プロフィール

hiromaru70511

Author:hiromaru70511
川島会計事務所 名古屋市千種区で会計事務所を営んでいます税理士の川島弘久です。
当事務所は、会計業務・申告業務はもちろん、経営全般・経営計画を重視する事務所です。経営者とともに売上・事業を伸ばしていくことが最大の目標です。

ブログタイトルの「男川島」は尊敬する先輩が、私が何かをするたびに「さすが!男川島」と呼んでいたことから拝借しました。

川島会計事務所HP http://www.kawashima-ao.com/


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


DATE: CATEGORY:金融・経済
数か月前に久しぶりにFXでトルコリラを購入。
3万円程度を入れておけば最低単位が購入可能。
しかもスワップ(受取利息)が毎日80円もらえる。
つまり80円×365日で29,200円/年がもらえる勘定。
1年間放っておけばほぼ倍になるってこと。
・・・のつもりで買ったのに、久しぶりにプライスボードを確認したら2万円ほど凹んでる。
おかしい。倍になるはずが・・・
トルコリラに対して円が強くなっているのね。
思い通りに為替は進まない。
何度も失敗を繰り返して学んだはずなのに・・・
スポンサーサイト
DATE: CATEGORY:金融・経済
今朝の日経。
電気自動車のテスラCEOイーロンマスク氏が先日のエイプリルフールのジョークで「テスラ倒産」とツイート。
それを受けてテスラ株が急落したとか。
この記事を見てふと思ったのがこの行為は「風説の流布」に当たらないのか、ということ。
CEOがジョークとは言え、このようなツイートをすれば株価が急落するのは当然。
そこでウィキペディアで「風説の流布」について確認すると、「価格相場の変動を目的としていない場合は風説の流布に当たらない」のだとか。
なるほど。自社の株価が急落することを欲する経営者はいないだろうから当たらないのか。
であればイーロンマスク氏が「多動力」を有している証なのか。
先日ホリエモンの著書「多動力」の中にイーロンマスク氏を紹介する部分があり、イーロンマスク氏は自分で服を着ることもできないらしい。3歳児がおもちゃやテレビに夢中になって、いつまでたっても服を着られないのと同じで、服を着ている間にやりたいこと、興味があることを思いついてしまうから、ボタンを留めることができないのだとか。
ホリエモンはそんなイーロンマスク氏を服を着られないことを馬鹿にしているのではなく、何事にも興味を失わない多動力を持った人物と評価しているのだが。
つまり服を着ている間にふと思いついたジョークをどうしてもツイートしてしまいたかったに違いない。
テスラの将来を危ぶむ声が大きくなっているようだが、むしろ3歳児の多動力を持ったイーロンマスク氏に1000点かけたい気分。
20180404_130938_resized.jpg
DATE: CATEGORY:金融・経済
ロイターによれば、「日銀が19日に発表した昨年10─12月期の資金循環統計によると、家計が保有する金融資産残高は12月末時点で1880兆円となり、前年に比べて3.9%増加した」とのこと。

ほほ~う、ということは我が家も当然その程度の金融資産が増えているはず。

私は12月末日の金融資産の一覧表を作成するので確認すると4.2%増。
ほぼ平均。
でもよく考えたら12月末は日経平均が今よりも5%以上高かったわけだからさほど驚くことでもない。
年末年初の株高を割り引けば現状維持といったところか。
それでも大きく減らしていないだけ良しとしよう。
DATE: CATEGORY:金融・経済

金一辺倒ではいけない、金と逆の動きをする貴金属をボートフォリオに入れなければいけないと急に思い立ち、プラチナを毎月少量ずつ購入するようになって何年たつのだろう。
一度もプラスに浮上することなく、常に損失を抱えているプラチナ。
右肩下がりのトレンドに変化はない。
今回のニュースはプラチナ価格にどのような影響を与えるのだろう。
初めて知った事実が・・・
燃料電池車にプラチナが使われること。
電気自動車に大きく引き離され、先行きがあまり見えない燃料電池車に。
私の損失を回避するためにも燃料電池車には頑張ってもらいたいな。
20180309_111135_resized (002)
DATE: CATEGORY:金融・経済
一宮のお客様に行くときにトイレ休憩でちょっとお借りしているパチンコホールが閉店した。
外回りをする時にはコンビニやパチンコホールでトイレ休憩することが多いのだが、
このパチンコホールが閉店すると、コンビニが近くにないだけに非常に困るのだ。
そんな時に見つけたこんな記事。

*****ビジネスジャーナル2/17より抜粋***

パチンコホールの倒産が急増している。東京商工リサーチによると、2017年のパチンコホールの倒産は29件(前年比141.6%増)で3年ぶりに前年を上回った。また、負債総額は291億9500万円(同67.6%増)で2年連続で増加し、負債100億円以上の大型倒産も4年ぶりに発生した。

 パチンコ遊技人口は1994年には約3000万人だったが、現在は約940万人と3分の1の水準にまで落ち込んでいる。
(中略)
 そんななか、追い打ちをかけるように2月からは出玉規制が開始された。
(後略)
******抜粋終了*******

何やら出玉規制で、出玉の上限を2400個から1500個に抑えるというもののようだが、
パチンコ唯一の楽しみの射幸心を奪い取ってしまう規制は、たばこのニコチンを取り去ってしまう、お酒のアルコールを取り去ってしまう、う~ん、いい表現が思いつかないが、パチンコファンにとっては相当な痛みなのでしょう。

まあこれだけ娯楽が増えた中で従来のパチンコホールが生き残っていくのはやはり難しいでしょうね。
ここでもダーウィンの名言を実感しますね。
「、生き残る種とは、最も強いものではない。最も知的なものでもない。それは、変化に最もよく適応したものである。」

copyright © 2018 男! 川島ゆるゆるブログ all rights reserved.Powered by FC2ブログ