プロフィール

hiromaru70511

Author:hiromaru70511
川島会計事務所 名古屋市千種区で会計事務所を営んでいます税理士の川島弘久です。
当事務所は、会計業務・申告業務はもちろん、経営全般・経営計画を重視する事務所です。経営者とともに売上・事業を伸ばしていくことが最大の目標です。

ブログタイトルの「男川島」は尊敬する先輩が、私が何かをするたびに「さすが!男川島」と呼んでいたことから拝借しました。

川島会計事務所HP http://www.kawashima-ao.com/


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


DATE: CATEGORY:ダイエット
今日でダイエットスタートしてから72週間たちました。

ダイエット方法は、ただ単にこのブログに毎週土曜日夜に測定した体重を書き込むだけのゆるゆるダイエット。公開することでダイエットの意識付けを図り、自然と食事の量も減り、多少は歩くようになるのではと期待しています。

現在続けているダイエットは、
①朝晩の白米の量をお茶碗の1/5ほど減らしています。 
ご飯は100gあたりのカロリーが約170kcalなのでお茶碗一杯は大きさにもよりますが
通常120g~150gあるので200kcal~250kcal位になるそうです。
ということは1日に80~100Kcal減る計算です。
お茶碗1/5位なら苦労なく減らせます。
②63週前から始めた筋トレ、名付けて「川島メソッド」を仕事の合間に20回を2~3セット今も続けています。
「川島メソッド」とは、上腕・胸筋・腹筋を同時に鍛えるというオリジナルの筋トレです。
会社内の椅子(肘掛付き)に深く腰掛け、両側の肘掛部分を掌で持ち、上腕だけで体を宙に浮かせます。そこから上下に動かすこと20回。しかも体が宙に浮いたら、足を前に突出したまま上下動します。
体操競技の吊り輪の「十字懸垂」のまま足を前に突き出す状態。
これは効きますよ。これだけで鍛えたいところはすべてOK。

さて先週は67.3Kgでしたが、今週はなんとか66Kg台にカムバックできますように・・・

今週の体重は・・・

体重67.0Kg  先週67.3Kg 開始時70Kg
体脂肪17.9% 先週17.5% 開始時19.3%

残念!今回も66Kg台に戻れなかった~~。
まあ300g減少したのだから良しとしましょうか。

そう言えば今日で1年の半分が過ぎたんですね。
今年のスタートをちょっくら調べてみると・・・あれ~1月6日の体重が67Kgジャストです。
え~自分では頑張ってる感いっぱいなのに、まったく変化なし。
結果的には今の方法では現状維持する効果しかないということですね。

ということでもう一つダイエット方法を加えます。
実はさっきテレビ「世界一受けたい授業」で見たばかりの「インアウトダイエット」です。
「インアウトダイエット」とは、ただ単に「お腹を出し入れするだけ」の簡単ダイエットです。
普段何気ない時にお腹をへこましたり、出したりするだけで、お腹周りの脂肪を燃焼し、ウェストを細くすることが出来るようです。これ簡単じゃん!!これなら出来そう!!パソコンを打ちながらも簡単に出来ます。
さっそくウェストサイズを測ると、81.5cmでした。脇腹のプルプルが気になるお年頃です。

ウェストサイズは毎週公表することはせず、1カ月単位で公表することにしましょう。
 
ゆるゆるあせらずダイエット、次週も続けていきますか~~
スポンサーサイト
DATE: CATEGORY:金融・経済
昨年金を2Kgほど売却したお客様が、3月の確定申告時に「いや~、金価格が上昇してもう天井だと思うから一部の金を売りましたよ。残りはもしかしてスーパーインフレが来た時のために保有しておきます。」なんてことを言っていたことを思いだしました。
さすがです。売り時は大正解ですよね。ここ最近の金の下落を予測していたかのような動きです。
一時は金本位制になって、天井知らずで金価格が上がるのではとさえ思っていたものです。

一方私の方は、相も変わらず下落しようが「バイ・アンド・ホールド」。
と言えばかっこいいですが、要は売り時がわからない投資下手です。

いやいや金を投資と思うから損したと感じるのです。あくまでも金は観賞用であり、宝飾用とでも思えばホールドする意味が見出せます。そのうちにすべて金歯に総取り替えなんて面白いかも・・・なわけないか。

微々たる量の金しか保有していないにもかかわらず、金価格を論じるのもおこがましいのですが・・・

DATE: CATEGORY:日々のつぶやき
中津川市に向かう道中のこと。
中央自動車道の屏風山SAでトイレ休憩に入ったところ、棚のところに黒い袋が一つ置いてありました。
何だろうと思い、袋の中を見るとそこには、分厚く膨らんだポーターの財布があるのです。
「あちゃー忘れものだ」と急いでトイレから出て辺りを見回しても、持ち主らしき人物は見当たりません。
「さてどうしよう」とトイレ出入り口を見ると、そこには「不審物・落し物等を見つけた方は〇〇まで」の掲示板があります。
指示された電話番号にかけて状況を説明すると、「折り返し警察から電話をいれますのでそのままお待ちください」との指示が・・・。
5分後に警察から電話があり、再度状況説明。すると「そのままそこでお待ちください。20分ほどで到着します」との回答。
もうすでにアポの時間が迫っていた私は「そんなに待てません。どうしたらいいですか?」と聞くと警察は「それでは最寄りの警察に届け出てください」と言うのです。
「私は名古屋なので、この辺りは詳しくありません。名古屋に戻ってから届け出てもいいですか?」と聞くと「落とし主が財布を取りに行くのに名古屋へ行くことになるので出来れば近隣交番に届けてください」と言われました。
時間が迫っている私は「わかりました。仕事が終わってから届け出ます」と答えお客様の所へ向かうことにしたのです。
恵那インターを降り、念のためナビで交番を調べると、恵那市には2件の交番しか出てきません。しかも近いところで25Kmも離れています(後で知りましたが、遠くの交番を見ていたようで、もう少し近くにありました)。えー恵那市って交番そんなに少ないの???
仕事を済ませ、さて交番へ向かおうと走らせたのは、財布を拾ってからすでに3時間が経過。すると見知らぬ番号からの電話が・・・、バタバタと慌てていたら切れてしまいました。
知らない人に折り返して電話するのも何だかな~、と思いながら車を走らせていると一つの疑問が・・・
もしかしたら警察に届け出ると答えてからすでに数時間が経過しており、私に窃盗疑惑がかかっているのではないだろうか・・・。さっきの見知らぬ電話は、疑った警察からの電話だったのではないだろうか・・・。
早く届け出ないとあらぬ疑いをかけられてしまう・・・。気持ちは焦る。
25Kmも離れた交番を目指し明らかにスピード超過。なんでこんなに遠いの?こんなことなら拾わなきゃよかった・・・(泣)

やっとたどり着いた交番で状況説明をし、警察官と一緒に中身を確認して驚き。
お金は小銭のみの641円。米ドル14ドル。
あとは免許書、クレジットカード2枚、銀行カード3枚、ポイントカード相当枚数。
お札は全くなし。この落とし主は641円で今日一日を過ごす予定だったのでしょうか、それとも誰かに札だけ抜かれたのでしょうか???
警察では6か月後にどうするか?落とし主が見つかった場合に私の氏名を教えるか?等を聞かれましたが、どちらも必要ありません、と答えそそくさと警察を後にしました。

また帰路インターに向かう道中で、先ほど出れなかった番号から電話がかかってきました。急いで出ると、やはり警察でした。話の内容は「落とし主が現れたのですが、財布はどうしましたか?」と責めるような口調。
届け出た警察署を教え電話を置きました。
う~ん、世間的にはいいことをしたのに、何故か気分が晴れない出来事でしたね。
まあ知らないところをドライブ出来て良かったかも・・・

DATE: CATEGORY:政治
またまたやってくれました鳩山元総理。
出勤時の情報番組「特ダネ」で怒りのニュースを確認。急いで日経も確認すると小さな囲み記事の扱いです。
全柔連の会長の辞任なんかよりもこちらの方がニュースバリューは大きいでしょう。

***日経6/26より転載***

鳩山元首相 「日本が尖閣盗んだ」理解
 ■鳩山元首相 鳩山由紀夫元首相が香港フェニックステレビのインタビューで、沖縄県・尖閣諸島について「中国側から日本が盗んだと思われても仕方がない」などと中国の主張に理解を示す発言をしていたことが分かった。菅義偉官房長官は25日の記者会見で「絶句した。国益を著しく損なう。断じて許すことができない」と批判した。

***転載終了***

このブログでも鳩山元総理については何度となくカキコしています。それはあきれるばかりの元総理の行動・言動を非難するものですが、今回も菅官房長官が言うように開いた口がふさがりません。
この方、日本の国益を損なうとわかっていながらも、自らの友愛精神に基づいて行動する方と認識しています。今回も日本政府が固有の領土としている尖閣諸島について、明らかに中国側主張に基づいて発言しています。
日本で重きを置かれなくなった鳩山元総理は、国賓級扱いの中国側の気持ちを忖度して、中国側が気持ちのいい言動を行っているのでしょう。
政治アナリストの伊藤惇夫氏がそんな鳩山元総理を評して「善意の暴走車」と表現していました。言いえて妙です。どこに向かって善意を発揮すべきなのかは明らかでしょうにね。
あ~腹立たしい!!
DATE: CATEGORY:日々のつぶやき
先日の同友会ゴルフでの雑談の中で面白いことを聞きました。
メンバーの中にラーメン店を経営しているI氏が今度ドイツに出店するとのこと。
I氏曰く「ドイツでは、ラーメンを健康食と思っているみたいで、日本食ブームの中面白いように売れている」

最近外国で日本食ブームであることは聞きかじっていましたが、まさかラーメンが日本食の範疇で、しかも日本食であればすべて健康食であると考えられているとは意外でした。

ラーメンが健康食と言われることには随分と違和感を感じることですよね。しかも油ぎっとぎっとのとんこつスープとくれば首を捻りたくもなります。

健康食の代表と言われる「お寿司」も、大量のお砂糖が入っていることから、健康食の代名詞から多少外れつつある昨今、ラーメンが健康食とは・・・

ところ変われば常識も変わる、いい事例ですよね。
DATE: CATEGORY:日々のつぶやき
先週末にたった1泊だけの東京の雰囲気を味わってきたのですが、その中でちょっとショックな出来事がありました。何かと言うと「ヘイトスピーチ」の現場をたまたま見てしまったこと。

ヘイトスピーチとは、「憎悪表現」とか「差別的表現」などを意味するようですが、最近では東京の新大久保で見られる韓国を公然と侮辱する「ヘイトスピーチ」が話題になっています。

一人で渋谷ヒカリエと渋谷センター街を堪能した後に、DJポリスで話題になったスクランブル交差点に差し掛かった時に、何かを叫ぶ大きな声が聞こえました。都議選最終日だったことから最後のお願いに立候補者が来たのかと思っていたら、これが「ヘイトスピーチ」を叫ぶデモ隊。
韓国を口汚く罵る内容は、あまりに酷いもの。叫ぶ内容は同じ日本人として共感できる部分はあるものの、表現方法については嫌悪感を覚えるものです。
ただ単に悪口だけを垂れ流す様は、成熟した日本では、あまりに違和感を感じたものです。
韓国・中国が日章旗を燃やしたり、首相の似顔絵を破ったりする様を映像で見る度に、民度が低いな~と感じていた私にとっては、同じような行為を日本人がやっているのを目の前で見て、楽しい東京巡りが、一瞬にして複雑な気分になってしまいました。
外国人の往来の激しい渋谷センター街で行っているのも何だかな~。

考えさせられる東京での一幕でしたね。
DATE: CATEGORY:ダイエット
今日でダイエットスタートしてから71週間たちました。

ダイエット方法は、ただ単にこのブログに毎週土曜日夜に測定した体重を書き込むだけのゆるゆるダイエット。公開することでダイエットの意識付けを図り、自然と食事の量も減り、多少は歩くようになるのではと期待しています。

現在続けているダイエットは、
①朝晩の白米の量をお茶碗の1/5ほど減らしています。 
ご飯は100gあたりのカロリーが約170kcalなのでお茶碗一杯は大きさにもよりますが
通常120g~150gあるので200kcal~250kcal位になるそうです。
ということは1日に80~100Kcal減る計算です。
お茶碗1/5位なら苦労なく減らせます。
②62週前から始めた筋トレ、名付けて「川島メソッド」を仕事の合間に20回を2~3セット今も続けています。
「川島メソッド」とは、上腕・胸筋・腹筋を同時に鍛えるというオリジナルの筋トレです。
会社内の椅子(肘掛付き)に深く腰掛け、両側の肘掛部分を掌で持ち、上腕だけで体を宙に浮かせます。そこから上下に動かすこと20回。しかも体が宙に浮いたら、足を前に突出したまま上下動します。
体操競技の吊り輪の「十字懸垂」のまま足を前に突き出す状態。
これは効きますよ。これだけで鍛えたいところはすべてOK。

さて先週は66.8Kgでしたが、今週はなんとか66Kg台が維持できますように・・・

今週の体重は・・・

体重67.3Kg  先週66.8Kg 開始時70Kg
体脂肪17.5% 先週17.7% 開始時19.3%

またまた67Kg台に戻ってしまいました~~。
先週やっと66Kg台に戻したのに、たった1週間で67Kg台とは・・・やはり危機感のない1週間でした。
旅に出れば現地の美味しいものが食べたくなる、普段以上に食べてしまう、これはどうしようもありません。
金曜日・土曜日と静岡・東京で食べまくりですからね。
静岡では当然「シラス丼」、「お茶の饅頭(名前不明)」、東京では「江戸前回転すし」「焼肉」「フレンチトースト」「鷹虎濃厚とんかつラーメン」等など。焼肉、お寿司となれば当然生ビールは付き物。カロリー摂取は相当なもの。
これだけ際限なく食べまくりの状態で500g増ですから良しとしときましょう。
 
ゆるゆるあせらずダイエット、次週も続けていきますか~~
DATE: CATEGORY:日々のつぶやき
昨日の夜から東京にきています。
8年振りです。仕事で東京に来る用事などはほとんど皆無ですからね。
あまりのおのぼりさん状態で首が疲れます。
東京に来た理由は、PTAの関係で静岡市に行くことになり、静岡まで行くのならついでに長男の住む東京まで行ってみようか、と軽い気持ちで出かけたのです。ホントに軽い気持ちで家内に「ちょっとだけ寄ってみる」と家内に言ったら、「これ持って行って、ついでにあれも持って行って」と大量の荷物を運ぶ羽目に。ほとんどが食料品。そりゃ男一人で暮らしていれば、まともな食生活を送れるとは思わないけれど、だからといってキャリーバック一杯に食料を詰め込むなんて、自分の荷物を入れる隙間もありません。まあ自分の荷物は替えシャツと靴下だけですからほんのちょっとの隙間で十分なんですけどね。
さて久しぶりに会った長男は、少し痩せた気が…、髪の毛も随分と伸びている…。
聞けば、「美容院に行くお金がない」「自炊しているけど、最近は忙しくて作るのが面倒」などで今の状況に至ったとのこと。
まずは服を買って欲しい、との要望で、早速東京駅近くのH&Mへ。ええーおしゃれなのに意外と安い。5枚買っても、諭吉さん一枚で足りてしまう。でもさすがに東京ですね。試着するために25分も並ぶ羽目に。皆さん我慢強いですね。
次には新鮮な魚が食べたい、との要望で、回るお寿司屋さんへ。これが意外と美味しい。漁港直送はウソではなさそう。でもさすがに東京ですね。女性一人が次々とやってきて、さっさと食事を済ませて帰るんですね。回るお寿司屋さんはファミリーの食事というイメージとは違う現実があるのですね。
次は乾物と布団が欲しい、との要望で22時過ぎにドン・キホーテへ。さすがに東京ですね。こんな時間に店内は人だらけ。レジ待ちは当然。なんか疲れるな~。
さあ本日土曜日は朝からデニーズでモーニング。長男が食べたいモーニングセットを2つ選ばせて、自分はそこからおこぼれを頂きました。何だかな~。
さて今からは長男は大学へ。待ち時間を利用して私はブログをアップ。
お昼はラーメン、夜は焼肉、まだ今日1日長男の財布代わり。何をねだられるやら。スネだけがやせ細る1日になりそうです。
DATE: CATEGORY:日々のつぶやき
いやはや色んなアルバイトがあるもので・・・
お年寄りにはお年寄りにふさわしい仕事があるものです。

***J-CASTニュースより抜粋***

「座ってるだけ 80才以上 昼寝付」 京都・しば 漬け店の「バイト募集」条件が話題

「座ってるだけ 80才以上」…。京都のしば漬け店が店先に掲 げているアルバイト募集の労働条件がすごい、と話題だ。 比叡山への西の入口となっている京都市左京区の八瀬比叡山口駅前に、名物のしば漬けを売る店「又寅(またとら)」がある。 その店先に掲げられているのが、風変わりなアルバイト募集の張り紙だ。

それを見た大阪府在住の主婦が、ツイッターで2013年6月16日に「破格の労働条件で驚愕した…!」とつぶやいた。 アップされた写真には、前述した労働条件のほかに、「元気のない方 昼寝付」などと書かれている。それで、時給が1000円以上というのだ。主婦は、「オレがあと40才ちょい歳をとっていたら…!」とうらやましがった。 このツイートは、ネット上で反響を呼び、(中略)羨望を込めて「来年度やばそうなんで、 年齢サバ読んで応募したい」「元気のなさには自信があるのに年齢の壁が…(つД`)」といったため息も漏れていた。(中略)
又寅の田辺孝之店主は、取材に対し、張り紙のような労働条件にしていることについて次のように説明した。

民族衣装を着てもらい看板娘に

「いわゆる看板娘として、かすりの着物を着て、頭に手ぬぐ いを被る大原女(おはらめ)姿になってもらいます。お年寄りが民族衣装を着た方が、受けがよろしいので、若い人では意味がありません。(中略)電車を降りたときに、心が安らぐようにと考えました」

大原女は、しば漬けの発祥地とされる京都・大原で、昭和初期ごろまで薪などを頭に載せて行商をしていた女性を指す。「元気のない方」としたことについては、田辺孝之店主はこう説明する。

「商売はしなくていいので、べらべらとしゃべるんと違いますからね。『どっから来よったんか』と言ってもらえるだけでいいんですよ」

昼寝付も本当だと言う。「疲れが取れるまで、1時間でも2時間でもいい。お年寄りは、寝ているのも絵になります」 (中略)
応募があるものの、70歳や75歳の人が来るという。「今の人は若く見えるので、芸者のようになって、 ちょっと具合が悪い。ほんまのお年寄りがほしいんですよ」 これまでは、母親の玉子さんが看板娘をしていたが、2013年4月25日に89歳で亡くなってしまった。今はアルバイトがいないため、店先で看板娘の映像を流しているほか、マネキン人形を1体から3体に増やして代わりにしている。(中略)
「マネキンも、それはそれで受けますよ。お年寄りが来ないなら、その方が笑いを取れていいと思っています」

***抜粋終了***

ある顧問先での話。
A社は、地場で長年営業を続ける不動産関連企業。地元では知らない人がいないくらい定着しています。
A社の看板娘がやはり80歳。
社長曰く「お客様は地元のおじいちゃん、おばあちゃんが多く、看板娘と話をするためにわざわざ寄ってくれる人も多い」
定年を超えた高齢者の給与は、一般社員の5割~7割程度で抑えられるものですが、看板娘には一般社員よりも多く支払っています。それだけの価値を認めていることになります。
やはり年は取っても必要とされる人はいるんですよね。
私もそんな人になりたい・・・家ではすでに不用品???泣
DATE: CATEGORY:日々のつぶやき
普段何気なく使っていた言葉に、そんな意味があったとは・・・

自分の無知をさらけ出すようですが、私は昔から一般常識に疎いところがあり、そんな誰でも知っているような内容を知らずに驚かれることがしばしばあります。

先日のこと。高校3年の次男が家内に質問をしていました。
「1年のうち、日にちが31日ない月の覚え方で、西向くサムライって、2月、4月、6月、9月は語呂でわかるけど、11月はどうしてサムライなの?」

私は何の疑問も抱かずに、サムライは11月と意味も知らずに覚えこんでいました。
家内曰く「11は漢数字で書くと、十一と書くでしょ。その漢数字を縦書きにすると、”士”だから、サムライと言うのよ」

なるほど!!知りませんでした。これを考えた人はすごいですね。
法学部出身の私が、六法全書が「憲法・民法・商法・民事訴訟法・刑法・刑事訴訟法」のことを指すと社会人になってから知った時以上の驚きです。
あ~恥ずかしい!
DATE: CATEGORY:金融・経済
既存のモノとモノとの組み合わせが新しい価値を作り出す、そんな発想がビジネスマンには求められています。
例えば「プリン」に「しょうゆ」を加えると「ウニ」になる・・・ちょっと違うか(笑)

***日経6/18より転載***

車・収納レンタル 一石二鳥

 広い収納スペースとマイカー。地価の高い都心で持つには値が張る。東京急行電鉄とオリックス自動車が組んで5月、東京・二子玉川に開いた「クラモ二子玉川」はどちらもレンタルできる。

 駐車場には2台のカーシェアリング用の車。背後の建物にはレンタル収納スペースが225部屋並ぶ。レンタル収納はここ数年注目されているが、物を出し入れするには荷物を持って自宅と行き来しなければならず、「車を持っている人の利用がほとんど」(東急)。敷地内でカーシェアも利用できるため、マイカーを持っていない人も収納を使える。

 収納スペースの広さは本や洋服をしまう程度の0.12畳(利用料は月3000円)から大型の家具も入る1.85畳(2万円)まで。温度や湿度を一定にしており、近所に住む50代男性は「自分の家にしまい込んでおくより、カビも生えにくそう」。

 収納に保管したバーベキューセットを持ち出し、カーシェアの車で河川敷に出かけるといった使い方もできる。若い世代に広がる「所有しない」生活に役立ちそうだ。

***転載終了***

このようなお互いを補完し合う組み合わせはビジネスにおいては非常に重要です。
発明品でも組み合わせることによって爆発的にヒットする例はたくさんあります。
消しゴム付鉛筆、ラジカセ、テレビデオ、留守番電話、シャチハタボールペンなど等数え上げれば随分とあることでしょう。
ビジネスとビジネスを掛け合わせることによって新しいビジネス、市場が生まれる可能性が高まります。
常にこのような頭の訓練を積むことが自らのビジネスに跳ね返ってくることでしょう。
DATE: CATEGORY:日々のつぶやき
会社の再建策・事業の立て直しの相談をよく受けますが、その手法はどうしてもトヨタ生産方式のような「ムリ・ムダ・ムラ」を無くす手法からスタートしがちです。その結果として社内の風通しが悪くなり、改善が見られないという現象はよくあることです。
そんな時には「北風と太陽」の考え方がヒントになるかもしれません。

***日経6/17より抜粋***

売り上げの振るわない店の業績を、どう改善するか。小売業やサービス業では、しばしば直面する課題だ。銀座に本社を構える、ある和菓子チェーンの会社はビデオを使ってみた。成績不振の店で接客時の動きなどを記録し、直すべきところを指摘していったという。

▼結果はどうなったか。ムードが悪くなり、ますます売り上げが減ったそうだ。発案者の営業部長は方針を変える。いいところを積極的に見つけ、褒めることにしたのだ。明るい雰囲気の中で社員の本音に耳を傾ける。目標額の押しつけもしない。こうして業績を伸ばした。社長となった今も、方針は変えていないと語る。

▼これは、少子化問題や働き方の変化に詳しい白河桃子さんが著書で紹介する話だ。白河さんはこの社長が女性である点に注目する。「できるやつだけついてこい」という怖い父親のようなリーダー像とはひと味違う、「隅々まで目を配り、できない子供も決して見捨てない」母親型のリーダーが、時には新風を吹き込む。

▼どちらが正解ということではない。人を動かすにはさまざまなやり方があっていい、という話だろう。(後略)

***抜粋終了***

最近の傾向として、父親型の「俺についてこい!」タイプの経営はどうもうまくいきません。こぼれる社員はいるけれども、ついてこれる社員だけを拾い上げながら会社を発展させていく馬力のある経営者は少なくなっていますが、それでも少なからずそのようなタイプの経営者の会社は落伍者が多くなり次第に崩壊する傾向があります。
今では、母親型の優しく包み込む経営に優秀な人材が集まり、企業を発展・拡大させている傾向が見られます。
一過性の物なのか、それともこの傾向が定着するのかはわかりませんが、家族でも子供は最後は母親を選択することが多いのと同じく、母親の優しさには父親は勝てないのでしょうかね~。
なんか複雑な気分です。
DATE: CATEGORY:金融・経済
最近は特に実感しています。使われない土地がゴロゴロと・・・
その割には私のところには回ってきませんが・・・

***ニュースの教科書より抜粋***

政府は6月11日、平成25年版の「土地白書」を閣議決定した。人口の減少と高齢化の進展で使われない土地の増加が顕著になっており、土地が余っている実態が浮き彫りになった。

日本では、宅地資産の約60%が高齢者によって保有されており、その資産総額は約530兆円にものぼる。少子高齢化が進んでいくと、現在の子育て世代が住宅を購入しても、その後、相続によってさらに不動産を取得する可能性が高くなる。収益性の高い資産であれば問題ないが、そうでない場合には、有効活用されない不動産が増加することになる。

実際、その傾向はすでに顕著になってきており、自身が居住している以外の不動産に関して利用状況を尋ねた調査では「未利用である」との回答が約3割に達している。今後相続する可能性がある土地についても「利用する予定はないと」の回答が3割強となっている。

全国の自治体に対して行ったアンケート調査では、人口が減少している市町村では、空き地が増加している割合が高いという結果が出ている。

かつて日本では「国土が狭いので土地は貴重品である」といわれ、皆がこぞって土地の購入を希望していた。だが実際には土地の高度利用が進まなかっただけで、土地の絶対量が少ないわけではなかったのである。住宅を建設すれば、業者も儲かり、手っ取り早くGDPの数値も上がるという背景があり、安易な宅地開発が官民一体となって推奨された。

結果として残されたのは、質が悪く永続居住ができない住宅と収益性の低い土地ばかりであった。国土交通省ではこういった土地の有効活用を促進する政策が必要と指摘しているが、同省の意向とは裏腹に、この状況が改善される見込みは少ない。放棄される土地はさらに増加し、都市部への人口集約はさらに進んでいく可能性が高い。
(中略)
有効活用されない土地への対策も重要だが、もっとも必要とされているのは、土地が余ることと、都市部への人口集中が不可避であることを大前提にした、土地の高度利用政策である。
年金の受給開始年齢が遅くなることは確実であり、多くの国民が生涯働き続けないと生活できない状況になりつつある。住宅環境が劣悪にならないよう、コンパクトだが質の高い賃貸住宅を整備するための施策が必要である。

***抜粋終了***

少子高齢化社会に適した街造りとは、分散化した人々を集約化させたコンパクトな都市化がもっとも効率がいいと思っています。
行政機能の集約化、人口の集約化、土地の高度化利用などのパッケージ化により行政運営を行わない限り、少子高齢化社会を維持していくのは不可能であろうと思うのです。
都市化から外れた地域においては、自然を満喫できる代わりに、行政機能の低下や、インフラ整備の不備等の過疎化の進行を受け入れざるを得ないでしょう。
都市への人口の流入はさらに促進され、結局は不要な土地余りが進む結果となることは間違いありません。
後はその不要な土地をいかに集約させ、有効利用するかが国に問われていることなのでしょうね。

DATE: CATEGORY:ダイエット
今日でダイエットスタートしてから70週間たちました。

ダイエット方法は、ただ単にこのブログに毎週土曜日夜に測定した体重を書き込むだけのゆるゆるダイエット。公開することでダイエットの意識付けを図り、自然と食事の量も減り、多少は歩くようになるのではと期待しています。

現在続けているダイエットは、
①朝晩の白米の量をお茶碗の1/5ほど減らしています。 
ご飯は100gあたりのカロリーが約170kcalなのでお茶碗一杯は大きさにもよりますが
通常120g~150gあるので200kcal~250kcal位になるそうです。
ということは1日に80~100Kcal減る計算です。
お茶碗1/5位なら苦労なく減らせます。
②61週前から始めた筋トレ、名付けて「川島メソッド」を仕事の合間に20回を2~3セット今も続けています。
「川島メソッド」とは、上腕・胸筋・腹筋を同時に鍛えるというオリジナルの筋トレです。
会社内の椅子(肘掛付き)に深く腰掛け、両側の肘掛部分を掌で持ち、上腕だけで体を宙に浮かせます。そこから上下に動かすこと20回。しかも体が宙に浮いたら、足を前に突出したまま上下動します。
体操競技の吊り輪の「十字懸垂」のまま足を前に突き出す状態。
これは効きますよ。これだけで鍛えたいところはすべてOK。

さて先週は67.3Kgでしたが、今週はなんとか66Kg台まで戻したいものですが・・・

今週の体重は・・・

体重66.8Kg  先週67.3Kg 開始時70Kg
体脂肪17.7% 先週18.0% 開始時19.3%

またまた66Kg台に戻ってきました~~。
このまま68Kg台になってしまうかもしれないと思いながらもあまり危機感のない1週間でした。
先週末はいわゆるデブの旅に出かけたことから68Kg台を覚悟していたのですが、たまたま体調が悪く、あまり食の進まない旅でした。食べまくりデブの旅に行きながらも、食べれない状態でただ単にデブになって帰ってきたら目も当てれません。まあ結果オーライと言うことで・・・
 
でも最近は行ったり来たりでなかなか思うように減りません。いわゆる停滞期。
ず~と66Kg台~67Kg台をウロウロしているだけ。
この辺が一番体に優しい体重ということですかね・・・

何とか65Kgにしたいのだけれど・・・

ゆるゆるあせらず続けていきますか~~
DATE: CATEGORY:日々のつぶやき
どうも最近事務所のパソコンの調子が悪いのです。
ネットワークで繋がったすべてのパソコンに何かの拍子にエラーメッセージが・・・
そのたびに立ち上げ直すのですが、またしばらくすると同じメッセージが・・・
これは堪らないということで、業者に見てもらうと、サーバーのマザーボードが原因らしいことがわかりました。

修理は後日にしましょう、との提案を素直に受け入れ、業者に一つだけお願いをしました。
「2台ほどパソコンの動きが遅いので最新のパソコンに入れ替えたいけど、自分でパソコンは準備するから修理の時についでに入れ替え作業もお願いしていい?」と聞いたら「いいですけど、WINDOWSの8は買わないでください。仕事で使うアプリケーションソフトはほとんどがWINDOWS8には対応しませんから」との回答。

動作の早い最新式のパソコンに替えようと思ってお願いしたのに、敢えて古い機種のパソコンを探してこいとは・・・とほほ

パソコンも私もニューバージョンになることは出来ないようで・・・
DATE: CATEGORY:日々のつぶやき
またまたやってくれました!金融機関の中で先進的な商品を開発する大垣共立銀行が、スマホで通帳を確認できるアプリが利用できるようになりました。これでまた便利になります。

***中日新聞6/14より転載***

通帳管理はスマホで
大垣共立銀が専用アプリ
 大垣共立銀行(岐阜県大垣市)は、スマートフォン(多機能携帯電話)の画面に通帳を再現するサービスを20日から始める。専用アプリをダウンロードすると、永久保存した明細を閲覧できる仕組みで、全国の金融機関で初めて。
 自宅のパソコンなどからインターネットを使って取引ができる同行のネットバンキング利用者が対象。
 これまでは過去1年分の入出金明細しか見ることができなかった。スマホでは紙の通帳と同様に記帳していく方式を採用して、最大5口座の残金や入出金明細を記録する。
 スマホで撮影した画像を通帳の表紙に設定できるほか、入出金明細にメモ書きや画像を添付できる機能も付けた。担当者は「オリジナルのスマホ通帳として、いつでもどこでも使ってほしい」と話している。

***転載終了***

私たちの仕事はどうしても通帳を確認しなければいけません。その時に記帳されていないお客様は意外と多いのです。しかも何カ月も通帳記帳を行わないものだから、一括記帳されてしまい、全く取引内容がわからなくなってしまう方もたまにあるのです。
そんな時にこんなアプリが利用できると私としては助かりますね~。
大垣共立銀行の先進的取組は大したもんです。
DATE: CATEGORY:日々のつぶやき
面白いアイデア、これなら若者も女性も政治参加するかも。。。

***Hayato Ikeda氏のブログより抜粋***

政治の季節になりつつありますが、若者がもっと政治家になるべきだと考えています。

区議会議員は年収1,000万円

品川区議会議員の須貝ゆきひろ氏が、政治家の年収を公開しています。

ヒラの都議会議員 年収は約1810万円 政務調査費は720万円 議員年金補助として約74万円を加えると、一人の都議会議員に毎年約2600万円かかります。この他に、海外視察費として一人あたり約150万円 予算化されています。

ヒラの区議会議員 年収は約1040万円 政務調査費は228万円  一人の区議会議員に毎年約1230万円かかります。この他に、海外調査費として、一人あたり約70万円が予算化されています。(議員年金は廃止になりました。)

うーん、都議会議員ってそんなに報酬もらってるんですね…いまいち何をやっているのかわかりませんが…。

地方議会議員選挙での倍率は1.2倍!

全国の地方議会議員選挙での倍率は、なんと1.2倍程度。実に80%を超える当選確率となっている。一般企業に就職しようと思えば、当然ながら何倍もの倍率を勝ち抜かなければならない。公務員になるの一般企業同様で、2011年度の東京23区事務職I類採用倍率は8.1倍であった。

議員に“転職”という選択肢:地方議員になろう

実に当選しやすいわけですね。とある地方議員の方からは、「若者というだけで受かるよ」なんて話も聞いたことがあります。

なお、年収については地方議員はバラ付きが多いようです。生活する上では十分すぎるほどの報酬とみてよいでしょう。

では、気になる収入はいくらかというと、平均月額報酬は30万4818円。年齢や当選回数は関係なく一律で、これに、 期末手当(一般サラリーマンのボーナスにあたる)が加わる。

ただし、地方自治体により差も大きく、(中略)これを高いとみるか、低いとみるかは、分かれるところ。
(中略)
というわけで、今仕事に困っている人は、いっそ地方議員になってしまう、なんてアプローチはありなんじゃないかと思います。

そういうことをいうと「政治が堕落する!」なんて批判が来そうですが、第一に、これは公開されている情報なので、本当にそこに金塊があるのなら、結局職にあぶれた若者が殺到することになるでしょう。政治の堕落を嘆く人は、どのような「制度設計」にすれば、志の高い若き政治家たちがフィルタリングされるかを、ぜひ考えてみてください。

ぼくは今の世代間格差(若者の声が反映されていない)は大きな問題だと思っているので、なし崩し的にでも、若者がとりあえず政治の現場に入ることが大切だと考えます。そうなれば、若者世代の政治参加は否が応でも活発化するでしょう。

幸い政治家には「任期」という仕組みもあるわけですし、明らかに価値を生み出していない人材は、在職しつづけることはできないはずです。

年を取れば取るほど年収下げればいいんじゃね?

ここからは妄想ですが、若者の政治参加を盛上げるために、政治家の給料を「逆・年功序列」にしてしまうのは面白いと思います。

20〜30代は年収1,000万、40代は800万、50代は600万、60代は400万、70代は法に則った最低賃金、とか。先行き不透明で、貧困に苦しむ若年層の気分も少しはわかるのではないでしょうか。

他には「女性の政治家、幼い子どもを育てている・介護をしている・障害を持っている政治家にはボーナスを与える」なんて制度設計も面白そうです。定員を設けてもいいです。政治の現場は急速に多様化していくでしょう。
(後略)

***抜粋終了***

先日PTAの女性から聞いた話。
「豊明市の市会議員は900票で当選できるうえに、年収900万ももらえるの。専業主婦の人が立候補するにはぴったり。当選したら今の不満を解消できるような政策を思い切って出来るでしょう。だって落選したら今まで通り専業主婦に戻ればいいだけだから。」

まあ動機はさておき、たった900票で当選?年収900万円?、戻ってから調べてみました。
2年前の市会議員選挙を見ると24人立候補して20人が当選。当選確率83%。最低得票数が834票。年収はもう少し下のレベルのようですが、あながちウソではない様子。
834票ならバックに支援団体が付けばすぐにでも当選しそう。
政治の素人化はいかがなものかとは思いますが、政治の職業化の方が根が深い気がします。
また市政に価値を生まない議員が落選するシステムが機能すれば、熱い情熱を任期の期間ぶつける素人の方が今よりましな気もしますね。落選を恐れる職業化が政治のシステムをゆがめているのですからね。
それには落選を恐れない専業主婦の議員はありかも・・・






DATE: CATEGORY:日々のつぶやき
お題の「総選挙」はもちろん政治のことではなく、先日の土曜日に行われたAKB48の総選挙のことです。
たまたま当日は地元消防団の総会&懇親会、そんな酒の席でのお話です。
消防団の高齢化は凄まじいものがあり、私でさえ若手。中心団員は60代と言ったところでしょう。
天災・火事などの緊急時には真っ先に助けてもらわなければいけない人もちらほら・・・苦笑
そんな高齢者軍団の当日の話題が「総選挙」。
AKBとはかけ離れた年代でありながらほぼ全員が今回の「総選挙」を知っているという事実には驚愕です。

***ヤフーニュース6/11より抜粋***

先日、AKB48第5回選抜総選挙が行われ、大きな話題となりました。

言うまでもなくAKB48にまつわるいろいろは、もはや国民的関心事。天気(「梅雨なのに雨降りませんね~」)やサッカー日本代表(「本田って、ほんとメンタル強いですよね!」)などと同じく、世間話における定番トピックとなっています。

会社の昼休みに気の置けない仲間と、あるいは、合コンや飲み会であいさつがわりに。

「そういえば、ニュースで見たんだけど」ぐらいのノリでAKB48の話題になったこと、自然発生的に「で、AKB48の中だったら誰がいい?」的に盛り上がったこと、みなさんも経験あるのではないでしょうか?

さてそんな時、みなさんならどう答えますか?

もちろん、特定のメンバーを応援している人は熱烈にその子の魅力を語るかもしれません。逆に、まったく知らなければ「誰が誰か分からないんですよね、はは」と話を終えてしまうかも。

ですが「CMやグラビアで見てるから知ってはいるし、何人かの顔と名前は一致するけど、それほど熱心なファンなわけではない」という多くのオトナ男性にとって、これは意外と悩ましい問題です。

生半可な知識で「●●とか○○とか、いいよね」と勝負をかけてみても、相手がそのメンバーを知らず「はぁ、そうなんですか」と空振りに終わる(か、逆に相手が詳しすぎて、否定されてしまう)。

あるいはちょっと可愛いなと思う子の名前を挙げてみたら、女性たちから「えー、ああいう子がタイプなんですか!?」「子どもにしか見えないだけど!!」などと過剰反応されてしまうのも、面白くない。

かといって、スキャンダルで名を馳せたメンバーの話に振ってしまうのも、どこか殺伐としてしまいます(「あそこまでしなくても」「あの子は実は」)。

そう考えると「AKB48の中で誰がいい?」は、一見無邪気なようでいて実は地雷の多いテーマ。俗に「政治と宗教の話はパーティではタブー」などと言いますが、それに近いものがあるかもしれません。

なんとか無難に切り抜けたい。場の空気を壊さずに会話を続けたい。いったいどうすれば・・・。

そんなとき、「篠田麻里子」こそ、完璧な回答だったわけです。

年齢も若すぎず(27歳)、グループでは珍しい「お姉さんキャラ」なのでオトナ受けはばっちり。さらには、すらっとしたモデル体型でファッション誌でも活躍するなど、女性ウケもOK。知名度が高くてクリーンなイメージは、文句なしの100点回答だったのです。

実際、ふわっとした世間話の場面では、尋ねたほうも濃い答えを期待しているわけではないので、「篠田麻里子」であれば安心して受け止めることができます。
(中略)

それなのに、です。

その篠田麻里子が、先日の総選挙の際、来月の福岡ドーム公演をもってAKB48を卒業することを発表しました。
(中略)
「それほど詳しくはないけれど、一応、素養として知ってはいる」多くのオトナたちが、今後AKB48の話題になったときに「えーっと、篠田麻里子…は、卒業しちゃったんだっけ」と困るシーンは増えそうです。

「マリコ様」の偉大さを、人々がほんとうに実感するのは、まだこれからかもしれません。

***抜粋終了***

消防団員の年齢層が高いだけに今回の「総選挙」を嘆く御仁がほとんど。
「こんなことに浮かれている国民はバカだ」「若者も政治にこれくらいの熱意を持って欲しいね」など等否定的な意見がほとんど。
そんな否定しながらも誰が1位になるかは興味がある様子。
さすがにメンバーのフルネームを知っている消防団員は少なかったけれど、その中でも断トツが「大島優子」。
あのエクボが高齢者集団の心を揺さぶるらしい。ちなみに「篠田麻里子」の名前を挙げる人はいませんでした。
これからは「大島優子」がオトナの回答になるのでしょうね。私も「推しメン」です(笑)
DATE: CATEGORY:日々のつぶやき
今朝の中日新聞を見ていたら驚きの見出しが・・・
「ショーワ 春日井の工場閉鎖へ」
一般の人にはあまり馴染みがないバイク等のショックアブソーバーを製作する会社ですが、私にとっては大切な思い出のある会社なのです。

今から27年前商社の営業マン1年目だった私が、自社商品をアプローチから納品立会いまで一人で完遂した初めてのお客様だからです。
先方から自社商品の問い合わせをいただいたときは、今までお取引のない企業だったことや、あまり大きな商売にはなりそうもないことから、あまり活躍の場のない私に行くよう上司から言われたのです。

商談を進めるうちに、何やら新人の私には随分と荷の重い話に進展し、上司の力を借りながら初めての大型案件をまとめ上げた先がショーワの春日井工場なのです。
受注のお礼に初めて自らがセッティングしての夜の接待もしました。その時に初めてカサゴのから揚げを食べました。
この時にお世話になった岡田係長はそろそろ定年を迎えるころでしょう。お元気でしょうか?

初めての経験を積み上げて今があることを改めて実感した記事でした。
朝からちょっとおセンチ・・・
DATE: CATEGORY:日々のつぶやき
先日の飲み会の席での下衆な噂話。

会社経営者A「みんな知ってる?大リーガーのイチローはアスベルガ―症候群なんだって。だから同じことを毎回、毎日やるらしいよ。」
会社経営者B「そうか。だからイチローは毎回打席に入ってから同じ仕種をするんだ。バットを持った右手をピッチャーに向け、左手でユニフォームの肩口を直してから構えたり、グランドに入るときには必ず同じ足から入ったり、いろんな決め事があるらしいね。」
会社経営者C「イチローは毎朝奥さんが作ったカレーを食べているらしいね。」

そんな話から、「毎日同じカレーでは飽きるから、多少の味や具材は変えているのかな~?」「奥さんは毎日同じものを作るのも大変だから作り置きしておくのかな~?」等あまり生産性のないくだらない話題が続きました。

まったく信ぴょう性もありません。
イチローの話題を振った会社経営者Aにその話は本当なのか、と確認したところ、
「いや~、昨日飲みに行ったお店の女の子から教えてもらった」なんて情報源としてはいささか??の部分が最後は露呈しました。

実は、アスベルガ―症候群のお子さんを持った知人がいます。
イチローの事実は真偽不明の噂話ですが、それでも天才イチローと同じかも・・・と思うだけでも希望の光が見えることを期待して、今度お話してみましょうか。あくまでも酒の席の与太話として・・・

DATE: CATEGORY:ダイエット
今日でダイエットスタートしてから69週間たちました。

ダイエット方法は、ただ単にこのブログに毎週土曜日夜に測定した体重を書き込むだけのゆるゆるダイエット。公開することでダイエットの意識付けを図り、自然と食事の量も減り、多少は歩くようになるのではと期待しています。

現在続けているダイエットは、
①朝晩の白米の量をお茶碗の1/5ほど減らしています。 
ご飯は100gあたりのカロリーが約170kcalなのでお茶碗一杯は大きさにもよりますが
通常120g~150gあるので200kcal~250kcal位になるそうです。
ということは1日に80~100Kcal減る計算です。
お茶碗1/5位なら苦労なく減らせます。
②60週前から始めた筋トレ、名付けて「川島メソッド」を仕事の合間に20回を2~3セット今も続けています。
「川島メソッド」とは、上腕・胸筋・腹筋を同時に鍛えるというオリジナルの筋トレです。
会社内の椅子(肘掛付き)に深く腰掛け、両側の肘掛部分を掌で持ち、上腕だけで体を宙に浮かせます。そこから上下に動かすこと20回。しかも体が宙に浮いたら、足を前に突出したまま上下動します。
体操競技の吊り輪の「十字懸垂」のまま足を前に突き出す状態。
これは効きますよ。これだけで鍛えたいところはすべてOK。

さて先週は67.1Kgでしたが、今週はなんとか66Kg台まで戻したいものですが・・・

今週の体重は・・・

体重67.3Kg  先週67.1Kg 開始時70Kg
体脂肪18.0% 先週17.8% 開始時19.3%

またまた微増ですか~~、と言ってもこの体重、実は金曜日の夜の数字なのです。
というのも今週は所用で名古屋から離れることになり、ブログも更新できそうもないので、
一旦金曜日にこのブログを時間指定によりアップすることにしています。
週末はいわゆるデブの旅(食べまくりの旅)に行ってくることから来週はさらに66Kg台から遠ざかること確実です。
今週は夜の懇親会の多かったこと、金曜日までに3回、5日で3回ですからそりゃこの体重を維持することも厳しいのは当たり前ですね。
そして週末のデブへの旅立ち。恐ろしいことになりそうです。
また1週間後にその結果はご報告します。

来週はまさかの68Kg台だったらどうしよう・・・
DATE: CATEGORY:日々のつぶやき
最近よく聞かれるのが「どうしてブログを書き続けるのですか?」という質問。
私はいつもこう答えています。
「インプットしてもすぐ忘れてしまうから、頭に留めておくために書いています。」
こう答えながらも、ちょっと違うかも・・・なんて思っていたら、オタク精神科医シロクマ氏のブログに答えを見つけました。

***シロクマ氏ブログより抜粋***

数年前、私のブログに「そうやって(ブログに)知識を全部吐き出してしまえ」とコメントした人がいた。その人にとって、ブログとは知識をアウトプットするもの・ネタを吐き出すものだったらしい。

 もし、ブログが蘊蓄自慢や知識のお披露目会みたいなものだったら、いつか知識やネタが枯渇してしまうのかもしれないし、たぶん、書いていて楽しくなくなってくるだろう。ブロガー自身がブログを楽しまなくなってくれば、ブログから「艶」もなくなり、文体に「活き」が感じられなくなるだろうから、すぐ色褪せるに違いない。

 でも実際のブログはアウトプットであると同時にインプットでもある。ブログを書くこと・ブログ記事をまとめることで、自分自身の思考が言語化されていく。いままで漫然と考えていたことを2000~4000字程度のブログ記事にまとめあげるだけでも、自分の思考内容は案外整理されて、デフラグをやっているかのようだ。ときにはブログ記事のために調べ物をして、知識不足を補う必要が生じるけれども、それもまた楽しいし、巡り巡って、それが次の好奇心を運んできてくれる。

 ときに、ブログ記事がうまくまとまりきれないまま・不明瞭なまま記事をアップロードしてしまうこともある。でも、それだってそんなに悪いことではない。2000字ぐらいのまとまったものをつくろうとすると、自分のなかで思考が整理されないままになっているモヤモヤが、案外と可視化されることがある。自分のなかのモヤモヤや不明瞭を発見できるのも、ひとつの獲得には違いなく、そういう問題は後でゆっくり消化することにすればいい。

 ブログを一度書くたび、自分の思考が2000字前後にまとめあげられ、しかも好奇心のトリガーがやって来る以上、ブログの知識やネタが枯渇するなんて、そうそうあり得るわけがない。少なくとも私の場合、200字程度にまとめた“ブログ記事のもと”は年々溜まる一方で、減る気配がまったく無い。どう考えても、ただのアウトプットではない。(後略)

***抜粋終了***

しろくま氏のように上手にブログを書き続ける効用を表現できませんでしたが、まさしくその通り。
ブログを書くことによって、思考が明瞭化し、長く記憶に留まると信じるからカキコしているのです。
と言いながらもカキコした内容まで忘れていることもしばしばですが・・・

DATE: CATEGORY:金融・経済
もう随分と富裕層の間で話題になっている「孫への教育資金の非課税贈与」。
やはり対応した金融商品が人気のようです。

***日経6/7より抜粋***

孫への教育資金贈与信託、申込額700億円突破 4月開始の大手4行、三井住友銀も13日参入

4月開始の4行では申し込みが想定を上回る(三菱UFJ信託銀行本店)
 孫への教育資金の贈与を1500万円まで非課税にする制度に対応した金融商品が人気だ。4月に始めた信託大手4行への申込額は約700億円に達した。好調さを見て、地銀や証券会社なども申し込みの受け付けを開始。(中略)高齢者層に集中する資産の移転が進めば、子育て世代の教育費負担を軽減し、消費好転につながりそうだ。

 孫に贈与する教育資金を預かる「教育資金贈与信託」を4月に始めた三井住友信託、三菱UFJ信託、みずほ信託、りそなの4行を(中略)5月30日時点の申し込み状況を集計したところ、計1万件の申し込みがあった。4行とも当初の想定を大幅に上回っているという。1件あたりの金額は600万~800万円。

 三井住友銀行も13日から専用預金を始める。孫名義の専用預金口座を設けお金を管理する。口座開設の手数料は無料で、最低預入金額は10万円。

***抜粋終了***

平成25年4月1日から平成27年12月31日までの間に、祖父母が30歳未満の孫に対して、教育資金に充てるための贈与資金1500万円までは贈与税を課さない(詳細は略)制度がスタートしています。
ただ単に祖父母から孫への贈与ではなく、信託銀行などの金融機関を経由することが条件となっていることから富裕層が専用口座を開設するのは当然でしょう。

しかしこれって世間から見れば羨ましい話で、ある意味教育格差を国が助長する税制なんですよね。
この制度を利用できる家庭は明らかに富裕層。祖父母から贈与された孫は、お金の心配などなく教育を享受できる。そんな恵まれた孫は感謝の気持ちを忘れずにいて欲しいものです。

一方我が家の長男、東京で自分の生活費を稼ぐ苦学生。
少ない仕送りでは満足な食生活も送れないようで、「ここ数か月肉を食べていない。肉を送ってほしい。」「テレビで見る貧乏レシピは意外と美味しい。」などと親を泣かせるような電話をしてくるのです。
この言葉にさすがに家内も「栄養も取れないようじゃいけないから、来月から仕送り額増やそうかしら・・・」などと長男の作戦に見事にはまっている様子。
息子も役者やの~。
DATE: CATEGORY:金融・経済
最近の荒れる株式と同じように為替相場の乱高下もなかなかのものがあります。

一瞬にして円安に向かったかと思うと、市場関係者の思惑のみで急激に円高に振れる。そんな振幅の繰り返しで一方向に収斂していく。
円安へ向かう理由は様々あれど基本は、「国力が為替水準を決定する」と信じている私からすると腑に落ちない為替の動きを訝っていたのですが、経済コラムニストの小笠原誠二氏のブログに同様の記述を見つけ、妙にうれしくなったものです。

***小笠原誠治氏ブログより抜粋***

(前略)
 最近の為替相場は、少しおかしくはないのか?

 本日、午後、安倍総理が成長戦略第3弾を発表する予定だとされていますが(中略)、その成長戦略の中身がもし失望するものであったら、株価や為替にどのような影響を与えると見られているか、ということなのですが‥

 成長戦略の中身が期待するほどでなかったならば、株は売られるであろう、と。つまり、株価は下がる。それはそうでしょう。

 では、円はどうなるのか?

  なんと、成長戦略の中身が期待するほどでない場合には、円高に振れる可能性があると言われているのです。

 いいですか、円安ではなく円高ですよ。
(中略)
  はい、そこの貴方! そう、貴方です。この説に納得がいきますか?

 成長戦略の中身が大したものでなければ、円高になり、逆に人々を納得させるものであれば、円安になる、というのです。

 私は、どう考えても納得がいきません。

 だって、もし、私が外国人だったとして、日本の将来を高く評価するなら円を保有したい気持ちになりますが、日本の将来性を悲観するなら円を保有したいとは思わないからなのです。そうでしょ?
(中略)
 では、どうしてマーケット参加者がそのような考え方をするのかと言えば‥過去の出来事が彼らの思考方法に大きな影響を及ぼしているようなのです。

 それはどのようなことかと言えば、投資の戦略を、現状がリスク・オンの状態か、リスク・オフの状態かに分けて考える、ということです。

 リスク・オンでイケイケどんどんの局面ならば、日本の潜在成長力は、世界の中で見劣りがするものでしかなく、誰も日本を見向きもしない。従って、円は、安くなることはあっても高くなることはない、と。従って、リスク・オンでは円安が起きやすい。

 一方、例えばユーロ危機が再燃するようなリスク・オフの状態では、想定的に低いと見られる日本の潜在成長力も十分ペイするものとみられ、円の価値が再認識される、と。つまり、そのような状態においては、円が高くなることはあっても円が安くなることはない、と。

 では、本日発表の成長戦略に海外の投資家が失望したらどうなるのか?

 もちろん、そのときには株価が下落する。そして、日本などの株価が下落するということは、リスク・オフの状態に再び突入することだと考えられるので、だったら円高になってしかるべきだ、と。

 どう思います?

 私に言わせたら、理屈はどうにでもつくものだな、というところです。

 だって、おかしいでしょ?

 幾らリスクオフで、円に資本を逃避させておいた方がいいかもしれないという思いがしたとしても、そのことと、成長戦略に失望するということは全く矛盾した行為になるからです。

 もし、本日午後、発表される成長戦略に対して市場が大変良い反応を示したとして、本当にその時円安が起きるのでしょうか?

 そして、仮にそうして円安が起きた場合、安倍総理は素直に喜べるのでしょうか?

 やっぱり矛盾してますよ。

***抜粋終了***

これ昨日のブログですから、5日午後の安倍総理の会見後どのように為替が動いたか・・・やはり株価大幅下落と同時に為替も円高へ大きく振れました。予想通りに動くんですね。ほんと理不尽な動きです。
納得できないから為替で損を出しているのですが・・・懲りない男です。

DATE: CATEGORY:金融・経済
いやはや安倍総理ぶち上げましたね。目標が高ければ高いほど従来通りの枠組みでは達成できません。
ゼロベースで仕組みを一から作り直す必要があるのではないでしょうか。

***読売新聞 6/5より抜粋***

所得「10年で150万円増」首相きょう表明

 安倍首相は5日に東京都内で行う講演で、自らの経済政策「アベノミクス」の成長戦略の実現により、10年後には国民総所得(GNI)が年3%を上回る伸びとなり、1人当たりのGNIを現在の水準から150万円以上増やすとの目標を掲げる。

 首相の成長戦略に関する講演は、4月と5月に続き、5日が「第3弾」で、今回が「総仕上げ」の位置付けだ。

 成長戦略の目玉政策として、「国家戦略特区」を創設し、世界中から技術、人、資金(投資)が集結した国際的なビジネス都市をつくる方針を表明する。

 国家戦略特区内では、建物の容積率、外国人医師の診療許可、インターナショナルスクールの設置要件などの規制を大胆に緩和し、「ロンドンやニューヨークといった都市に匹敵する国際的なビジネス環境をつくる」との決意を表明する。

 社会基盤(インフラ)整備の方向として、老朽化で大規模な改修が必要とされている首都高速道路の更新などのため、民間の資金や経営ノウハウを導入する「PFI」方式の推進も掲げる。(後略)

***抜粋終了***

この記事を読んで真っ先に思い出すのは、1960年の池田勇人内閣の「所得倍増計画」。
10年で当時の国民所得を倍増させる長期経済政策のことですが、高度経済成長により6年で達成されたことはあまりにも有名。
それに倣うかのごとく今回の表明。
そもそも安倍総理は、5月の「成長戦略第2弾スピーチ」でも池田内閣を引き合いに出して経済戦略について言及しているのですね。
そのスピーチでも懐かしいことが書かれています。
***官邸HPより***
池田総理が、昭和37年のヨーロッパ訪問の際に、当時のド・ゴール大統領から、「トランジスタ・ラジオのセールスマン」と評されたという伝説は、あまりにも有名であります。
***抜粋終了***
安倍総理も池田元総理よろしく今回世界各地にトップセールスをかけています。明らかに自らの実績を池田元総理の実績に重ねあわせるかの如く・・・
結果が表れることを期待したいですね。しかし「原子力発電所」のトップセールスマンと評されるかも・・・
DATE: CATEGORY:日々のつぶやき
昨日はPTA総会とそれに続くPTA歓送迎会に参加しました。
会長となっての初めての行事です。

総会は何とかそつなくこなし、待ちに待った歓送迎会。送り出す人、迎え入れる人、感謝の心と歓迎の心、様々な人間模様が垣間見れる興味深い席でもあります。

私の拙い挨拶から始まり、校長、前会長の含蓄のあるお言葉の後、一気に酒宴がヒートアップ。

私はウーロン茶での参加だったのですが、女性役員のお酒の量が半端じゃない。
昔のイメージ「いや~ん、私飲めない~」なんてしなを作る人などは皆無。
今の女性はお酒が強いんですね。あれよあれよという間にピッチャーを空け、すぐに日本酒タイムへと突入。
酒がすすむにつれ女性役員の口も回る回る。
今年入った男性役員(2年後の会長候補)などは、年上女性役員からホスト扱い。いやはや凄まじい。
しかしどっかの場末のスナック状態ではありますが、話題の中心は子どものこと、学校のこと、進学のこと等いたって真面目。酒に浸かりながらもかろうじて正常な神経は残っている模様。
楽しい一面を見せていただきましたね。

それはそうと女性が強くなっているのはお酒だけではありません。
社会への進出意欲も非常に感じました。
ある女性役員は、現在民生委員を務めており、「今後は市会議員に進出しようかな~」などと言うではありませんか。
言ってあげました。「1票入れてあげる。選挙区違うけど」
こんな強い女性が市議なら、市政も随分変わることでしょう。

ある女性役員は、「いつか商売を始めたいんだけど、そのときは相談にのってね」などど具体的プランなどを語り始めました。
言ってあげました。「相談にはのってあげるけど、顧問はしないよ。こちらにも選択の権利があるから」
こんな聡明な女性なら、商売成功間違いなしです。

ある女性役員は、「今度ファイナンシャルプランナーの資格を取ろうと思うけど、独立できるかな~」などとファイナンシャルプランナー資格保有者の私に聞いてきました。
言ってあげました。「独立できるよ。それだけでは儲からないけど」
金銭的知識を持った主婦なら、きっと家計の切り盛りに役立つことでしょう。

いやはやますます男性が家庭だけでなく、社会でも隅に追いやられていくようで・・・女性パワー恐るべし。


女性が強ければ家庭も安定するし、社会も安定する。




DATE: CATEGORY:日々のつぶやき
最近はブログとフェイスブックの連携がうまくいかないようです。
お昼頃にブログを時間指定でアップすると、フェイスブックにすぐに通知が届くように設定しているのですが、なぜかフェイスブックへの通知が機能せず、明け方に通知が届いてしまいます。
時間をかけて調べてみたいけど、なにせ時間がないのでこのまま放置。

なぜ時間がないのか?
6月最初の仕事始めの今日にPTA総会があるからなのです。
私は今年度から次男坊の高校のPTA会長を務めることになっているのですが、
う~ん、なぜにこんな仕事をしている人にとって大事な日に総会を設定するのかな~
だから役員を引き受ける人が減るんだけどな~
などと愚痴を言っても始まらないので頑張って保護者の皆様と初顔合わせ&懇親会に行きますか~

あっ!そうそう!広報に載せる原稿も今日までに出さなきゃ。
DATE: CATEGORY:ダイエット
今日でダイエットスタートしてから68週間たちました。

ダイエット方法は、ただ単にこのブログに毎週土曜日夜に測定した体重を書き込むだけのゆるゆるダイエット。公開することでダイエットの意識付けを図り、自然と食事の量も減り、多少は歩くようになるのではと期待しています。

現在続けているダイエットは、
①朝晩の白米の量をお茶碗の1/5ほど減らしています。 
ご飯は100gあたりのカロリーが約170kcalなのでお茶碗一杯は大きさにもよりますが
通常120g~150gあるので200kcal~250kcal位になるそうです。
ということは1日に80~100Kcal減る計算です。
お茶碗1/5位なら苦労なく減らせます。
②59週前から始めた筋トレ、名付けて「川島メソッド」を仕事の合間に20回を2~3セット今も続けています。
「川島メソッド」とは、上腕・胸筋・腹筋を同時に鍛えるというオリジナルの筋トレです。
会社内の椅子(肘掛付き)に深く腰掛け、両側の肘掛部分を掌で持ち、上腕だけで体を宙に浮かせます。そこから上下に動かすこと20回。しかも体が宙に浮いたら、足を前に突出したまま上下動します。
体操競技の吊り輪の「十字懸垂」のまま足を前に突き出す状態。
これは効きますよ。これだけで鍛えたいところはすべてOK。

さて先週は大リバウンドの67.5Kgでしたが、今週はなんとか66Kg台まで戻したいものですが・・・

今週の体重は・・・

体重67.1Kg  先週67.5Kg 開始時70Kg
体脂肪17.8% 先週18.4% 開始時19.3%

よかった~~、微減とはいえ増加に歯止めをかけられたみたいで・・・
先週の1Kg増にはさすがに焦りました。だからと言ってとりたてて何かやったわけではないのですが・・・
あえて言えば間食をしないようにしただけなのですが・・・
間食だけで400g減るということは、どれだけ間食していたんだ、という話ですね(笑)。

今このゆる~いダイエットブログをカキコしながら何気なくテレビを見たら、そこには57歳の郷ひろみが写真集を発売したとの映像が・・・これまた57歳の肉体とは思えない惚れぼれするような美しさ。
400g減って「よっし!」と自分自身を褒めてあげたい状態になっていた自分と体のゆるさが恥ずかしい。
まっ郷ひろみのように人様に肉体を見せる仕事じゃないからいいか。
あっそうだ!先週も行ったけど後でゴルフの打ちっ放しに行って体を動かそう!

来週こそは66Kg台に戻れるようにゆるゆると頑張ります!!
DATE: CATEGORY:金融・経済
「財務・決算情報の透明化」、これほど経営者にとって悩ましい問題はありません。
透明化することによって経営者の給与が知られてしまう、個人的な支出を明らかにしなければいけないなど経営者としての社員には知られたくない部分も公開しなければいけません。
しかし財務を透明化した時のメリットは多くあります。特に赤字会社ほど、決算情報をオープンにした上で、社長の覚悟を社員に伝え、社長と社員の間により強い一体感が築けるのではないでしょうか?

***Sankei Biz5/12より抜粋***

デフレ脱却に取り組む安倍晋三政権が3月の春闘で大企業に賃上げ要求を行ったのは記憶に新しい。だが、「アベノミクス」の2年も前から、会社の利益を内部留保に回さず、利益の半分を社員で山分けしている中小企業がある。

 大阪市中央区のイベント系人材派遣会社、アシスト・ジャパン=井上将豪社長(32)=だ。全社員にコスト意識を徹底させ、努力が成果に直結することを実感してもらっているという。

  非上場のアシスト・ジャパンは2年前から、毎月の損益計算書(P/L)を全社員に公開。社員は、自社の売上高から固定費などの費用、利益まで細かく把握できるようになった。

 井上社長は「がんばれ、がんばれと言っても、実利がなければ社員はついてこない。P/Lを開示することで、なぜがんばらなければならないかを知ってもらいたかった」と話す。

そして、最終利益の半分を半期ごとに社員全員に分配する。平成25年3月期は社員10人に計400万円程度を支給した。効果はてきめんで、節約意識が高まったほか、会議で「あの費目は何に支出したのか」などと経費の使い道や金額に質問が出るなど、利益を生み出すことに社員が敏感になったという。

 ただ、「ゆくゆくは財務基盤を安定させるため内部留保が必要になるので、分配割合を3分の1に下げる予定」(井上社長)という。

 リーマンでの会社刷新が契機

 井上社長がこうした利益の分配を始めたのは、自ら設立したアシスト・ジャパンが経営危機に直面したのがきっかけだ。17年に創業し、「もうけることだけを念頭に経営していた」(井上社長)が、20年秋のリーマン・ショックで経営環境は一変。社内はバラバラになり、(中略)社員はすべて入れ替えとなり、「若者にやりがいのある仕事を提供する」というを理念を徹底。新卒採用を開始し、家族的経営にかじを切った。
(中略)
 
 利益の分配とP/Lの全社員への公開は、顧問税理士からは「大企業ならやっているところはあるが、経営の安定にはマイナス」と反対されたという。しかし井上社長は「理由なき『がんばれ』は通用しない」として導入に踏み切った。

 この結果、社員の士気は上がり、「若者にやりがいのある仕事を提供する」という理念が成果として徐々に現れてきた。
(中略)

 今年4月には東京支社も新設し、業容拡大を図る。根拠のある『がんばれ』なら、現代の若者も実際にがんばれるのかもしれない。

***抜粋終了***

最終利益を社員に公開したうえで、利益の分配を賞与に反映させる会社は多くあります。ただ単にそれでも経営陣の給与まで公開している会社は多くありません。経営陣の給与はブラックボックスのまま公開したい、というのがほとんどです。

実は昨日もそのような相談を受けました。
「会社の厳しい現状を社員に公開して、全社員で危機感を共有したい」との相談だったのですが、ここでも問題になったのが経営者の報酬公開の件。
今回はたまたま経営者の報酬が社員を下回っていることから、逆に公開したい、との要望です。それだけに経営者の危機意識が高いのは当然ですよね。

まあ何でもかんでもをオープンにすればいい結果が生まれるわけではありませんが、危機意識を全社員が共有する一つの手段が透明化と言えるでしょうか。




copyright © 2017 男! 川島ゆるゆるブログ all rights reserved.Powered by FC2ブログ