企業のように資金的に厳しい会社は自然と制限するでしょうから上限にあまり意味はありませんが、大企業の社員が枠を気にせず会社のお金をじゃんじゃん消費行動に回せば、景気は必ず向上します。
そのためにも無制限にするべきでしょう。
DATE: CATEGORY:日々のつぶやき
昨夜の仕事から戻った自宅前での出来事。

一日の疲れを感じながらやっと帰り着いた我が家の玄関前の歩道に人影が・・・。
車のヘッドライトに照らし出された人影は、よく見ると、歩道に二人が座り込み、
自転車が倒れ、何やら物が散乱している様子。
「事故だ!助けなきゃ!」と慌てて駐車場に車を止め、急いで駆け付けると、
座り込んでいた二人は高校生らしき男女。二人乗りでの転倒事故か・・・

私「何があったの?」
高校生男女「いや~お腹がすいて我慢できずに食べてます。」
私「(はあ~~??)」

よく見ると、ジュース片手にお菓子を広げ、座り込んだ状態で愛を語らい中?
ちなみに我が家の目の前は、割と大きな公園があり何もこんな人が行きかう歩道で広げなくても。通行人が何人か歩道から車道へ避けながら歩いています。

私「ここでは人の往来の迷惑だから、公園へ行きなさい」と強めの注意。
高校生男女「は~い!すぐ行きま~す」

一日の締めくくりにこれではあまりいい気分ではありません。

さて今日の朝。玄関から妻が呼ぶ声。
妻に言われるまま玄関前の歩道へ。
視線の先には、食べ散らかした袋、パック、箱を綺麗に整理して、駐車場前の段差解消スロープに詰め込んであるのです。

「やってくれるな~高校生!!(怒)」
あ~親の顔が見てみたい!!食べ散らかした物を整理していたことだけは褒めるべき???

DATE: CATEGORY:日々のつぶやき
2日前の地下鉄内での出来事。

私はイスに腰掛け、文庫本を読みふけっていました。
いつの間にやら乗客が増え、目の前にはひと組のカップルが立って、話に夢中になっています。
何気なく女性の腰辺りに目を移すと、そこには本来見えてはいけないものが見えるではありませんか。
それはストッキング。
カッチリとパンツスタイルで決めたほっそりとした清楚な女性なのですが、上のシャツをストッキングの中に入れ、その上からパンツを履いているのですが、そのパンツが何故かずり落ちて、ストッキングにインしたシャツ状態が5cmほど丸見えなのです。あまりにみっともない。つり革に掴まるために片腕を上にあげたことからストッキングは上に持ち上がり、反対にキチッと決めたパンツはずり下がった様子。
相手の男性は、話に夢中で気づいていない。
目の前の私が指摘するのもどうかと思いながら、結局は3駅ほど先でカップルは降りていきました。

もしかしたら、周囲の人の反応を楽しむためのカップルのプレー?
いやいやプレーならもう少し色気のあるプレーにして欲しいものです。
DATE: CATEGORY:金融・経済
金融庁検査官オカマの黒崎が言いそうなセリフ。
「うそ言うんじゃないわよ~!!頭取のあなたがそんな大事なことを知らないなんてあるわけないじゃないの~!!」
「半沢直樹」では屈辱にまみれた黒崎も、半沢のいない「みずほ銀行」ならオネエ言葉まき散らしながら大活躍できるはず・・・

***Jcast10/8より抜粋***

みずほ銀行が暴力団員らへの融資を放置していた問題で、みずほフィナンシャルグループ(FG)の社長で、みずほ銀行の佐藤康博頭取は2013年10月8日の記者会見で、問題となった融資取引を、佐藤頭取自身や当時の西堀利頭取(すでに退任)が把握していたことを明らかにした。

これまで同行はコンプライアンス担当の役員で情報を止め、「頭取らには報告していなかった」と説明をしていた。

「取引を報告していた資料が見つかった」

みずほ銀行の佐藤康博頭取は10月8日の記者会見で、これまでの経営トップに問題融資の情報があがっていなかったという説明は事実と異なり、当時の西堀利頭取が暴力団員への融資問題を認識していたことを確認したと述べた。金融庁にも自主的に報告していたという。
(中略)
そもそも、反社会的勢力との関係は決して小さな問題ではない。それにもかかわらず、(中略) 佐藤頭取が口を開いたのは29日。記者団の取材に対して、陳謝するとともに「反社会勢力との取引が重大な問題との認識が欠けていた」「(自身に)責任がないとはいえない」と話すにとどまっていた。
(中略)

  みずほ銀行は、1997年に前身の旧第一勧業銀行が総会屋への不正融資に伴う利益供与事件で当時の役員ら11人が起訴された。日本興業銀行と富士銀行、第一勧銀の「3行統合」でみずほ銀行になっても、発足時に大規模なシステム障害を引き起こし、2011年3月には東日本大震災の被災地への義援金をめぐってシステム障害が発生。3月14日~22日まで、たびたびATMやインターネットバンキングが止まった。

いずれも金融庁からの業務改善命令を受けている。

2011年3月の大規模なシステム障害で、みずほ銀行の西堀利頭取(当時、旧富士銀行出身)は、「社会インフラを担う銀行として、あってはならないトラブル」と陳謝したが、この時すでに今回の問題融資があったことを把握していた可能性がある。

みずほの経営で常に指摘されていたのが、旧3行の「覇権争い」。その反省から、みずほ銀行は13年7月、みずほコーポレート銀行とみずほ銀行が合併。新生・みずほ銀行として「ワンバンク体制」になった。
(中略)
ただ、今回の融資問題で、金融庁の業務改善命令には「問題発生時以降、現在に至るまでの経営責任を明確化すること」が記されており、佐藤頭取も「当時の担当役員や関係者を厳しく処分する」としている。

***抜粋終了***

最近の新聞・ニュースで見たくも読みたくもなかったのが今回の事件。
その理由は、私は「みずほ銀行」の株主だからです。人間嫌なことは避けて通りたいもので、今回の報道を避けていたのです。と言っても最低単位しか持っていませんが、それでも配当がまあまああることから銀行に預けておくよりはよっぽどマシだからの選択なんですけどね・・・

株主として一言言いたい。
「今回の株価の値下がり分の損失を補填しなさいよ~。補填できないならせめて業績上げて株価を倍返しよ~!!」
DATE: CATEGORY:金融・経済
最近の日経平均の軟調は、あくまでも米国の債務問題であって、日本の株価のトレンドは上昇傾向にあると思っているのですが・・・

昨日の夜のバラエティー番組で株で大儲けした芸能人の紹介をしていました。
車中のナビでチラリと見ただけなので詳細はわかりませんが、テレビや週刊誌で「あなたも儲かる」的なことをやりだしたらそろそろ危ないのかな~。

***ヤフーニュースビジネス10/7より抜粋***

 「週刊東洋経済」(東洋経済新報社/10月5日号)は、「株・投信の攻め方 守り方」という特集を組んでいる。「東京五輪決定という追い風を受けて、株式市場に再上昇の兆しが現れた。しかし、今度は簡単に勝てる相場ではなさそう。万全の準備で臨みたい」という投資特集だ。

 FRB(連邦準備制度理事会)は、9月のFOMC(連邦公開市場委員会)で量的緩和縮小の見送りを決定。予想外の決断に金融市場は混乱したが、投資家は比較的冷静だ。というのも、世界的に景気浮揚機運が高まっているからだ。日本市場でも、企業業績の上方修正期待が株価を下支えする。「年内は底堅く推移する」とのシナリオが市場では優勢で、日経平均株価は年内に1万6000円に達し、来年3月末までに1万8000円になり得るとの声も出てきている。

 ただ、今年5月にかけてのアベノミクス相場では、ほとんどの銘柄が一斉に上がったのに対して、今回は値上がりする銘柄と値動きの重い銘柄に二極化している。丁寧な銘柄選びが求められる相場だといえる。

 特集記事「1万6000円台回復は『岩盤規制』対応がカギ アベノミクス相場第2幕に備えよ!」では、「市場参加者が日本株の先行きに対してあまり強気になることができないのは、消費税議論の趨勢よりもむしろ、雇用、医療、農業など『岩盤』と呼ばれる分野の規制に安倍内閣がどこまでメスを入れるかを測りかねているためだ」とする。
(中略)

 今後の米国の動きは、2014年1月末に任期満了を迎えるバーナンキFRB議長の後任人事と、12月17・18日のFOMCまでには決まる公算の大きい緩和縮小に注目だ。

●投資利益への増税とNISAスタート

 日本では、株式や投資信託の値上がり益や配当になどにかかる税率が、現在の10%から14年には20%へと変わるため、12月にかけて駆け込み的な利益確定売りが出てくることが予想され、日経平均が約1割下落するおそれが指摘されている。

 しかし14年に入ると、税率20%がかからない例外的な扱いとなる少額投資非課税制度NISA(ニーサ)が始まる。NISA専用口座では最長5年間、年100万円まで上場株式、ETF(上場投資信託)、REIT(不動産投資信託)、公募株式投資信託などへの投資について、売却益や配当金・分配金が非課税となる。最大で同時に500万円(100万円×5年)までの非課税枠を持つことができる。20歳以上の国内居住者が対象で、1人1口座を持つことができる仕組みだ。
(中略)
非課税の対象となるのは14年1月以降に新たに投資したものに限られるため、NISA投資が始まるのは年が明けてからだ。(中略)
 14年1月に入れば、1人当たり100万円規模の投資マネーが市場に大量流入することになるのは間違いなさそうだ。

***抜粋終了***

なるほど、なるほど。ここ最近の軟調相場は別にして、ここから年末にかけてはどうしても利益確定売りが出ることから、一旦は下落するが、年明け以降はNISA投資が始まることから市場に資金流入が始まり、東京オリンピックにかけての本格的な上昇が始まると予想していいのかな・・・
であれば、年末にかけての下値固めが最後の買い場ということだろうか。
投資下手なりに考えてみる(´ω`)
DATE: CATEGORY:税金
日本の企業の7割以上が赤字の現状。その赤字はどうなるのか?翌年度以降に持ち越して黒字から差し引きことができるのです。まあ経営者なら当然知っている事項です。
しかし赤字から黒字になったらなったで国も地方も困ることがあるようで・・・

***日経10/7より抜粋***

企業が決算で赤字を出した場合、翌年度以降に持ち越して黒字から差し引ける「繰越欠損金」が高止まりしている。最新データの2011年度末の残高は76兆円あり、企業業績がよくなっても法人税収が伸びにくい一因となっている。政府・与党は15年度以降の法人実効税率引き下げを議論するが、繰越欠損金の扱いは隠れた論点でもある。

 国税庁によると、日本企業が11年度に翌年度に繰り越した欠損金の額は76兆円で、単年度の黒字額43.6兆円(11年度)の1.7倍。黒字額の約2割にあたる9.7兆円が繰越欠損金控除として差し引かれ、実際に課税対象となった所得は33.9兆円だ。法人税収は9.4兆円だった。

 繰越欠損金がたくさん残っていると、企業が大きな利益をあげても、課税所得から差し引く欠損金の金額も大きくなるので、実際に企業がはらう税金は少なくなる。日本全体でみても法人税収が増えにくくなる。
(中略)
  実は繰越欠損金の扱いは、政府や与党が始める法人実効税率引き下げの論議とからむ。1%の実効税率引き下げで税収が4000億円程度減る。税収減の一部を補うための課税ベース拡大の有力な選択肢のひとつが、繰越欠損金制度の見直しとみられているからだ。

 30%だった法人税率(国税分)を13年3月期決算から25.5%に引き下げた際も、制度を見直した。それまで企業は繰り越した赤字で黒字すべてを相殺できたが、黒字の8割までしか赤字を差し引けなくなった。

 その結果、法人税率の引き下げで1兆2千億円の減収となるはずが、繰越制度の見直しなどで実際の減収幅は8千億円どまりに。15年度以降に実効税率をさらに引き下げるときも、繰り越した赤字を差し引ける割合をたとえば「黒字の6~7割」に圧縮するといった案が出る可能性もある。

 財務省は「法人実効税率を下げるなら、同時に課税ベース拡大が必要」と繰越欠損金制度の縮小も視野に入れる。だが、国際的にみると、日本の制度は企業に厳しい。たとえば、英国では繰越期間は無制限で、黒字から赤字を差し引く割合にも上限がない。税務会計が専門の成道秀雄成蹊大教授は「日本がこれ以上厳しくするのは現実的ではない」と話す。

 法人の課税ベースを広げるには、設備投資減税などの租税特別措置の縮小・廃止、減価償却制度の見直しといった方法もある。法人実効税率を引き下げるとしても、課税ベースの拡大は企業の税負担が増える要因で、経済界の反発は必至。政府・与党内の調整は難航しそうだ。

***抜粋終了***

税収不足を補うための課税ベース拡大の有力な選択肢のひとつが、繰越欠損金制度の見直しです。
意外と頻繁に改正が行われるにもかかわらず、あまり反対意見が聞こえてこない制度です。
取り易いところから取る、常套手段ですね。

しかしこの「繰越欠損金制度」は、立ち直りつつある赤字企業にとっては魔法の杖。赤字から黒字へ変貌を遂げつつある企業が、法人税等の資金手当の心配なく経営に邁進するためには欠かすことができない制度です。
これ以上の改悪が行われないようにして欲しいものです。



DATE: CATEGORY:ダイエット
今日でダイエットスタートしてから86週間たちました。

ダイエット方法は、ただ単にこのブログに毎週土曜日夜に測定した体重を書き込むだけのゆるゆるダイエット。公開することでダイエットの意識付けを図り、自然と食事の量も減り、多少は歩くようになるのではと期待しています。

現在続けているダイエットは、
①朝晩の白米の量をお茶碗の1/5ほど減らしています。 
ご飯は100gあたりのカロリーが約170kcalなのでお茶碗一杯は大きさにもよりますが
通常120g~150gあるので200kcal~250kcal位になるそうです。
ということは1日に80~100Kcal減る計算です。
お茶碗1/5位なら苦労なく減らせます。
②77週前から始めた筋トレ、名付けて「川島メソッド」を仕事の合間に20回を2~3セット今も続けています。
「川島メソッド」とは、上腕・胸筋・腹筋を同時に鍛えるというオリジナルの筋トレです。
会社内の椅子(肘掛付き)に深く腰掛け、両側の肘掛部分を掌で持ち、上腕だけで体を宙に浮かせます。そこから上下に動かすこと20回。しかも体が宙に浮いたら、足を前に突出したまま上下動します。
体操競技の吊り輪の「十字懸垂」のまま足を前に突き出す状態。
これは効きますよ。これだけで鍛えたいところはすべてOK。

さて先週は68.2Kgでしたが、最近68Kg台で停滞しています。67Kg台、そして66Kg台に戻りたいものですが・・・

今週の体重は・・・

体重67.8Kg  先週68.2Kg 開始時70Kg
体脂肪18.2% 先週18.7% 開始時19.3%

よかった、とりあえず67Kg台に戻ってきました。
今度は68Kg台に戻らないように気をつけなければ・・・

先週ようやく公言していたプールに行ったんですよね。
でもどう考えてもなかなか行く時間ないんですよね。
まあ時間は作るものとはいえ、仕事の時間を作るのさえ難しいのに、プールへ行く時間はやはり後回しになってしまうのも致し方ない・・・かな。

と言うもの最近は土日も予定が目白押し。
平日に行くのは無理だし、土日まで予定が入ったら・・・
たった1回のプールでくじけそう。
 
それではゆるゆるあせらずダイエット、次週も続けていきますか~~
DATE: CATEGORY:日々のつぶやき
先月末に参加した東海経営者フォーラムでのこと。
チラシにはしっかりと会場「ウィルあいち」と記載されているにもかかわらず、頭の中はいつも通い慣れた「ウィンクあいち」と処理したようです。遅れることなく「ウィンクあいち」に到着。
慌てましたね~。頭の中はパニック状態。
急いでタクシーに乗り込み「ウィルあいち」へ。紛らわしい名前勘弁してよ~!

到着するとすでにフォーラムは始まっており、パネラーたちがステージでディスカッション中。
パネラーたちは東海地区を代表するベンチャー企業の有名な方たちばかり。
ゼットンの稲本健一社長
ネットオフの黒田武志社長
エイチームの林高生社長
さすがに3人とも若くして会社を成長させた経営者だけあり、話の内容は示唆に富み、今後の自らの事業に活かしていきたいものでした。タクシー飛ばして来ただけのことはある、と思いながらも1部終了時点で「ウィルあいち」をあとにしました。

事務所に戻り、ふとパネラーのエイチームの林高生社長の話の内容を思い起こしている時に、ある記憶が・・・
急いで書棚を確認するとやはりありました。神田昌典著「非常識な成功法則」

エイチームの林社長が急成長することになったきっかけの本だそうです。林社長はこの本を読んでそのとおり実践し、土岐市のパソコンオタク集団のちっぽけなIT会社から、マザーズから東証1部へ史上最速で鞍替え急成長企業へ育て上げたのです。

私も10年ほど前に購入して読んだけれども、当時は素直に受け入れることができませんでしたね。内容はすっかり忘れましたが、印象は、「嫌な感じの上から目線な成功指南書」だったような・・・

読む人によっては書籍の価値は変わります。同じ本を読みながらもそのあとの軌跡は・・・
人間、素直が一番ですね。
DATE: CATEGORY:日々のつぶやき
先日も本ブログで取り上げた海外サーバーの課税問題(9/26「アマゾンの課税問題」)。
消費税の課税以外にも様々な問題を抱えているようです。

***Jcast10/3より抜粋***

インターネットは国や地域に関係なく、自由にアクセスできるもの――日本人を含む多くの利用者が、こう思っているだろう。ドワンゴ会長の川上量生氏は、あえて「ネットに国境はできるか」との疑問を掲げ、解説を試みた。

現状ではネットの国境はあいまいで、違法な動画サイトやアダルトサイトでも海外にサーバーがあると国内法では取り締まれない。海外のコンテンツサービスは、日本の消費税支払いもすり抜ける。自国内だけでネットをコントロールするなら、海外のネットサービスのアクセス制限しかないと考える。
(中略)
利用者は居住国の法律で、またサービス提供者はサーバーの所在地の法律で、それぞれ縛られる。この環境下で、グーグルのようにグローバルな巨大ネット企業が影響力を増している。このような状況が、ネットの「治外法権」を生み出していると分析する。

例えば動画投稿サイト。国内サービスであるニコニコ動画の場合は、テレビ番組の録画のように著作権違反の動画がアップされていないかパトロールをして、発見したら即削除するそうだが「こういうことをやっているのは日本だけです」。ユーチューブは米国のサービスのため米国のサービスに従う。米の「デジタルミレニアム著作権法」では、掲載コンテンツが著作権侵害だとサービス業者が通知を受け、これを削除すれば業者は免責される。これに対して日本では、同様の事例だと業者は免責されないだろうと考える。(中略)

アダルトサイトの取り締まりも、日本は相当厳格だ。川上氏は「2ちゃんねるが自ら積極的に探し、削除している唯一のコンテンツがこれです」と話す。いわゆる「わいせつ物陳列罪」が業者に適用される恐れが高いためだ。ところが、サーバーが国内ではなく海外に置かれていると、国内法では罰せられない。

サーバーの設置場所の問題は、税金にも関連が深い。電子書籍のように、海外のサーバーから配信されるコンテンツには消費税がかからないのだ。企業が本社を租税回避地(タックスヘイブン)に置き、課税を免れるのと似ていると話す。

こうした状況の改善策として考えられるのが、国際的な協力体制の確立だ。実際に2001年に欧州で「サイバー犯罪条約」が発案された。不正アクセスに対して各国で協調して防ぐという内容で2004年に発効、日本では2012年から効力が生じている。明らかな国際犯罪行為に対抗する点では国際間での合意を得やすいだろう。一方で、「税金のように利害が絡む内容になると調整は難しい」と悲観的だ。すると国際協調できないジャンルは「無法地帯」となる。海外にサーバーが置かれているアダルトサイトに、日本の当局が強制執行できないままとなる。

自国内で国境を「確定」させる唯一の方法――川上氏は「アクセス制限しかありません」と説明した。自国の法律を守らない海外サイトを遮断するのだ。実際にこの方法をとっている国がある。中国だ。当局が「グレート・ファイアウォール」と呼ばれる巨大なネット規制システムを組み上げ、フェイスブックやツイッター、ユーチューブへの接続をはじき出す。言うことをきかない「有害サイト」はすべて取り締まるのだ。「正義か悪かは別として」と前置きしてから、国がネットをコントロールしようとする場合に「極めてまっとうなやり方」と話した。

日本でも今後、海外にサーバーのあるサービスとどう向き合うのか議論を重ねていくことの重要性を指摘した。

***抜粋終了***

簡単に国境を越えてくるネットに対して、特に疑問を持たず、そのままの形で利益を享受しているネット利用者が大多数を占めている現状では、法改正の動きはあまり見られないのでしょうが、自国の法律を守らない違法サイトがネット上を席巻し、国内サーバーが海外にサーバーを設置するようになった時には日本はどう対処していけばいいのでしょう。
ネットの中国化?あまりいいイメージではないですよね。国家による情報管理・情報操作ですよね。
野放しがいいのか、あるいは国家による情報管理がいいのか、う~ん難しすぎる(´・_・`)

DATE: CATEGORY:日々のつぶやき
昨日の日経夕刊のコラムに東京理科大学教授の黒田玲子氏が「数独」について書いていましたね。
私も数年前には熱心に「数独」を解いていたことを懐かしく思い出しました。

***日経10/2より転載***

 「スドクって知っているでしょ」と、かなり前にイギリスの友人から聞かれた。どんな漢字を書くのかと聞き返すわけにもいかない。日本から始まった数字のゲームだというから、論語の素読(そどく)でもないし、「数読」とでも書くのかしらと想像していた。これが数独(すうどく)との出会いである。

 1~9の数字を9行、9列の行、列に、さらに分割された3×3のブロックの中に矛盾なく1回だけ入れる数のパズルだ。このゲームのもとは18世紀の数学者オイラーの「ラテン方陣」で、数学の研究テーマになるものだ。1979年にアメリカ人の建築家、ガーンズが、それを基に今の形を考案したそうだ。すべて1桁の数字つまりシングル・デジット、シングルには独身という意味もあるからと、鍜治真起氏が「数字は独身に限る」と命名し紹介、その後、「数独」が正式名となった。

 海外ではSudokuと呼ばれているが、今やクロスワードパズルと伍(ご)する人気で、英国の新聞にも並んで登場する。数独の9×9のマスに、マス9個分を占める文字iの形の色がついていて、そこにも、1~9の数字が1度だけ入るルールが加わったidokuというものもある。パズルも進化していく。

 数独をやったからといって、知識が増えるわけでもないが、頭の体操になり、なんといっても達成感がある。

 でも、数独はクロスワードパズルと違って、人と相談しながら一緒にやることはできない。黙々とやっている姿は、隣人の存在を忘れて並んで黙々とスマホをやる姿と重なる。だから、今の社会でこんなにも流行るのだろうか。それとも、皆、数字が好き?? ひょっとしたら、「数独」の「独」は「孤独」の方なのかしら。

***転載終了***

私が「数独」を知ったのは、13年前に初めてオーストラリアの男子高校生の留学生を受け入れした時です。彼が熱心に「数独」をやっていたことから興味を持ち、いつの間にやら夢中になっていました。日本生まれの「数独」を外国人から知るなんてまさに逆輸入。
さてその後、熱にうなされればいつか覚めると同じで、3年ほど前からパッタリとやらなくなってしまったのです。暇つぶしの暇自体がなくなってしまったからですかね・・・
ただそれと同時にどうも脳の衰えを感じる様になったのも事実。
今一度「数独」のお力で脳を鍛え直すのも一法かも・・・
DATE: CATEGORY:税金
予定通り安部総理の消費税引き上げを表明しましたね。
会見も随分手馴れた感じがしますね。東京オリンピック招致のスピーチでより一層自身を深めた雰囲気です。
それでも一言言いたいことが・・・

***Jcast10/1より抜粋***

安倍晋三首相は2013年10月1日夕方会見し、14年4月から消費税率を5%から8%に引き上げることを表明した。消費税率が上がるのは橋本龍太郎内閣が97年4月に3%から5%に引き上げて以来17年ぶり。

景気の腰折れを防ぐための総額5兆円規模の経済対策も示した。復興法人税を1年前倒しで廃止するほか、賃上げした企業の法人税を減らすなどする。個人向け対策としては、低所得者2400万人に1万円を支給し、年収500万円以下の住宅購入者には10~30万円を給付する。12月に具体案をまとめたい考え。

消費増税分は「社会保障にしか使わない」

安倍首相は会見冒頭、「社会保障を安定させ、厳しい財政を再建するために、財源の確保は待ったなし。だからこそ昨年、(民主党の野田内閣が提出した)消費税を引き上げる法律に私たち自民党、公明党は賛成した」
と増税の意義を強調。消費増税による税収は「社会保障にしか使わない。当然、歳出の無駄は不断に削減していく」と述べた。

消費が落ち込むリスクについては、2期連続で3%以上のプラス成長をしていること、有効求人倍率が0.95まで回復したこと、設備投資が持ち直していることなどを挙げながら

「15年間にわたるデフレマインドによってもたらされた日本経済の縮みマインドは変化しつつある。であれば、大胆な経済対策を果断に実行し、景気回復のチャンスをさらに確実なものにすることにより、経済再生と財政健全化が両立しうる。これが熟慮した上の私の結論」
と説明、理解を求めた。それ以外にも、10月1日朝発表された日銀の企業短期経済観測調査(短観)で、大企業製造業の業況判断指数(DI)が3期連続の改善となったことも、増税に向けた判断を後押しした。

法律どおり15年10月に10%に引き上げるかどうかについては、「適切に決断していきたい」と述べるにとどまった。

***抜粋終了***

まあ言いたいことは色々あるけれども、その中でも一つだけ。住民税の非課税世帯を対象に1人当たり1万円を現金支給する低所得者に対する負担軽減策。
これって恒久的に行われるわけではなく1回限りの措置。
もらった方は思わぬ臨時ボーナスで嬉しいでしょうが、でもそれだけですよね。
「小遣いやるからグチグチ言うな。」とでも言いたげなお札で頬を引っぱたく完全なバラマキ政策。
バラマキ政策であれば、せめて消費に回るクーポンにして欲しいですね。
2015年の10%増額の時にも同じような政策になるんだろうな~。

日本の最高学府を出た役人・政治家に贈る老子の言葉。
「授人以魚 不如授人以漁」(「人に魚を与えれば一日で食べてしまうが、釣りを教えれば一生食べていける」)
高齢者・低所得者にその場しのぎの優しさだけを提供するのではなく、高齢者・低所得者が自活できる生活を提供する政策を実行してもらいたいものです。

copyright © 2017 男! 川島ゆるゆるブログ all rights reserved.Powered by FC2ブログ